【千葉ロッテ】文春オンラインの澤村投手の記事に思わず涙してしまい…。

ロッテ・澤村拓一、初登板の舞台裏 『純朴でいい選手』原監督から井口監督に届いたメッセージ(文春オンライン)

千葉日報の「千葉魂」などでも時折コラムを載せている広報・梶原氏の記事なんですが…いやーいい記事過ぎて思わず軽くなみだしてしまった。いい記事だなあ、頑張って欲しいなあ(感涙)

幕張の澤村は衝撃的なデビューを果たした。

 ジャイアンツからトレードでマリーンズ入りした澤村拓一投手は入団会見が終わるや試合に備え練習合流。即ブルペンで待機した。そして1点リードの6回にマウンドに立った。交換トレードが発表された翌日のこと。その名がコールをされると新型コロナウィルス感染症予防の観点から観衆が5000人に制限されているとは思えないほどの歓声に包まれる。

 1球1球にどよめきが起こった。3者連続三振に仕留め澤村が吠えた。時を同じくして地鳴りのような音がZOZOマリンスタジアムを包んだ。外野で守っていたレオネス・マーティン外野手曰く「まるでプレーオフのような空間だった」。澤村がマリーンズファンのハートをガッチリと掴んだ瞬間は新たに指揮官となった井口資仁監督が用意をした輝ける舞台でもあった。

ジャイアンツ関係者から井口監督に届いた様々なメッセージ
 加入が決まった時から井口監督はこの入団即登録即登板のプランを温めていた。「6回か7回。1点差ぐらいのところでと思っていた。二軍戦の試合映像や今年の一軍の映像も見たけど、いいボールを投げていた。実力、実績もある。チームとして欲しいと思って獲った選手。あの場面で使って当然だし、本人にもそのように伝えていた」と指揮官はイメージ通りの結果。そして予想通りのスタンドの熱狂にニヤリと笑みを浮かべた。

 澤村はZOZOマリンスタジアム入りをすると最初に監督室を訪ねた。井口監督からは「チームのために、優勝のために頑張って欲しい」。力強く声をかけられた。もちろんリラックスさせるための冗談も忘れない。「同じ中央大学出身の小さな先輩(美馬学投手―身長169cm)と大きな後輩(井上晴哉内野手―体重114kg)と仲良くやってくれ」。緊張していた表情から笑みが漏れた。その時のことを指揮官は振り返る。

「凄くやる気がみなぎっている表情をしていた。やってやるぞという感じだった。めちゃくちゃ気合が入っているように感じたね」

 そんな指揮官の下には様々なジャイアンツ関係者から連絡が入った。次々に届くメッセージに「みんなに愛されていた選手だと思った。みんな『頑張って欲しい。宜しくお願いします』との事だった」。ジャイアンツの原辰徳監督からもメッセージが届いた。「純朴でいい選手。宜しくお願いします」。ジャイアンツの人たちの想いを背負い澤村を預かり、大きく活躍できる舞台を用意する気持ちを改めて強めた。

 圧巻のデビューも井口監督はまだまだこんなものではないと言う。「ストレートも、もっとよくなるはず。156キロぐらいは常時出せる。ストレートで押して押して押しまくれる投手。ここぞという場面で三振をとれる投手」と絶賛をする。

「このユニホーム、カッコイイですよね」

 ジャイアンツからマリーンズへ。背番号「15」から「57」へ。本拠地が東京ドームから風が強いZOZOマリンスタジアムとなり、新たな一歩を踏み出した。忘れられない笑顔がある。入団会見を終えた澤村は取材が終わってからも撮影用のレプリカのユニホームを脱がずに控室で待機をしていた。「もう会見も終わったから脱いでいいんだよ」と関係者から促されても決して脱ぐことはなかった。

「このユニホーム、カッコイイですよね。ボク、だから着ていたいです」。満面の笑みでそう答え、ワイシャツの上にレプリカのユニホームを羽織ったまま、移籍の事務手続きなどを行っていた。その表情はまるで少年。親から大好きなプロ野球チームのユニホームを買ってもらった野球少年そのものだった。

「とにかく優勝に貢献する投手でありたい。チームの勝利に貢献する。そして年上からだけではなく年下の選手や色々な方々から色々な事を吸収して成長したい。まだまだ成長したい」

 入団会見で貪欲な気持ちを口にした澤村。原点に戻ってマウンドに上がる。そして、ベンチには、ち密な戦略の中、熱狂の舞台を用意してくれる井口監督がいる。澤村がまた美しい新たな輝きを放つ。マウンドから生み出されるその光は、これから多くのマリーンズファンを魅了し虜にする事だろう。

あのZOZOマリンデビューの試合でがっちりとロッテファンの心を掴んでしまったのはそういう「舞台裏」があったんすねえ。何より巨人のチームメイトや首脳陣の皆さんも「澤村投手をよろしく」とフォローしてくれてるのが本当に温かい。たぶん不器用で誤解を受けやすいタイプなのかもしれないね、と。

スポンサーリンク

やはり相性とかもあるのかもなあ。

ま、うちの妻なんかはもう子供の頃からのン10年来の巨人ファンなんですが、実際に見に行った東京ドームの巨人戦で試合終盤に出てきた澤村投手の乱調で大逆転負けを喰らったという経験もありまして、むしろロッテにやってきてビシッと抑えたというニュースを見て「それを巨人でもやってくれれば」と苦笑いしてましたね。

一方で子供の頃は巨人ファン、途中からロッテファンになった私としては、巨人ファンの頃は石毛・條辺・橋本・槇原・桑田…などなどの名だたる中継ぎ・抑え投手がプレッシャーにはどうしても勝てずに打ち込まれてたのをよく見てましたし(その前だと、鹿取・角・サンチェなんて時代もありましたね)、ロッテでいえばコバマサ、薮田、内、西野、そして益田選手会長とこれまたいい時はいいけど、ダメな時はアレ…を見てきたし、特にコバマサ・内・益田で散々鍛えられてきた(?)もんで、「環境を変えて、ビシッと化けることができたらおもしろそうだなあ」なんて思って澤村投手のトレードのニュースを見てそんな感想をひとりごちしてました。

おそらく今後の長い野球人生で、澤村をしてもどーしても打ち込まれるシーンが出てくると思うんですが(今年だけでもロッテの絶対的守護神の益田選手会長もリリーフに失敗したことが2回ぐらいありましたし)、そこはいい意味で「糧」として次の登板に活かしてくれればそれでいいんじゃないかなとも考えるわけですね。それこそ去年あたりから先発から中継ぎに転向して、今年はハーマン・益田と共に勝利の方程式の一角に入って大活躍している唐川侑己だってまさか3年ぐらい前にこんな中継ぎでビシビシといいピッチングをする投手になるとは思ってもいませんでしたし…そういう意味も含めて今後の活躍を祈ってますです。それと同時に澤村投手と入れ替わりに巨人に行った香月選手の活躍も。

最後に、こればかりは仕方ないとは言え、なにとぞ怪我には気をつけてね。以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ