クイズサークルの例会から帰ってきたら、ロッテ岩下投手の新型コロナ感染の報に驚愕…。

今季5勝ロッテ岩下コロナ陽性、4日朝に38・4度(日刊スポーツ)

今日は毎月恒例のクイズサークル「岩Q槻」の定例会があって車で岩槻に行ってまして、

昼飯にガッツリと「かつや」で食べてしまったんでお腹がすいておらず、晩飯を家で食べるんでいつもよりも早く19時半ぐらいに帰宅して炊飯中にお風呂に入ってる時に長湯(半身浴ついでに電子書籍を読んでます)のために持ち込んだiPadの方に、

LINEのメッセージで妻から知らさせてまさに「驚愕」でした…(;゚Д゚)

ロッテは4日、岩下大輝投手(24)と1軍チームスタッフ1名がPCR検査を受診し、ともに新型コロナウイルス陽性と診断されたと発表した。

岩下は3日夜に体調不良を感じ、体温を測ったところ37・1度。4日起床時に38・4度だったため、球団に報告。その後、千葉市内の病院でPCR検査を受診した。

先発ローテーションの一員として、今季ここまで14試合に登板。5勝7敗、防御率4・46となっている。10月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)では6回2失点で敗戦投手となった。

翌2日にチームとともに帰京し、羽田空港から車でZOZOマリンへ。試合中に車で帰宅していた。3日は自宅と球場を車で行き来し、その他の外出はなかった。

1軍チームスタッフは2日、3日とも自宅から車で球場入りし、練習後に車で帰宅。その他の外出はなかった。岩下とチームスタッフが一緒に行動する接触履歴はなかった。4日起床時に体温が38・3度だったため、球団に報告。千葉市内の病院でPCR検査を受診していた。

球団は4日、NPBに報告し、試合後に1軍首脳陣、選手、関係職員のPCR検査を行った。検査結果は5日に判明予定。管轄の保健所に行動履歴及び接触状況を報告し、濃厚接触者の特定を行っている。

しかしこれはこれは…。でもつい先週ぐらいに千葉ロッテの関係者がPCR検査したら全員陰性でした、みたいなスポーツ記事のニュースを見た記憶もあるんですけどね。ということはその後に感染・発熱しちゃったんかなあ。

スポンサーリンク

ひとまず岩下投手はじっくり治すように。話はまずそれから。

で、ロッテ球団的には「はじめての」感染者発生ということになったわけですが…それにしてもよりによって先発ローテを死守している岩下投手が罹患するとは。これが毎試合のようにスタジアムに顔を出し、ベンチやブルペンにいる中継ぎ・抑えの投手とか、おなじようにベンチ入りしてる野手陣だったらまだわからなくはないんですが(何せ週6で試合をこなしつつ遠征したりで疲労もたまってるでしょうよ…)、まさか先発ローテーションに入っている1軍のエース格の投手がかかるとは。

まあもっと調べれば他にも感染者の人はいるのかもしれませんし(チームスタッフ氏も同時に感染が発覚したそうですしね)、下手すると濃厚接触者や感染者でバリバリのスタメン級の選手がこの大事なシーズン最終盤に2-3週間ほど隔離や出勤停止みたいなことになるやもしれないしで。そして最悪の場合は、先日感染した米国のトランプ大統領夫妻のように、ホワイトハウスや大統領側近界隈が感染源、つまりは「クラスター」みたいな事も理論的にはありうるわけですし。

なので岩下投手とチームスタッフ「だけ」で感染が治まればそれはそれでまだ「不幸中の幸い」にはなるんでしょうが(ただし岩下投手が離脱してる間の代わりの投手を用意しなければならんのは言うまでもないですけどね)、果たしてそれだけで済むのか。ここは何とも言えないなあ。

でも岩下投手とチームスタッフ氏にはここはあえて「責任などを人一倍背負わずに」、徹底して治すことだけに集中してください。むしろ体力的な低下もあるんでしょうが、必要以上に誹謗中傷にさらされたりして精神的にダメージを受ける方が心配でたまりませんですわ。てか、他の選手や、我々一般人も「いつかかるかわからん」という怖い病気である反面、重症になる率は少しずつ下がってるようですし、特効薬まではまだないようですがどーにか落命するのを阻止できる程度の代替薬や生還させるためのメソッドのようなものも医療関係の方には構築されてるようですし…。

そこらへんは今後、第3波、第4波がまた来るかもしれませんし、実は今がもうその入口なのかもしれませんが、やはり慎重に自分自身の予防から考えて行動する、ここらへんが肝要なんでしょうね。

最後に。本当にお大事に。そして今後判明するだろう濃厚接触者や感染者になってしまった他の選手も本当にお大事に。以上です。