【千葉ロッテ】親会社・ロッテの創業者だった重光武雄氏が死去、と。

ロッテグループ創業者、重光武雄氏が死去 98歳 韓国出身(スポニチ)

夕方、Twitterを見てたら共同通信だったかの速報ツイートで訃報を知った。しかし戦後、わずか一代で日本および韓国を代表する企業にまでのしあがったその手腕…を、野球チームの方にもできるだけ費やして欲しかったけどな(苦笑)。長い間お疲れさまでした。

日本、韓国にまたがるロッテグループを創業したロッテホールディングス(HD)名誉会長の重光武雄(しげみつ・たけお、本名・辛格浩=シンギョクホ)氏が19日午後4時半(日本時間同)ごろ、死去した。韓国の聯合ニュースが報じた。98歳。韓国出身。

 1940年代前半、日本の植民地統治下にあった朝鮮半島から日本に渡った。第2次大戦後に東京で化粧品の製造に乗りだし、稼いだ資金でロッテを設立。ガムの販売で成功を収め、チョコレートやアイスクリームなど菓子の国内大手に育てた。プロ野球にも進出し、ロッテオリオンズと後身の千葉ロッテマリーンズのオーナーを務めた。

 日本では2009年にロッテHD社長から会長に就き、経営の一線から退いた。15年から名誉会長だった。

もともとは戦後、石鹸やポマードの製造販売を手掛ける会社から始まって、そこに進駐軍がよく噛んでいたのを見て国産のチューインガムを売るあたりからお菓子業界に乗り込んだ…という実に珍しい経緯でこの会社は立ち上がったんすね。で、国民的に知られるきっかけになったのはTBSテレビで放送されていた「ロッテ 歌のアルバム」という人気番組の一社スポンサーになったことで「お口の恋人 ロッテ」というキャッチフレーズが定着するようになった…んだそうです。で、後に母国の韓国でも財閥を築き上げるほどの立役者になったんですけどね。

スポンサーリンク

さ、千葉ロッテにとっても新しい時代のスタートですな。

個人的には…、

かの朴槿恵政権下でオーナー代行の息子ともども、脱税やら横領やらをやらかして逮捕・収監・有罪判決を受けたあたりから「マリーンズにカネをかけねえくせに母国で500億円相当も脱税かよ」と大いに呆れ返り、「やる気がないんだったらさっさとZOZOでもリクシルでもいいから身売りしろ」と言うようになった次第なんですね。

ただしこの創業家の不祥事を前後して、ロッテ球団自体が山室前社長以下社員一同が必死に施策を繰り返して観客動員も上がりましたし、一応順位も2017年6位から5位→4位と順位を上げてるの事実で。

で、ここにきてちゃんと補強もするようになりましたし、順天堂大との提携とか、他のパ・リーグ球団にはまだまだ及ばないにしても「カネを使うとこには使うようになった」というのは、明らかにそれまでは創業家のオーナーおよび息子などの「私有物・道楽」に過ぎなかったロッテ球団を、親会社のロッテホールディングスが外部の血(=創業家以外の首脳陣を増やしたという意味です)を入れて、広告手段であり、ロッテグループの一角としてロッテ球団を「しっかり使う」ようになったのは評価したいですね。これで例えばロッテホールディングス自体の株式上場とかも踏み切るかもしれませんし。

とりあえずこの50年間、オーナーおよび創業家が費やしてきた時間や労力、経費などについてはやはり感謝すると共に、「そろそろ身を引いてくれねえかな?少なくてもNPBからは」と思ってるのも事実で、

まあ立川談志師匠の「名言」を借りればこれ、でしょうな(笑)。「長かったなあ、さあこい。これからが男のスタートだ」と(爆)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ