【千葉ロッテ】惜敗したが、「9回2死の土壇場」で追いついたことは評価したい。

ロッテ、土壇場で追いつく 西武、あとアウト1つから守護神・増田がつかまる(Full-Count)

西武対ロッテの4連戦の2戦目でした。最後はサヨナラ負けだったんですが…9回2死から2点差をおいついたのはびっくりでしたわ。と同時に「山賊打線に一太刀返せたかな」と。明日以降に繋がるといいんですけどね。

■西武 – ロッテ(14日・メットライフ)

 ロッテが土壇場で試合を振り出しに戻した。14日、敵地メットライフドームでの西武戦。2点ビハインドで9回を迎えたが、西武の守護神・増田からレアード、岡が連続適時打を放って同点に追いついた。

2点をリードされたまま、試合は9回に。1死からマーティンが三塁へ絶妙なセーフティーバントをきめて出塁すると、2死一塁でレアードが適時二塁打。さらに続く岡が中前打を放ち、二塁から代走の三木が一気に生還。同点に追いついた。

 西武は初回に森が22号2ランを放って先制。6回には山川が特大のソロを放ってリードを広げたが、あとアウト1つから守護神の増田が2点を失って追いつかれた。

「結果」だけ見れば「なんやってんだよー」とやじる人も出てくるかもしれませんが、

角中がせっかく1点返したのに、ちょくごに山川にホームラン打たれて意気消沈…になってもおかしくないとこで、レアード様と岡大海がよくやってくれました。

スポンサーリンク

負けた原因は岡大海のせいではない。

ロッテまさかのサヨナラ負け 長打警戒が裏目に…(日刊スポーツ)

で、メヒア対策で外野は長打警戒で後ろの方に守ってたのがこれが仇となり…。

<西武4-3ロッテ>◇14日◇メットライフドーム

ロッテはまさかのサヨナラ負けを喫した。

延長10回1死一塁、西武メヒアを打ち取った打球は中堅のやや前へ。長打警戒で定位置より後方を守っていた岡は、全力で前進し飛び込んだが捕球はかなわず。

打球が後方へ転々と転がる間に一塁走者の生還を許し「捕らないといけなかった」と肩を落とした。1点を追う9回2死二塁の土壇場で代打で出場し、初球を中前にはじき返す同点打を放つ活躍を見せていただけに、悔やまれるプレーとなった。

▽ロッテ井口監督(9回に同点に追いつくも延長の末サヨナラ負け)「よく追いついたけど、あそこで追い越さなきゃいけない」

▽ロッテ西野(6回3失点で勝ち負けつかず)「先制されてしまった事、点を取ってもらった後の失点は悪かったと思います」

▽ロッテ岩下(右足関節内反捻挫から1軍復帰。4番手で1回を三者凡退)「ファームでも中で投げていたので何とも思わず投げられた。1つも落とせる試合はない」

で、どんな感じだったのか…というと、こんな感じでした。

これは岡大海、ついてないわー。まさかそんなに「飛ばない」なんて、と。

もっともこの試合、井口監督が言う通り、「追いついた後に、すぐに逆転しなきゃダメ」の言葉通りなわけで、一応、打撃の方では意気消沈ぎみのとこに同点打を打ってくれて「希望を繋げてくれた」岡には何も言えませんわ。あれを取れるのは俊足な荻野貴司とか、昨年引退した守備の名手だった岡田幸文ぐらいだったでしょう。ライトのマーティン様が仮にセンターに入ってたとしても…いやああれは落としてたんじゃないっすかね。むしろクリーンナップや上位打線とかどうした?という感じで。

なので「サヨナラ負け」の部分はとりあえず置いといて、「あの山賊打線に同点に追いつけた。しかも9回2死の土壇場で」という自信は持ち続けてほしいですねー。そうじゃないとあっさりとズルズル4連敗しちゃいますって。

以上です。

土壇場力

土壇場力

posted with amazlet at 19.09.14
井端 弘和
竹書房
売り上げランキング: 142,675