【千葉ロッテ】日刊スポーツさん、「V率100%」は気が早すぎるって(大汗)

ロッテ 7年ぶり8連勝!オリ由伸攻略で史上初同一カード6連破 レアード6戦5発でけん引(スポニチ)

昨日のオリックス戦の話の続きになります。一晩経過すると「なるほど、あの時はそういう事だったのか」という話がいろいろと出てきて非常に興味深い記事を書いてくれるんでありがたい限りですな…。

◇パ・リーグ ロッテ6―5オリックス(2020年6月28日 ZOZOマリン)

 やっぱりこの男が「勝利」を握った。2点差を追い付かれた直後、5―5の8回無死。1ボール2ストライクと追い込まれたロッテの4番・レアードのバットが、増井のスライダーを捉えた。

 「心の中でプリーズ、プリーズ、プリーズと繰り返しながら走ったよ」

 バックスクリーン左、外野フェンス最深部ぎりぎりに飛び込むリーグトップタイの決勝5号ソロ。このカード6戦5発と大暴れで、プロ野球史上初となる同一カード6連戦6連勝の最大の立役者となった。いつもより急いで握ったパフォーマンスの「エア寿司」は格別。「握ったのは中トロ。寿司大好き、中トロ大好き!」と舌も滑らかだ。井口監督も「こういう試合での一発はつくづくありがたいね」と感謝した。

 レアードは0―3で迎えた2回には、先頭打者として左前打。難敵のオリックス・山本を攻略する口火を切った。指揮官が「ダブルクリーンアップ」と表現する中村奨、井上、田村の6、7、8番は3人合計で4四球、4安打。田村は3打点を挙げた。これで3戦連続の逆転勝ち。先制されても、相手が好投手でも、今のロッテは動じない強さがある。

 13年5月9日以来となる、7年ぶりの8連勝。6月中の首位も確定した。試合前はグラウンドに水たまりができるほどの大雨が降ったが、勝利の後は明るい空も広がった。井口監督は「いいスタートが切れた」と手応えを口にし、レアードも「連勝の雰囲気は何ものにも代え難い。チームは最高の状態だ」と笑顔。快進撃はしばらく止まりそうにない。

《6連戦6連勝アラカルト》

 ☆接戦で強さ 6試合中4試合が1点差勝利。2度のサヨナラ勝ちを含め決勝点を挙げたのは全て8回以降だった。

 ☆先制攻撃も 3試合で初回に先制。試合を優位に進めた。イニング別の得点を見ても初回が最多で12点。以下8回5点、6回3点と続く。

 ☆打率低くても 打率こそ.241と高くなかったが、30四死球を選び出塁率は.355。盗塁も11度試みて10度成功、オリックスの3盗塁を上回り機動力も充実。

 ☆安定の救援陣 先発投手の防御率3.96だが、救援陣は18回2/3を4失点、防御率1.45と安定。7回以降に複数イニングで失点した試合は一度もなく5度の逆転勝ちを呼び込んだ。

いやー、本当にありがたやありがたや(ノД`)シクシク

スポンサーリンク

そして美馬投手のしぶとさにチームが救われましたな…。

【ロッテ】美馬学が本拠初白星ならずも2回以降は無失点の好投「何とか粘ることができたかな」…初回3失点も立ち直る(スポーツ報知)

いや正直、昨日の初回の3失点を食らったのを見て「あ、いつものロッテが戻ってきた」って感じだったんすけど…2回以降からの粘りが凄かったなあ(苦笑)

◆パ・リーグ ロッテ―オリックス(28日・ZOZOマリン)

 先発したロッテ・美馬学投手(33)が7回7安打3失点の好投を見せた。

 ロッテ移籍後、本拠地初登板となった美馬。立ち上がりには苦しんだ。先頭の中川に左翼線への二塁打を許すと、1死三塁から吉田正の一ゴロで先取点を献上。さらに、2死一塁からT―岡田に2ランを被弾して、いきなり3点を失った。

 だが、2回以降は立ち直った。2、3回は得点圏に走者を背負うも本塁は踏ませず。4~7回の4イニングは、出した走者が1人だけと完璧に近い投球を見せて粘った。7連勝中で好調の味方打線も逆転。7回96球を投げて、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 後続の投手が追いつかれたため、本拠地初勝利はならなかったが「(捕手の)田村が上手く切り替えてくれて何とか粘ることができたかなと思います」と振り返った。

一言で言えば「しぶとい」。なんやかんやで2回から少しずつ立て直してきて、気づけば7回まで投げてくれてたって印象でしたね。その後に2番手の小野と3番手の東條で同点に追いつかれて勝ち星が消えちゃったのは残念でしたが…レアード様の勝ち越し本塁打が出たのは確実に美馬の好投としぶとさがあったのも事実ですね。

で、このしぶとさは他の若手投手陣にも勉強してほしいなあとしみじみと思いましたな…。去年までのロッテだと先発陣がアップアップになっちゃって、6回ぐらいから投手陣をつぎ込んで疲弊する感じでもあったんで。先発投手で7回まできっちりと計算ができれば、吉井投手コーチもやりくりはものすごく助かるんでしょうね…本当にお疲れさまでした。

そして「デューク東郷」風のマーくんも最高でしたな(笑)

それと昨日のイニング間の小ネタシリーズ(?)では、あの広いZOZOマリンの中にマーくんはどこにいるでしょう?というのが行われてたんですが、

まさかの「ゴルゴ13」のパロディが(笑)。

最後は遠距離からテレビカメラが撃たれて画面がぼやーっとなるというデューク東郷先生ばりのシューティングを(^_^;)。果たして銃撃されたのはカメラマンだったのか謎の魚だったのか(意味不明)

あとこれは余談なんですが、ロッテ戦の後に「笑点」を見ていたら、「おお、さすがリモート笑点」ってハプニングが。

林家たい平師匠の映像・音声がつながらないまま2問目が終わって3問目に突入してました(笑)

そりゃ気が早すぎるって、日刊スポーツさん(大汗)

ロッテ、開幕2戦目から8連勝はパ初 V率100%(日刊スポーツ)

いやいやいやそりゃあまりに気が早えって日刊スポーツさん(苦笑)。単純にこんな変則日程、80年とちょっとのプロ野球の、そして70年のパ・リーグの歴史の中でも極めて前代未聞なだけですから(大汗)

<ロッテ6-5オリックス>◇28日◇ZOZOマリン

7年ぶりとなる怒濤(どとう)の連勝劇で、早くもV率100%? ロッテが28日、ホームのオリックス6連戦でプロ野球史上初となる同一カード6連勝を飾り、開幕2戦目から続く連勝を8まで伸ばした。下位打線を中心とした粘りの攻めで、相手先発山本を6回途中KO。同点の8回には4番ブランドン・レアード内野手(32)が決勝の5号ソロを放った。大技、小技を織り交ぜつかんだ勝利に、井口資仁監督(45)も手応えを隠さない。

   ◇  ◇  ◇

▼ロッテが開幕2試合目の20日ソフトバンク戦から8連勝。オリックス6連戦は6連勝となり、同一カード6連戦6連勝はプロ野球史上初めてだ。この日は0-3→6-5と逆転で1点差勝ち。昨年のロッテは逆転勝ちがリーグ3位の31試合、1点差試合は19勝21敗だったが、今年は8勝のうち逆転で5勝、1点差で5勝と粘り強く接戦をものにしている。また、開幕2試合目から8連勝以上は17年広島以来5度目(パは初)。過去に開幕から8連勝以上の球団は18年西武まで過去6度のうち5度優勝だが、開幕2試合目から8連勝以上の過去4度はすべて優勝している。

うーん、とりあえず笑顔で(←ここがポイントです)「黙れ、非常時である」…と、戦前、国会の壇上で野次ってきた議員諸氏を怒鳴りつけた陸軍の佐藤賢了中佐ばりに(以下略)

で、今日はお休みで、明日から敵地・仙台で楽天6連戦となります。いやーフロックなのか実力なのかここからが問題ですな…。以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ