【千葉ロッテ】大嶺祐太投手、明日の西武戦で今季1軍初先発へ。

ロッテ・大嶺がマリンのマウンドに帰ってくる「やってきたことを全て出すだけ」(ベースボールキング)

昨年肘の手術で戦力外通告→育成契約になり、今夏に支配下登録に復帰した大嶺祐太投手が明日の西武戦の先発として1軍のマウンドに戻ってくることになったそうで…。

【千葉ロッテ】伊志嶺外野手ら8人の選手に戦力外通告を通達したそうです。

2019年10月3日

【千葉ロッテ】大嶺祐太の支配下登録復帰と三木亮の1軍復帰は嬉しいねえ…。

2020年8月23日

…結果はどうであれ、本人にとってベストを尽くしてほしいですね。勝ち負けは後からついてくると信じてね。

 ロッテの大嶺祐太が、ZOZOマリンの先発マウンドに帰ってくる。

 大嶺は06年高校生ドラフト1巡目でマリーンズに入団し、プロ2年目の08年にプロ初勝利、15年には自己最多のシーズン8勝をマークした。16年以降は先発での登板が減少し、17年は20試合に登板したが全てリリーフでの登板だった。

 昨年1月17日に『右肘内側側副靭帯再建術および鏡視下滑膜切除術』を受け、今季から育成選手となり背番号は“126”となった。今季はイースタン・リーグで8試合に登板し、4勝1敗、防御率2.84の成績を残し、再び支配下選手登録を掴んだ大嶺祐太。

 いよいよ9月1日の西武戦で、16年5月8日オリックス戦(ZOZOマリン)以来となる真っさらな先発マウンドにあがる。

 大嶺は「これまで支えてくれた全ての人への感謝の気持ちを持ってマウンドに向かいたいと思います。ここまでやってきたことを全て出すだけです」と決意を述べた。

昨季は一、二軍登板なし

 昨年は1月にトミー・ジョン手術を受け、昨季は一、二軍で1度も登板がなかった。復帰まで全治12カ月の大きな怪我。気が滅入ってしまいそうだが、前向きにリハビリに取り組んだ。

 「どんなことがあっても前向きに取り組んでいこうというのは、手術する前から思っていました。状態によっては良い日もあれば、悪い日もありました。なるべく悪くてもいいように捉えるような形でやっていこうとずっと思っていました」。

 「また、手術してから悪くなるということは絶対にないと、自分のなかで思っていました。そういう変な気持ちにはならなかったです。あとは上にあがっていくしかないという気持ちばかりを考えていました」。

 「リハビリはキツかったといえば、キツかったですけど、そんなに光が見えないというわけではなかったです。やりがいを感じながらできました。今(2019年11月)もそうなんですけど、トレーニングすることはできるので、それに関しては苦じゃないです」。

 ロッテ浦和球場でリハビリをしているときも、辛いそぶりを見せることなく、トレーニングしている姿が印象的だった。11月にロッテ浦和球場で行われた秋季練習では、ブルペンでの投げ込みの際、スピードガンを計測し、小野晋吾二軍投手コーチから「1キロずつあがっているよ」と伝えられ、険しい表情でボールを投げ込むなかで、ほんの一瞬だけニコッとした姿を今でも忘れられない。

 大嶺は「自分のボールをここ何年か投げられていなかったので、それさえ投げられれば、どうにかなるんじゃないかなと思っています」と昨年11月に話していたが、支配下選手復帰を果たした現在は「ストレートがいい状態でスピードが戻ってきているという手ごたえがあります。ストレートで押す投球でチームの勝利に貢献できればと思っています」と手応えを掴む。

 先発での白星は16年4月2日のオリックス戦(京セラD大阪)、6回、被安打4、2失点が最後となっている。それ以来の先発での白星を目指し、背番号“64”は感謝の思いを持ってマリンのマウンドに上がる。

もともとは先発で投げていた経験もあって、今でいうとこの二木、岩下、種市あたりと競り合ってもおかしくない投手だと思ってましたし、数年前(たぶん五右衛門が入団、そしてわくわくさんがFAしてくる前でしょうね)なんかは「唐川と大嶺祐太がもうちょっと先発で勝てるようになればねえ」なんてよくぼやいてたもんでしたわ。

そんな唐川も、

ロッテ中継ぎ陣の窮地を救った唐川侑己は12球団で唯一防御率ゼロを続ける絶好調男

ヤフーにこんな記事が。まさか数年前に転向した中継ぎでこんなにいい仕事をする投手になるとは思いませんでしたわ(苦笑)。

しかしそんな大嶺祐太に与えられたチャンスがあの「5点取られたら8点取り返してくる」山賊打線の西武相手とは。

個人的にはなんで「あの」西武が先週まであんなに連敗してたのかがよくわからんぐらいでして、今は5位にいるけどたぶん何のきっかけで10連勝ぐらいして一気にのし上がってくるんでしょう?って今でもそう思ってるもんで(苦笑)。なのでまあミッション的には非常にタイトな相手をするわけですが、それはそれとしても、まず対戦相手にではなく、自分に負けないピッチング(つまりは安易に四球を出して自分で苦しくしない、など)をしてほしいな、と思いますね、はい。

で、バッテリーを組むのは誰だろう。田村かな柿沼かな。ここでルーキーの佐藤都志也と組ませて強気なリードってのも意外に悪くないかもしれないですね。失うもんはもうなにもないんだし、という気持ちでね。

スポンサーリンク

先発候補があと2-3人ぐらいいると…。

前半戦2位のロッテ、後半戦は先発の枚数が鍵 専門家が挙げる7、8番手の必要性(Full-Count)

そんな大嶺祐太が1軍マウンドに…という時にこんなナイスな記事が。

ロッテが敵地でのオリックス戦に0-5で敗れ、8月までの62試合を34勝26敗2分の2位で終えた。ここまで(30日時点)チーム防御率はリーグ5位の4.36、失点は同6位の282点。打率、得点も同4位の.244、268得点と低迷しつつも、効率良く勝ち星を重ね、貯金を積み重ねてきた。

首位ソフトバンクとは3ゲーム差。8月には一時首位にも立った。そんな前半戦の戦いぶりを、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手として活躍し、2018年までヤクルトで2年間バッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は、こう分析する。

「ロッテは打率は低いが、ここぞというチャンスで畳み掛けている。ほかのイニングは0だけど、1イニングに複数点を取って勝てている試合が多い。そういう攻め方ができている。ベンチも走者が出た時の配球の傾向をしっかり分析していると思う」

投手陣については「先発はそんなに目立った投手はいないが、26日の楽天戦で涌井に投げ勝った小島のように、ここ一番でいい投球をしている投手がいる。あとはリリーフの唐川と益田。後ろに安定した2人がいるとベンチも落ち着く。彼らにつなげば勝てるという安心感がある。そこに左がもう1枚が加わると、さらに安定感が出ると思う」と、しっかりと勝ちパターンのブルペン陣が機能していることを要因に挙げる。

では、これからロッテが後半戦でも優勝争いを続けていくために必要なことは何なのだろうか。野口氏は先発陣の充実をキーポイントとして挙げる。現在、ロッテの先発は石川、美馬、二木、小島、岩下、中村稔の6人。だが、野口氏はプラス1、2枚の先発の必要性を説く。

「これから雨天中止の試合が組み込まれ、過密日程になっていく中で連戦が続くと、今の先発陣だけでは足りない時が必ず来る。それに備え、チームとしてファームで1人、2人、谷間の試合を投げられる投手を用意しておかないといけない。候補になるのは種市、有吉ら。誰が来るのか楽しみですね」

昨年、先発ローテ入りし、8勝を挙げた成長著しい若手の種市。2018年に先発としても結果を残したプロ4年目の有吉。さらにはプロ通算28勝のベテラン大嶺も育成から再び支配下登録されており、1軍昇格のチャンスをうかがっている。

打線ではレアード、荻野、福田秀が離脱しているロッテ。若手の安田を4番に固定し将来の主砲として育てているが、野口氏は「状態のいい中村奨やマーティンら周りが安田を助けている」といい、離脱した3人の代わりにも「和田、菅野、加藤といったところが出てきて、欠けたピースが埋まりつつある」と話す。

ただ「投手はそうはいかない」とし、コロナ禍で例年以上に過密日程となる後半戦に向け7、8人目の先発の必要性を強調する野口氏。ロッテが後半戦でも先発陣が機能し、勝ち試合を作れる試合が増えていけば、リーグ優勝のチャンスも十分にありそうだ。

右肘を痛めて2軍で調整中・治療中の種市が心配なんスけど…かつて、ロッテの投手コーチだった落合英二氏が「うちは先発ローテ候補が10人ぐらいいるんだわ」と言ってたのが懐かしい。確か佐々木千隼がルーキーの頃でしたけどね、ぶっちぎりで最下位になってましたが(爆)。まあ先発投手陣に関しては、休ませつつも交互に使っていけば今年は本当に10人ぐらいでとっかえひっかえで結構いいとこまで行けそうな気がするんですけどね。もちろん、2軍で結果を残して抜擢された投手が多ければ多いほど良いんですけども。

何より今年は先日も記事で書きましたが、

【千葉ロッテ】吉井コーチのもとで中継ぎ・抑え投手の登板回数の徹底管理を…。

2020年8月30日

先発が頑張ったのに中継ぎ・抑えが試合をぶち壊しにしてしまった試合が去年・一昨年以前に比べてかなり激減している(=唐川やハーマン、益田などが登板過多にならずにしっかり仕事ができている)のが大きいんでしょうね。

で、もしかしたら複数人の2桁勝利の投手や、大嶺翔太や種市などのキャリアハイのシーズン8勝ぐらいを稼ぐ投手が何人も出てくるかもしれないですね。その分だけ勝利数が多ければ、2005年の2ケタ勝利投手6人みたいな事にもなるかもしれないしで。願わくば有吉とか大嶺祐太が、種市・二木・岩下の「わくわくさんの次のロッテのエース候補争い」に加わるぐらいのナイスピッチングをしてくれないかなーなんて期待したいと思いますです。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ