【千葉ロッテ】福田光輝が「台風の目」になりそうで、実におもしろくなってきた。

ロッテ ドラ5福田光が初の2打席連発、チームトップの3号 開幕1軍猛アピール(スポニチ)

なんつーかこの福田光輝をドラフト指名した時に「あ、同タイプの鈴木大地はFA移籍するんだろうな」と思った人も多かったそうで…。しかしオープン戦とはいえナイスアピールで実に好いっすね、ええ(笑)

ま、試合じたいは昨日同様、惜敗だったんすけどね。オープン戦なんでまあそこは気にしない(←をい)

ロッテのドラフト5位・福田光輝内野手(22=法大)が14日、ナゴヤドームで行われた中日とのオープン戦に「1番・三塁」で起用され、初回に山本拓から左翼席へ先頭打者アーチを放った。
 「打った瞬間は捕られるかなと思った。なんとか伸びて入ってくれました」。11日の日本ハム戦でも本塁打を放っており、これでオープン戦2号となった。

 さらに3回にも先頭で打席に入り、今度は右翼席へソロアーチを運んだ。「感触がよかったので、打った瞬間にいったかなと思いました」。自身初となる2打席連発に笑顔を浮かべた。

 チームトップのオープン戦通算3本塁打。本職の遊撃に加え、三塁、二塁も守れる。実戦派ルーキーが開幕1軍を大きくアピールしている。

オープン戦という事も考えれば「データ取得や投げてる投手の経験値を積ませるために、あえて得意なコースに投げてお試しで打たせている」可能性も実は否定できないんですけども、

もし公式戦でこのバッティングができるようになれば、もしレアード様が不調になったり、中村奨吾や藤岡裕大とかが打率が著しく悪かったり、怪我とかになったしても1軍に帯同しつづけることができるんじゃないか、と思うぐらいの凄さですなー。

で、以前も福田光輝については記事を書きましたが、

【千葉ロッテ】ドラフト5位の福田光輝選手がなかなかいいんじゃないかと。

2020年2月19日

しかしこの長打力、願わくば、ここ数年ほど激しい正遊撃手争いを藤岡裕大と平沢大河にもあればと思わずひとりごちしたくなるぐらい凄いなあ、本当に。

おそらくシーズンが始まって彼は彼なりにプロの壁のようなものにぶつかる事は確実に出てくるとは思うんですが、それはそれとしても、去年まで「定位置」を確保していたレギュラー陣、そしてそのレギュラー陣と激しいポジション争い、スタメン争い、1軍枠争いをしていた選手たちもまさに「目の色を変えて」、福田光輝に負けるもんかとバッチバチの戦いが始まるんだろうな…と思うと、彼のこの好調さはありがたいなーと思いますね。それこそチームの中の「台風の目」になりそうですね。

スポンサーリンク

なんかキャッチャーの手前でボールが消えてるようなイメージが…。

ロッテ・ドラ1朗希 捕手座らせブルペン40球 変化球も解禁(スポニチ)

報道陣非公開だったとはいえ、これは思ったよりも早い展開だ(苦笑)

ロッテのドラフト1位・佐々木朗(大船渡)がナゴヤドームのブルペンで投球練習を行い、変化球を解禁した。捕手を座らせて40球を投げ、うち10球がスライダー、フォーク。報道陣に非公開で行われ、吉井投手コーチは「気分転換でね。楽しそうにやっていた。直球も徐々に良くなっている。彼の感覚だと、アマチュア時代の絶好調に比べてまだ8割ぐらい。早く100%になって、それを超えないとね」と投球の様子を明かした。

 佐々木朗はクイック投球も行うなど、ブルペンで実戦を意識している。前夜には名古屋市内のホテルで、ご当地グルメの手羽先を堪能した18歳の仕上がりについて、吉井コーチも「このままならば、今月下旬にBP(打撃投手)できそうだね」と太鼓判を押していた。

で、Twitterでもアップされてました。

いやー、なんかボールが目で追えてない(泣)。しかしこのまま成長し続けて、身体ももうちょっとがっしりとしてきたら、どんな凄い投手になるんだろうか(苦笑)

以上です。

台風についてわかっていることいないこと
筆保 弘徳 山田 広幸 宮本 佳明 伊藤 耕介 山口 宗彦 金田 幸恵
ベレ出版
売り上げランキング: 362,127

↑「台風の目」だけに(意味不明)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ