サッカーで言うとこの「恩返し弾」を野球でも…。な?鈴木大地(苦笑)

楽天 首位攻防6連戦初戦は15点大勝!大地が古巣撃ち1号 ロッテの連勝は8でストップ(スポニチ)

で、今日から楽天6連戦なんですが…。しかしまーJリーグでは時折見られる「前所属先のチームへのゴール=恩返し弾」ならぬ「前所属先チームへの大ホームラン=恩返し弾(?)」をプロ野球で見られるとは思わなかったわ。な、大地?(苦笑)

◇パ・リーグ 楽天15―4ロッテ(2020年6月30日 楽天生命)

 首位・ロッテと2位・楽天との首位攻防6連戦初戦は、楽天の鈴木大が初の古巣戦で1号3ランを含む2安打3打点の活躍など計15安打で大量15点を挙げ大勝。ロッテの連勝を8で止めゲーム差を1に縮めた。

 先手はロッテ。初回、楽天の先発・弓削の立ち上がりを攻め、先頭の荻野がセンターへの二塁打で先制すると、続く角中が送った1死三塁で、3番の清田が左翼へ2号2ランを放ち先制した。

 だが楽天は2回に打者10人の攻撃で7点を挙げて一挙逆転に成功。まず先頭の浅村がレフトへの二塁打を放ち、続く島内が中前へタイムリー。いずれもロッテの先発・二木の初球を打ち返し1点を返した。ロメロが三塁線へ二塁打を放ち無死二、三塁とし、銀次が中前へポトリと落ちるタイムリーと、4連打で追いついた。さらに太田の遊ゴロ間に勝ち越し、辰己が中前へタイムリー。茂木が四球で出塁したところで、二木をマウンドから引きずり降ろした。続く鈴木大も代わったばかりの2番手・中村稔の初球を右中間席へ叩き込む1号3ランで、この回一挙7点を挙げた。

 ロッテは4回に井上のタイムリーで1点を返したが、その裏楽天も2四球で1死一、二塁とし、ブラッシュの左翼線へタイムリー二塁打を放ち、続く浅村が左翼席へ4号2ラン。6回にも2死から2安打と四球で満塁とし、島内の右翼線への2点タイムリー二塁打、ロメロも右翼へ3号3ランを放ち15―3と大きく突き放した。ロッテは8回にマーティンの1号ソロで1点を返したが失点が多すぎた。

 楽天先発の弓削は、6回、96球を投げ8安打3失点で今季2勝目。酒居、安楽とつないだ。

 ロッテは先発の二木は、2回に先頭打者から4連打を浴びるなど持ち前の投球ができず、1回1/3、打者10人に対し6安打6失点と誤算。中継ぎ陣も楽天打線を抑えることができなかった。

先発の二木が予想以上に早く失点を重ねてマウンドを降りることになり、中村稔弥に替わったそのしょっぱなに、

まさにサッカーでいうとこの「恩返し弾」を見事に(苦笑)

ま、千葉ロッテ同様贔屓にしているヴァンフォーレ甲府でも、甲府で得点王を取ったことがあるダヴィやハーフナー・マイクに「恩返し弾」を食らったことがありましたが(しかも両選手ともその後、甲府に戻ってきてプレーすることになるとは思わなかったんすけど(笑))、いやー、プロ野球でも「ある」んだねえ。こういう事が。

スポンサーリンク

しかし大敗して…なんてちょっとほっとしたのも事実で(^_^;)

ただ、どうもこれは負け惜しみでもなんでもなく、ここまでの8連勝が「こんなロッテ、見たことがねえ」「何がどーなっちゃったんだ」と見慣れた風景ではなく、ウカレるどころか「なんでだろう」と首を傾げるぐらいの快進撃、しかも競り合ってはいつも気づいたら結果的にはほとんど勝っていた…の繰り返しだったんで、まあこの鈴木大地の恩返し弾(?)の前の4失点、大地の3ランなどをネットで中継を見ていて「あー、なんかいつもの風景が戻ってきたわ」と、一息つけたのも事実なんすけどね。

まあ私自身の経験で言えば、高速道路の運転が今でも苦手なんですが、成り行き上、追い越し車線に入ってびゅんびゅん飛ばした後に、隣の車線に変更して時速80-90キロぐらいのゆったり運転に「戻って」一息つく感じと似てますね…、特に首都高速なんかは運転免許持って今年で25年目、ペーパードライバーを経て自家用車を持つようになって今年で7年目になるんですが未だに慣れませんもの。これが野球で言えば、ソフバン・西武・巨人、Jリーグでいえば鹿島あたりのファン・サポーターだったらまた見る目は違うんでしょうけどね。

※あ、甲府と共に浦和サポも掛け持ちしてますが、浦和に関しては結構守備でポカが多いんで近年はそこまで勝ち前提では見てないような(泣)。

で、「また浅村大先生にも打たれたよ」などの話についてはまた明日朝に記事を書く予定です。ではまた。
 

↑えらいリアルじゃないか、これ…。

↑で、楽天でも鈴木大地の出囃子、もとい登場曲はやっぱりこの曲でした。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ