【千葉ロッテ】ウグイス嬢の谷保女史の「右投右打」のデータはいらんだろw

球団職員は「好きを突き詰めた」集団 ロッテ名物ウグイス嬢が語る“球団の仕事図鑑”(The Answer)

ロッテ8連勝中(未だに信じられんが(苦笑))の真っ最中に「The Answer」さんでこんな記事が載ってました。もちろん中身も最高におもしろく興味深く読ませていただいたんですが、ウグイス嬢のプロフィールの最後に爆笑してしまい(汗)

今季ウグイス嬢歴30年を迎えた谷保さんが仕事の一端を語る

 野球ファンなら、プロ野球球団の職員になる夢を抱いた人も多いのではないだろうか。チケット販売、応援グッズ、スタジアムグルメ、スポンサー営業、広報など……スポットライトを浴びることはあまりないが、領域は手広い。今回は、ロッテの球団職員で、今季ウグイス嬢30年目を迎える谷保恵美さんに、球団職員の仕事の一端を教えてもらった。

 1990年に当時のロッテオリオンズに入団し、91年から球場アナウンスを担当する谷保さん。昨年7月には担当試合が1800試合を突破。ZOZOマリンの“名物ウグイス嬢”としてファンから愛される存在であり、現在は広報業務も務める。まずは新型コロナウイルスの影響がなかった場合の、通常のナイターゲームの業務スケジュールを語ってもらった。

 出社はお昼前。1日の仕事は球場に来る記者らに向けた資料の準備から始まる。「例えば昨日までの選手の成績や先発ピッチャーの今季の成績、達成間近な記録などをお知らせする準備をします。資料を部屋のどこかに張り付けたり、コピーを用意したりですね」。

 昼過ぎには「興行ミーティング」が毎試合ごとに開催され、飲食、物販、営業など部門の代表者が一堂に会して情報交換する。人数は20~30人ほど。ここでイベントなど、1日の流れを把握するのだという。

 ミーティング後はそれぞれの持ち場につく。谷保さんは放送室で音響、ビジョンの担当らと告知内容、CMの流れるタイミング、スケジュールなどを確認。連携して円滑に試合を進められるように打ち合わせる。一発勝負、事前準備が何より重要だ。

 試合が終われば、軽く反省会。「その日ダメだったことを『ここ失敗したね』とか、『明日ここをこうしよう』とか、放送室のなかであまり遅くならない程度に軽く話し合って、(電車に間に合うよう)『さあ~急げ!』という感じです」。

 当然、試合が延長戦になれば帰りは遅くなるし、金曜日から土曜日にかけてはナイトゲーム翌日のデーゲーム、いわゆる「ナイターデー」のケースが多い。遅くに帰宅した次の日に早く出社するなど、体力勝負な面もあるのだ。

職員は30年間で「何かに長けた人が増えた」

 1990年、当時のロッテオリオンズに谷保さんが入団してから今年で31年目。球場の放送席から眺めてきた客席のファンに関しては、層の移ろいをはっきりと感じているという。

「お客さんの感じが一番違ってきたなというのは感じますね。(1990年頃の)当時は野球好きの男性の方が多くて、お酒飲みながらヤジを飛ばして、というのが楽しみで来てるとか(笑)。野球だけを真剣にネット裏から見るとか、そういう方が多かったんですけど、今は家族で来る方、女性同士で来る方も多いじゃないですか。

 今は本当に『球場でこれを食べよう』とか、『ストレス発散で応援しよう』とか、野球以外にも楽しめることがあるし、いろんな方がいらっしゃるようになったと思いますね。うちはまだ男性ファンの比率が多い方なんですけど、球界的にみると女性も増えて。ダンスのお姉さんたちを見て、将来踊りたいと思うちびっ子たちもいますから」

 各球団、様々なファン層に楽しんでもらう施策を考える必要が生じてきた。谷保さんが入団した頃、球団職員の数は「本当に20~30人とか」だったというが、サービスの多様化に合わせて人数も次第に増えていったという。

「今は営業部門もたくさん分かれてますし、チケットを扱う皆さんとか、飲食、商品とか、本当にそれぞれのスペシャリスト、専門にしている方がどんどん球団に入ってくるようになって。それが収益を生み出しているのだと思います」

 球団には、どんな職員が多いのだろうか。

「意外と女性の方が野球が本当に好きな方が多いです。(野球部の)マネージャーをやっていましたという方とか、球団を選んで職員になったとか。基本的にはスポーツマンだったり、明るい方は多いですかね。

 あと、何かに長けた人が増えたと思いますね。商品開発できる人だとか、データ分析もそうですし、法律に詳しい方、人事で人を見て動かせる方、資料作りがすごくうまい方とか、いろんな人がいますよね」

 谷保さんが語るように、昨年、チームのデータ分析のための「チーム戦略部」が新設されるなど、スペシャリストとして活躍する職員が増えている。ファンサービスに関しても、他球団より新しいことはできないか、それぞれが日々研究に励んでいるという。新型コロナの影響で、できるサービスが限定されている今はなおさらだ。

職員志す人へのアドバイス「好きなことを突き詰めたほうがいいかも」

 華やかな舞台を支える球団職員。野球ファンなら、憧れる人も多いはず。もし、球団職員を志す人へ向けてアドバイスを送るなら――。質問に、谷保さんはこう答えてくれた。

「好きなことを、突き詰めたほうがいいかもしれないですね。それが、もしかしたら活かせるかも。いろんな職種の方がいますし、実力を使えるところはたくさん出てきていると思う。得意なこと、好きなことを突き詰めて、何か身につけたほうが活躍できる場はあるのかなという気はしますね。

 例えば、しゃべりがうまい人や、プレゼンがうまい人も必要ですし、資料も『これはこの人しかできない』という素晴らしいものを作るというのも芸。人当たりがよくて業者さんとのやり取りがうまいというのも必要ですし、新しいことをどんどん取り入れていける人も必要。何かそういうものは感じますね。球団としても魅力的になっていくのかなと」

 かく言う谷保さんも、幼少期にテレビでホームランを連発する巨人・王貞治氏に魅了され、甲子園のウグイス嬢に憧れ、“好き”を追求して現在に至る。知人からは「天職」とも言われるこの仕事に就き、初めてダイエーの監督としてマリンを訪れた王氏の姿を見た時の感動は今も忘れられない。

 無観客試合が続くプロ野球。「1人でしゃべってる感あるこの空間に、逆に責任を感じる」と語る谷保さんのウグイス嬢30年目も開幕した。球場の外にいるファンへ、少しでも楽しい野球を届けるために貢献する。球団に欠かせない、スペシャリストの1人として。

いやー、ウグイス嬢の谷保女史、もう30年も続けてるんですなー。確かに千葉マリンに行くたびにあの人の声を聞いてるような印象ですもの…というか、私がホームのロッテ戦を見に行った限りではすべての試合で声を聞いてるんだなというのにびっくりですわ。と、

同時に昔っから「ビジターの日はこの人は何の仕事をしてんだろう」というのも素朴な疑問だったもんで…あー、広報担当の方だったんすね。そりゃ納得ですわ。球団職員の方々だったらロッテ戦がビジターの試合でもマリンスタジアムや球団の仕事場での仕事もあるでしょうし。

しかし金曜日がナイター→土曜日がデーゲームって時は本当に大変そうだなあ、選手たちもだけどスタッフさんたちも。下手すると午前様で帰宅して、次の日の出勤が朝9時ぐらいってことにもなるんでしょうね。それでいて風邪ひとつひけない(場内アナウンスをするから)お仕事でしょうしねえ。これを30年も続けられてるってのは本当に頭が下がりますな。

スポンサーリンク

で、最後の谷保さんのプロフィールに思わず爆笑してしまい(汗)

そして個人的には思わず図らずとも(?)爆笑してしまったのが、文末のプロフィールのとこですた。

■谷保 恵美(たにほ・えみ)

 1966年5月11日生まれ。北海道帯広市出身。帯広三条高では野球部マネージャー。札幌大女子短大に進学後も札幌大野球部のマネージャーを務める。90年にロッテオリオンズ入社。91年から主に2軍の球場アナウンスを担当する。94年からは主に1軍本拠地を担当し、96年10月1日の近鉄25回戦以後は1試合も休むことなく連続担当を継続中。昨年7月30日のオリックス戦で担当1800試合を達成した。今季ウグイス嬢歴30年となる。右投右打。

「右投右打」のデータはいらねえだろ、ウグイス嬢さんなんだから(爆)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ