ま、井口監督のお気に入りメンバーで貯金を作り、そして今日貯金0に。

ロッテがサヨナラ負け「打線が…」貯金0に井口監督(日刊スポーツ)

で、今日は西武相手に0-2から追いつくも、最後は守護神・益田が同点のシチュエーションで9回に出てきて打たれてサヨナラ負けという結果でした。これで貯金0。そろそろお気に入りメンバーも充分だろ、井口監督よ。

<西武3-2ロッテ>◇24日◇メットライフドーム

ロッテがソフトバンクとの開幕戦以来、今季2度目のサヨナラ負けを喫し、貯金を使い果たした。

7回4安打2失点と好投した石川を援護しきれなかった。石川は初回に西武山川に2ランを被弾したが、2回以降許した安打は7回1死からの単打1本のみ。

開幕投手を務め、ここまで6試合に先発して0勝2敗。踏ん張ったが、またも白星に恵まれず「球場がミストサウナみたいな感じで暑かったです。ピッチングは立ち上がりがやっぱり良くないなって感じで、もっとしっかり投げたいと思いますね」と振り返った。

ハーマン、益田と勝ちパターンの投手をつぎ込んでの敗戦。打線は8回無死一塁で好調の3番菅野、4番安田に回したが、二直併殺と二ゴロに倒れて好機を生かせなかった。

2連敗でチームは6月20日以来の貯金ゼロに。井口監督は「投手はしっかり頑張ってくれた。石川もうまく緩急をつけて抑えてくれましたし。なかなか打線が今、得点できない。菅野と安田がいいんで、あそこ(8回)で何とか、というところでしたね」と話した。

しかし「ポイントゲッター」だった荻野貴司が怪我で登録抹消されて、福田秀平が戻ってきて1番打者に入るも4打数0安打で、当然というかやはりというかここまで3割3分の打率を誇ってた荻野貴司がひとりいなくなるとこんなにチャンスが減ってモノにならないもんなのか…と。わかっちゃいましたが愕然とする思いですわ。さらに去年は荻野貴司と共にポイントゲッターのひとりとなってた鈴木大地もよせばいいのにわざわざFA宣言させちゃって(以下略)

スポンサーリンク

全体的に覇気が感じられないのはベンチの采配のせいだろうな。

そして開幕から何度と無くいいとこで打ってた中村奨吾もさすがにお疲れか調子の波が下り坂で打てなくなり、アジャ井上は同点タイムリーを打ってくれたものの6-7番の頃のノビノビさはなく、レアード様は昨年同様夏の蒸し暑さにやられ気味で調子が上がらず…で、そろそろ例の井口監督こだわりの(?)「固定メンバー」で戦うのも貯金0になったし、いい加減そろそろいいんでは?って感じになってきましたしね。

そん中で藤岡裕大がとりあえず打率を2割台に載せた(=4打数1安打は最低でも打ってくれている)のと、菅野剛士や安田尚憲がまあまあ頑張っていて、6回は彼らのヒットのおかげでアジャがタイムリーヒットで同点になったようなものですし、ここは「活きの良い、調子好い選手を抜擢」していくのが得策なんでしょうね、本来は。どーしても不調の選手の回復待ちではいつまでたっても埒があかないし、今日の五右衛門だってあの西武の山賊打線を2失点で抑えてくれたのに勝ちがつかない(ま、負けが消えたのは本当に幸いでした)のはあまりにも気の毒で…。

個人的には戦っている選手たちへのリスペクトは欠かさないつもりでいて、よほど腑抜けたプレーでもしない限り名指しで罵倒するような真似はSNSやブログ等ではしない…つもりですが。

しかしながら「その選手を起用してる使用権者つまりは監督・そしてグラウンドに送り込んでるコーチ陣」に関してはその分、辛辣に書くのはある意味で当然で、あまりにこれが続くとさすがに、

「お気に入りのメンバーをスタメンでグラウンドに送り込んで、それでお前らの仕事は仕舞いか?」

ぐらいの事は平気で書くことも辞さないので(苦笑)

まあ今日、スタートダッシュに成功した貯金を全て崩して「0」になってここから「リスタート」の状態になるわけで、まあ井口監督以下1軍コーチ陣の腕の見せ所、そして2軍の首脳陣との連絡を密に取り合って然るべき好調そうな選手をちゃんと1-2軍間で情報を共有できてるかどーかは生暖かい目で見守っていきたいと思いますです、はい。

※で、ダメだったら「さて来年の監督、誰あたりになるんかな。もうちょっとしっかりした勝負師連れてこい」とでも(以下略)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ