【千葉ロッテ】まさか最後が「荻野貴司、1死満塁からサヨナラ死球」とは(爆)

井上晴哉が土壇場で同点打。最後は荻野貴司の押し出し死球で千葉ロッテがサヨナラ勝利(パ・リーグ インサイト)

千葉ロッテにとっては今季のホーム開幕戦。非常に中身が濃ゆい試合の中、最後は4-5でリードされてる中、アジャ井上の同点タイムリーと満塁から荻野貴司のサヨナラ押し出し死球で逆転勝ちするとは(苦笑)

6月23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第1回戦は、6対5で千葉ロッテが勝利。1点を追う9回裏に打線がつながり、本拠地開幕戦をサヨナラ勝利で飾った。

 千葉ロッテは初回、今季初出場となった清田育宏選手が先制の1号2ランを放つと、続く4番・レアード選手も2号ソロを放ち、3点を先取。援護を受けた先発の二木康太投手も4回まで4イニング連続3者凡退の好投で打線の援護に応える。

 しかし5回表にオリックスの4番・ジョーンズ選手に来日第1号ソロを浴びると、続く6回表には吉田正尚選手の適時打で1点を返されたところで降板。後を託された東條大樹投手も中川圭太選手に2点適時打を浴びるなど、踏ん張ることができず。3対4と試合をひっくり返された。

 6回裏に中村奨吾選手の1号ソロで同点に追い付くも、8回表にジャクソン投手が野選の間に1点を失い、再び1点差に。9回表は田中靖洋投手が危なげなく抑えると、9回裏に打線が奮起した。

 9回裏、先頭のマーティン選手が中安打で出塁、代走に岡大海選手が起用されると、盗塁と進塁打で3塁に。一打同点の場面で打席に立った井上晴哉選手が初球を打ち返すと、打球は三塁線を抜ける同点適時打に。なおも1死満塁の場面で荻野貴司選手が押し出しの死球を受け、サヨナラ。劇的な幕切れで千葉ロッテが6対5で勝利を飾った。

 勝利した千葉ロッテは、先発の二木投手が5.2回3安打1四球4失点で降板。後を受けたリリーフ陣も踏ん張れなかったが、打線が3本塁打含む7安打6得点を挙げ、見事なサヨナラ勝利を飾った。敗れたオリックスは、先発したアルバース投手が6回5安打3本塁打2四死球4失点の内容。打線はクリーンナップで5得点を挙げるなどつながりを見せたが、最終回にディクソン投手が崩れた。

  123456789  計
オ 000013010  5
ロ 300001002X 6

オ アルバース-山田修義-海田智行-●ディクソン
ロ 二木康太-東條大樹-ハーマン-ジャクソン-○田中靖洋

なお今日の先発は二木投手でした。

その二木の話はまた明日の朝に別の記事で書く予定ですが…ジョーンズに来日初アーチを喰らうまではほぼ完璧なピッチンクでして「おお、背番号18になって心機一転したんだろか」と思うような内容でした。で、結果的には二木がランナーを出して、2番手の東條が打たれていったんは逆転されちゃったんすけどね。

スポンサーリンク

意外に、あのホームランターゲットって当たらねえもんなんだな(^_^;)

【ロッテ】清田育宏とレアードの2者連続弾で3点を先制(スポーツ報知)

で、ロッテは初回に3番清田、4番レアード様のアベック弾が飛び出しました。

◆パ・リーグ ロッテ―オリックス(23日・ZOZOマリン)

 初回1死一塁。「3番・左翼」で今季初スタメンの清田育宏外野手(34)がオリックス・アルバースの変化球を捉え、左中間席へ運ぶ1号2ラン。「4戦目でやっと打席に立つことができました。ここまで裏方さんにもたくさん投げてもらいましたし、最初の打席でいいバッティングができて良かったです」と笑顔を見せた。

 直後のレアード内野手(32)も直球を豪快にはじき返し、左翼席中段へ運ぶ推定125メートル弾で3点を先制。20日のソフトバンク戦以来2試合ぶりの一発に「ホーム開幕戦の最初の打席でホームランを打つことができて良かった。幕張スシ、さいGO!(さあ、行こう、最高)」と本拠地で今季“初寿司”を握った。

しかも両者ともレフトスタンドへ…。

あれ?確か俺は少し前に、

あ゛。(^_^;)

しかし難しいもんですな。清田もレアード様もちょうどホームランターゲットとホームランターゲットの間のあたりにボールを打ち込みまして(笑)。中継見ながら「いやー、意外に難しいもんだ」とひとりごちをしてたんですが、その後、中村奨吾が6回にレフトポールぎりぎりのとこに同点ホームランを打ちましてこちらは無事に(?)クーリッシュのとこに打ち込んでまして、ファン5名と中村奨吾はひと夏分のクーリッシュをゲットと(苦笑)。

そんなこんなですわ空中戦か?と思ったんですが、最後、まさかまさかの、

押し出しのデッドボールで決着、とは予想できなかったなあ(苦笑)

ま、その前にアジャ井上の同点タイムリーも本当にお見事で、更に代走で出てきた和田康士朗がパスボールの間に1塁→3塁まで一気に進塁するなどの「あざやかな」プレーもあったんすけどね。…しかし荻野貴司、ぶつけられた背中は大丈夫かしら。こないだ、福田秀平が似たようなデッドボールで肩甲骨にヒビが入ったって件がありましたし。そこらへんは本当に大事にならんことを祈ってますです。

↑いやーロッテさん、「サヨナラ押し出し死球」賞(?)として雪見だいふくをひと夏分プレゼントしてやってください(ノД`)シクシク

以上です。

↑まさに今日の荻野貴司やん…(^_^;)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ