【千葉ロッテ】やっぱり「ロッテキラー」浅村大先生は恐ろしい(ノД`)シクシク

ロッテ連勝8で止まる、二木が誤算「申し訳ない」(日刊スポーツ)

昨日の楽天戦の話の続きになります。楽天の2回裏7点の口火を切った先頭打者での2ベースも、4回裏の10点目になる3ランホームランも考えてみれば西武時代からロッテ戦に滅法強い浅村「大先生」でしたな…さすが大先生、怖いのは相変わらずだ(号泣)

↑パ・リーグTVでこんな大先生の特集が。怖いよー(ノД`)シクシク

<楽天15-4ロッテ>◇30日◇楽天生命パーク

ロッテの連勝は8でストップした。先発二木が誤算だった。2回、楽天打線に初球を狙われ4連打。「チームがいい流れで来ていたのに、こういう形になってしまい申し訳ないです」。1回1/3でKOされた。直後、中村稔がFA移籍でチームを去った鈴木大に3ランを浴び、序盤の7失点で流れが決まった。

オリックス6連戦に全て勝ち、今度は6連戦の怖さを知った。長いイニングを期待して送り出した先発が2回途中でKOされ、早々に救援陣が登板する展開。井口監督も「今日みたいに初球からど真ん中に放ってるようじゃ、なかなか抑えられないと思います」と手厳しい。“首位攻防”第2戦に先発する左腕小島は「カード初めの火曜、水曜に投げる投手はとても大事だと思う。最少失点で長いイニングを投げたいと思います」とコメント。流れを戻したい。

まあ昨日の二木は単調が過ぎたかな、と。それにしても早々と見切りをつけたのも今までのパターンからすると井口監督らしくない。そして鈴木大地の3ランは二木ではなく次の中村稔弥だったのは改めてデータを見て気づいたぐらいで(=鈴木大地に「恩返し弾」を食らったのは二木…ってイメージがなぜか残ってるのはなぜだろう(苦笑))。

【ロッテ】清田育宏の2号2ランで先制「ホームランになってくれてよかった」(スポーツ報知)

さすがに昨日はあれだけ点差をつけられてはもう諦めるしかなかったな。そんな中、先制弾を打ってくれた清田には感謝感謝。

◆パ・リーグ ロッテ―楽天(30日・楽天生命パーク)

 8連勝中のロッテが初回から勢いを見せた。先頭の荻野が中前二塁打を放ち出塁。続く角中が捕犠打でランナーを進めた1死三塁で「3番・指名打者」の清田育宏外野手(34)が、楽天・弓削の変化球を完璧に捉え左翼席へと運んだ。

 「打ったのはカットボールです。ランナーが三塁にいましたし外野フライ、もしくは内野ゴロでも荻野なら帰って来れると思っていました。結果的にホームランになってくれて良かったです」と笑顔。今季11年目を迎えるベテランが2号先制弾でチームを勢いづけた。

昨日は2番に入ったここまで不調だった角中が2安打を打って「お、少しずつ戻ってきた感じかな?」と思ったんですが、逆に前後の打線と繋がらず。いやー野球ってなかなか難しい(^_^;)

スポンサーリンク

余談:ウィーラー氏、早くも巨人に馴染んでたの巻(笑)

【巨人】ウィーラー、合流即スタメン ジャジャジャジャーン!!呼ばれて飛び出した移籍後初安打(スポーツ報知)

で、昨日は楽天から巨人に移籍したウィーラー選手がさっそく大活躍するわ、もうチームに馴染んでるわで。巨人はもしかしたら「救世主」を呼び込んだのかもしれん(苦笑)

◆JERAセ・リ-グ 巨人5―2DeNA(30日・東京ドーム)

 大魔王の登場だ! ウィーラーの一打に、ベンチが沸いた。1点を追う5回の2打席目。フルカウントからの7球目のチェンジアップをすくい上げた。勢いのあるライナーは三塁手のグラブをはじいて左前へ。移籍後初ヒットをマークし「ヒットがどうしても欲しかった。1本出て良かった」と喜んだ。

 6月25日に楽天からのトレードが発表され、この日チームに合流。「7番・左翼」で即スタメン起用された。助っ人にとって、初戦はお手のものだ。ヤンキースでメジャーデビューを果たした14年7月3日のツインズ戦では2安打1本塁打の華々しい活躍。楽天でも15年3月27日の日本ハム戦(札幌D)で1号ソロ。この日も“デビュー戦”での強さを見せつけた。

 アニメ「ハクション大魔王」似のチャーミングな容姿と、陽気な性格から早速ナインたちにかわいがられた。試合中も仲間の一打に大喜び。新助っ人がチームにとけ込む姿を見た原監督も「きょう初めてロッカールームで選手とも会ったんですけど、前々からジャイアンツの選手であるがごとくリラックスした形でジャイアンツのユニホームを着ていた」と目尻を下げた。

 試合に集中させたいという原監督の意向で、試合前に予定されていた入団会見は試合後に変更された。会見場に飾られたハクション大魔王のぬいぐるみに、原監督は「すごいね、これ!」と驚いたが、助っ人は「ハクションダイマオウ」と満面の笑み。写真撮影では指揮官がツボに「ハークション!」と“大魔王”を召還。ウィーラーが「うわぁ!」と、笑顔で両手を挙げて“登場”。ノリノリ会見に会場は爆笑に包まれた。短い時間だったが、助っ人の人柄がにじみ出ていた。

 「(巨人は)歴史のあるヤンキースのようなチームと思って見ていた。快く迎えてくれて親しみのあるチームメートだった。巨人軍の一員になったので、最善を尽くして優勝できるように貢献したい」。初日にバットでも存在感を見せつけたウィーラー。“呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン”と打ちまくる。

で、昨日Twitterで見かけたんですが、

↑お借りしてきました(多謝)

いやあ日本で5年もプレーしてると完全に日本での野球にも生活にも慣れてるだろうし、近年の巨人はチームの雰囲気も変わりつつある(おそらく元木ヘッドコーチと宮本投手コーチの存在も大きい)からなあ。

それにしても移籍初日に結果も残してこの馴染み方。うちの妻(大の巨人ファン)いわく「なんかクロマティを思い出すね」とのことで。これはぜひとも頑張って欲しいなあ。そして横浜の監督をやってるラミレス氏みたいに完全に日本に馴染んじゃって10年ぐらい後には楽天の監督をやってたりしてな(笑)

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ