井口監督退場処分の理由は「ハーフスイングに抗議はできない」事だったらしい。

【ロッテ】井口監督、グラシアルの死球判定巡り自身初の退場…「選手も死ぬ気。こっちも真剣勝負」勝利への執念にナインが燃えた(スポーツ報知)

昨日の話の続きになりますが、そもそもなんで主審は抗議してきた井口監督をこうもあっさりと(間髪おかずに)退場にしたんだろう…という素朴な疑問があったんですが、そういうことだったようです。

◆ソフトバンク6―11ロッテ(9日・ヤフオクドーム)

 ロッテは井口資仁監督(44)の執念が実り、11得点の大勝。先発の二木も6回2失点の好投で7勝目をマークし、今季のソフトバンク戦を17勝8敗で終えた。指揮官は「最後に二木も頑張ってくれた。打線も点を取ってくれていい形で勝てたと思う」と総括。自身は現役時代を通じて初の退場処分となった一戦でナインが結果で応えた。

 普段は紳士な指揮官の表情が見る見るうちに“鬼”と化した。5―0の4回1死一塁。二木の内角高めの投球に、グラシアルはバットを振り下しながら、のけぞるような形でよけたが、嶋田球審が死球と判定を下した。

 この判定に対して井口監督がベンチを飛び出し「スイングではないか」と身ぶり手ぶりで説明を求めたが、判定は覆らず。数十秒ほどのやり取りがなされた後に嶋田球審が「禁止行為のため井口監督を退場とします」とアナウンス。指揮官は両手を広げてベンチ裏へと下がった。

 試合後、井口監督は「スイングも含めて確認をしに行って、打者と捕手の反応を見て当たってないんじゃないかと思ってリクエストをしようと思ったらその時点で退場となった」と振り返りながら「選手も死ぬ気で頑張っている。ああいう判定で流れが変わることもある。こっちも真剣勝負。しっかり(スイングを)取ってもらいたい」と口調は熱を帯びた。

 一方の嶋田球審は「ハーフスイング(の判定)に対して、まずベンチを出てはいけない。出た時点で警告。審判に近づいたら即、退場。そのルールを適用した」と説明した。

 指揮官の退場処分を受け、ナインは奮い立った。このピンチから2点を奪われたが、すぐさま反撃した。直後の5回。監督代行を務めた鳥越ヘッドコーチは「少なからず動揺はあったと思うので。普通通りやって勝ちましょう」と円陣を組んでナインを鼓舞した。1点を追加し、なおも1死一、三塁で田村がセンターへの飛球で、三塁走者・井上が114キロの巨漢を揺らして本塁へ激走し7点目をもぎ取った。アジャは「監督がチームのために行ってくれた。そりゃあ勝たないとダメでしょう。(タッチアップの)あの場面は何点でもほしかった。絶対に勝ちたかった」と大粒の汗を拭った。

 さらに7回1死一、三塁の場面では中村奨と4番・井上が連続適時打を放ち2点を奪取。8回にも2点を追加し、白星をつかんだ。

 井口監督は「僕が抜けてチーム迷惑をかけてしまった。その辺は反省しながらやっていきたい。選手がよく頑張ってくれた。残り試合、大事な試合ばかりなので、明日からまたしっかり頑張っていきたい」と締め、球場を後にした。

結果的には鳥越ヘッドコーチの檄もあってロッテ打線が目を覚ましてくれたことと、ソフバン投手陣の「ブルペンデー」の面々が威圧されちゃって(?)ちっともコントロールがさだまってなかったのが幸いだったんすけどね。

スポンサーリンク

「ハーフスイングに抗議ができない」というルールだった、と。

このシーン、Twitterからお借りしてきたんですが(多謝)

https://twitter.com/Victory_Cyclone/status/1171065562694184960

「何がきっかけだったのか」といえば、二木が投げた球が、

グラシアルをかすめる形でやってきて、これを審判は「かすった=死球で1塁へ」と判定したんですが…、

よくよく見るとグラシアルのバットはスイングしたようにも見えて、これを井口監督が「振ってんじゃないか?」とベンチから飛び出して抗議をしたら、

主審から退場宣告を受けた…という次第でした。

そしたら、野球のルール上にこういうのがあったそうで(こちらもお借りしました(多謝))

こういうのがあって、よく試合中にハーフスイングをめぐって捕手が一塁審判か三塁審判に判断を確認することがあるんですが、「そういうこと」だったようですね。

…で、仮に井口監督がベンチから飛び出さずに、「デッドボールか否かでリクエスト」をしたとしても、井口監督が求めているは「デッドボールはしたかもしれないが、スイングしているからストライク判定なんじゃないの?」ですし、リプレイ検証(ビデオ判定)する審判団側としては「デッドボールか否か(ハーフスイングは問わない)」だけを確認するんでしょうから…まあそもそも噛み合いませんしね。ハリセンボン近藤氏風にいえば「そこじゃねえよ」っていうツッコミしか出てこない、と(爆)

かといって、「ルールに詳しい」客ばかりではないぞ?

ただ、「ルール通り」という点でそれを遵守したのはいいとしても、「プロの興行」として客に説明無しで井口監督を退場処分にしました、だけで済ませるのはいかがなものか。「そもそも規則上、ハーフスイングには抗議ができないので」とか「ベンチから出て異議を唱えることが認められてないので退場処分とします」ぐらい説明したってものの1-2分もかからんわけで。リプレイ検証の最中に散々スタジアムにそのシーンを繰り返し流してるんだから、それを見ながら「手短・簡潔に」説明する時間ぐらいあるでしょうよ。そこらへんがなんとか前時代的というかなんつーかで。てか昨日のヤフオクドーム。4万人近い満員御礼だったそうですが、あの場で即座に「ああ、そういうルールだったのね」と理解してたのははっきりいって何割したことやら。たぶん1割もいなかったと思いますけどね(後でスマホからネット等で調べてわかった、という人は多かったとは思いますけど)。

なので個人的にはNPBも責任審判にピンマイクつけて、実際に抗議・意見してきた選手や監督とどういうやりとりをしてるのか、どういう注意をしたり警告・退場宣告をしたりしてるのか…などを、ラグビーのトップリーグや大学リーグの中継みたいにその声を流して欲しいもんですな…。あ、Jリーグもそうしてほしいですね。ゴール前、ペナルティエリア前後でのファウルだファウルじゃないだ…とかのビミョーな判定とかがあまりにも多すぎるし。

そこらへんの手間を惜しんで前時代的に「俺は審判様だ、俺がルールブックだ」みたいな威厳を見せつけても…とは思いますけどね。昭和時代に名審判と言われていた二出川延明氏じゃないんだから。「気持ちが入ってないからボールだ」とか「写真が間違っとる」とかの珍言でおなじみの。でもあそこに立っている審判だって(選手たちに比べれば年俸なんか雀の涙程度でしょうけど)一応プロなんですから(苦笑)

審判は見た! (新潮新書)

審判は見た! (新潮新書)

posted with amazlet at 19.09.10
織田 淳太郎
新潮社
売り上げランキング: 985,333

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ