【千葉ロッテ】ドラフト会議「神の手Tシャツ」緊急発売…仕事早いわー(爆)

ロッテ 4球団競合で佐々木当てた“神の手Tシャツ”即発売「縁起物ですので、ぜひ買って」(スポニチ)

いやー「舞台裏の動画公開」といい、こういう千葉ロッテの「仕事の速さ」は惚れ惚れしちゃいますな(苦笑)

ロッテはドラフト1位で4球団競合の末、交渉権を獲得した大船渡・佐々木関連グッズを球団最速発売する。19日から「2019ドラフト会議 井口監督GOD HAND Tシャツ」(3600円、税込み)が、マリーンズオフィシャルストアに並ぶ。

 昨年の同1位・藤原はドラフトから4日後だったが、それを上回る2日後の発売に井口監督も「なんとなく今年も出るだろうなと思っていました。縁起物ですので、ぜひ買ってください」と呼びかけていた。

ちなみに過去のシリーズとしては、

2016年(佐々木千隼の時)

2017年(安田尚憲の時)

2018年(藤原恭大の時)

↑2019年(今回の佐々木朗希を引き当てた時のバージョンが「これ」だそうです(笑))

…っかし、山室球団社長といい、井口監督といい、この「引きの良さ」の凄まじい事よ(^_^;)。そしてこの千葉ロッテ球団の「話題になりそうなもんや売れそうなもんはとことん作って売る」という「マーチャンダイジング」的な気持ちの良さはいいねえ。

スポンサーリンク

ドラフト4位の横山投手もじっくり鍛え上げて3年後ぐらいには…。

【ロッテ】ドラ4の専大松戸・横山、お手本はドラ1佐々木!?(スポーツ報知)

全く同い年の選手がいるといないとではやっぱり違うでしょうから、ノンプレッシャーでのびのびと育って欲しいっす。

ロッテのドラフト4位・横山陸人投手(18)=専大松戸=が18日、同1位の大船渡高・佐々木から成長のヒントを得る考えを示した。

 同校で永野チーフスカウト、榎担当スカウトから指名あいさつを受けた右腕は「佐々木選手は160キロを投げる。下半身の使い方がうまいので学びたい」と貪欲な姿勢で、最速163キロの“令和の怪物”に興味津々の様子だった。

 榎スカウトは「サイドからマリンで148キロを計測している。マウンド度胸もいいし、左・右関係なくインサイドも突けるし、両サイドにスライダーを投げられる。巨人にいた斎藤(雅樹)さんのような力強い腕の振りです」と特徴を説明。横山は「自分は真っすぐの球威で押すところがセールスポイント。変化球はまだまだだと思っているので、そこをもっと磨いて、先発で勝利に貢献できる投手を目指して頑張りたいと思います」と気合をみなぎらせた。

ここ数年、千葉ロッテはドラフト1位では(2016年の佐々木千隼を除いては)野手が多く、2-3位あたりで大卒・社会人経由の即戦力(主に投手、ただし藤岡裕大みたいな野手の例もある)を獲得して、特に高卒投手に関しては数年かけて鍛え上げて3-4年後には1軍で…というパターンが多いので、二木、岩下、種市みたいに焦らずにノビノビと、できれば同い年の佐々木朗希といい意味でライバルとして、そして同期として競り合って(時には励ましたり、野球を忘れて遊んだりして)、大きくなってほしいなあと思いますね。

しかし斎藤雅樹のようなサイドスローだと、先発でもいいし、益田のようなワンポイント、または球速と度胸があればセットアッパー・クローザーでも行けそうな気がする。もしかしたら何年かしたら去年のドラフト2位の東妻と競り合う関係になってるかもしれないですね。

以上です。

一段も二段も上を目指す人のマーチャンダイジングがわかる事典 上巻
服部 吉伸 形部 秀樹
株式会社NSBC (2017-12-10)
売り上げランキング: 103,150

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ