【千葉ロッテ】まさかの1イニング3ホームランが出るとは(^_^;)

ロッテ 田村だ!福田秀だ!マーティンだ!1イニング3発 大逆転勝ちで3位キープ(スポニチ)

しかし昨日は岩下が打ち込まれて1-5になった時点で「これはいかん」と思ったその裏に、ソロソロソロとは言え1イニングで3ホームランが出る凄まじい試合に。いやーなんとも不思議な気持ちになりましたな(苦笑)

◇パ・リーグ ロッテ8―6日本ハム(2020年8月13日 ZOZOマリン)

 ソロ、ソロ、ソロ、の1イニング3本塁打。試合前には夕立の後に虹が架かったZOZOマリンで、ロッテが真夏の花火大会だ。着火したのは田村。4点を追う5回無死で1号ソロを左中間へ運ぶと、1死から福田秀が続いた。右翼に2号ソロ。FA移籍後、待望の本拠地初アーチとなった。

 「今までチームに迷惑を掛けてきた。本塁打を1本打てて勝てて良かった」。新天地。開幕2戦目から右肩甲骨の亀裂骨折で約1カ月、戦線を離脱した。開幕戦では1番打者として出場し、この日も1番でマルチ安打。長かった雌伏の時を経て本来のポジションに戻り、井口監督も「(福田)秀平が1番にいないとチームとして回っていかない」と、リードオフマンとして大きな信頼を寄せている。

 さらに2死後には女優の広瀬アリス似で話題を集めるマーティンが、ここ6戦5発となる中堅への13号ソロ。1イニング3発は昨年7月25日のソフトバンク戦の4回に中村奨、レアード、井上が記録して以来だ。これで1点差とし、7回に敵失などで3点を勝ち越して大逆転勝利。チームは3位の座をキープした。

てかマーティン様の、「女優の広瀬アリス似で話題を集める」はあまり関係ないだろそこは(爆)

しかし田村がレフトスタンド、福田秀平がライトスタンド、そしてマーティン様がセンターバックスクリーンへ…と、ここまで三者三様なホームランってのもなかなか珍しい(笑)。

スポンサーリンク

そして気づけばロッテ対日ハム戦は開幕以来ずっとヌケヌケ状態に(苦笑)

【日本ハム】ドラ1・河野竜生、悪夢…ソロばかり1イニング3発被弾「悔しい」(スポーツ報知)

そして日ハムの視点からすると、1イニングで2つの致命的なエラー級のミスが痛かったねえ…。

◆パ・リーグ ロッテ8―6日本ハム(13日・ZOZOマリン)

 日本ハムは終盤に守備のミスが重なり6―8で敗れた。先発のドラ1左腕・河野竜生投手(22)は4回まで1失点と好投も、5回に3本のソロ弾を浴びる悪夢。5回6安打4失点で降板した。1点リードで救援した2番手・井口和朋投手(26)が6回に同点打を浴びると、7回は2失策が重なり3失点。リードを守り切れず、3位浮上のチャンスを逃した。

 栗山監督600勝お預け 流れが変わった。4点リードの5回。河野は3度、天を仰いだ。屈辱の1イニング3本のソロを被弾。「5回表に味方が3点を取ってくれた後、投げミスでホームラン3本打たれる形になってしまい悔しい気持ちです。点を取ってもらった後のイニングは特に、一人ひとり丁寧に集中して投げなければいけなかったと思います」。反省しか出てこなかった。

 4回までは安定飛行を続けた。今季7度目の先発。毎回走者を許しながらも、失点は2回に田村に浴びた適時打のみ。「ランナーを出しながらも、粘り強く投げられていたと思います」。試合を作れる姿を発揮していた。

 悪夢は5回だった。先頭の田村には2ストライクと追い込んでから、内角高め139キロの直球を左中間へ。1死から福田秀には高めに浮いた125キロのスライダーを右翼席に運ばれた。2死からは、108キロのカーブをマーティンにバックスクリーンへ。安田を抑え、なんとかリードを保ったまま5回を投げきった。

 「昨日(12日)、あれだけ中継ぎ陣が登板していたので、もっと長いイニングを投げなければいけませんでした。あとはチームが勝てるようにベンチで応援したいです」。反省を込め、ベンチから見守った。

 だが6回から救援した井口が、菅野に同点打を浴び試合は振り出しに。同点の7回には清宮の失策から、ピンチが拡大した。1死一、三塁から、併殺コースの三ゴロを横尾が二塁に悪送球し決勝点を献上。中島の野選も重なり、3点を勝ち越された。ミスがミスを呼ぶ悪循環。栗山監督の通算600勝がかかった一戦は、後味の悪い敗戦となった。

ま、本来はロッテの1イニング3ホームランの直前の、横尾の3ランで試合を決めたかったんでしょうけどね。

そこから逆転負けってのは日ハムにとっては後を引きずりそうな負け方だっただけに。

ちなみに少し前に、ロッテと日ハムが勝って負けての「ヌケヌケ状態(大相撲で言うとこの勝ちと負けが交互にくる状態を指します)」だったことを紹介した事がありましたが、

千葉ロッテ、なんと9戦連続で勝ち負け交互の「ヌケヌケ状態」に(苦笑)

2020年7月19日

こと、このロッテと日ハムの対戦カードだけに限定すると、

こんなにきれいにヌケヌケ状態が続いてたとは(爆)

…で、今日は五右衛門が出てくるわけですが、

日ハムはまた左腕のピッチャーが出てくるのか。ここらへんの人材の豊富さは羨ましい。そしてロッテが意外に初物に弱いってとこも日ハムはよーくわかってらっしゃる。頑張ってる五右衛門を見殺しにするなよ?(失笑)。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ