【千葉ロッテ】開幕戦。大接戦(?)からの延長サヨナラ負けでしたが…。

ソフトバンク栗原サヨナラ打で制す ロッテ東條1敗(日刊スポーツ)

というわけで今日はNPBの開幕戦で、敵地でソフバンとの一戦でした。五右衛門と東浜の物凄い投手戦あり、ソフバンが辛くも犠牲フライで先制した後に最終回にロッテが追いついて延長線へ…となかなか見ごたえのある引き締まった試合でした。

<ソフトバンク2-1ロッテ>◇19日◇ペイペイドーム

ソフトバンク東浜、ロッテ石川の両先発が3回まで1安打ずつの好投。ロッテは3回2死一、三塁の好機で福田秀が二盗失敗。

ソフトバンク東浜は5回2安打無失点で降板。ロッテ石川は5回1死二塁のピンチをしのぐなど、6回まで無失点投球。

ソフトバンクは8回、柳田の犠飛で1点を先制。ロッテが9回2死から中村奨の適時打で同点に追いつき、延長戦に入った。

1-1で迎えた延長10回に栗原の適時打でサヨナラ勝ちを決めた。勝ち投手はソフトバンク高橋礼、敗戦投手はロッテ東條。

ま、この日刊スポーツさんの「4-5行程度」の試合結果の記事がもっとも簡潔でわかりやすいわーという事で(笑)

スポンサーリンク

しかし王者・ソフバンは、細かいミスもしないのがやはり凄い。

ソフトバンク栗原が延長10回サヨナラ打! 開幕2番抜てきに応えた(西日本スポーツ)

で、最終局面はこんな感じでした。ソフバン目線からではありますがこれが一番わかりやすかったんで。

◆ソフトバンク2x-1ロッテ(19日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが栗原の一打で劇的勝利を飾った。

 1-0の9回2死から森が同点に追いつかれ、試合は延長に突入。今季規定で最終回となる10回、栗原が2死三塁から中前打を放った。

 初の開幕スタメンで2番に抜てきも、最初の3打席は凡退。4打席目の初安打から、5打席目の劇的一打と快音を連ねた。「初めは緊張して思うような打撃ができなかったんですけど、先輩方からいろんな言葉をかけてもらって最後は自分で何とかしてやろうとした打席でした」と振り返った。

 チームは2年連続サヨナラ白星発進。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、従来のように手荒な祝福はナシ。それでも「みんなでワーッとしたいんですけど、ハイタッチ…のようなことをできて良かった」と笑顔をはじけさせていた。

で、延長10回に登板して明石に痛打されて1人目だけでマウンドを降りることになった東條が登板93試合目でプロ初黒星、という事に。その後の楽天から移籍してきた小野は速球も走っていてなかなかいいピッチングだったんですが…2死3塁で「あとひとり抑えれば引き分けで試合終了」というとこで、栗原がタイムリーを打ってソフバンサヨナラ勝ち、という事になった次第でした。

なお五右衛門のナイスピッチングとかの話についてはまた明日朝にでも別の記事で紹介する予定なんですが…ロースコアの接戦だったとはいえ、残念ながらロッテの方に拙攻が目立ち(それは選手の交代による起用法も含めて)、対するソフバンの方はロッテに比べれば目立ったミスがない野球を徹底してたようにも思えまして。

なので極めて端的にいえば「しくじって、点を取れそうな時に取れなければ、ま、負けるわな」という極めて当然な結末って感じでしたんで…とりあえずミスった選手たちは反省会な、と。

ひとまず「反省会な」当該の選手たちは(ま、あえて名前は出しませんけども…)今日、ナイスピッチングしてた五右衛門とかハーマン、益田、更にこないだ育成→支配下登録していきなり9回に代走で「甲斐キャノン」相手に盗塁を決めた和田…とかに「開幕戦はごめんなさい」でうまいもんを奢ってあげてください。勿論新型コロナ禍が治まった後にでもね(^_^;)

以上です。

↑今年の開幕戦が「安くない授業料」だったと後で笑える日がくるといいねえ…。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ