【千葉ロッテ】五右衛門の好投を見つつ「雨天コールドにならねえかなあ」と(苦笑)

ロッテ石川 「嫌い」雨の中でも7回零封5勝「割と投げられた」3位楽天に1差接近(スポニチ)

昨日は雨の中、五右衛門が頑張ってくれました。本当にありがたやありがたや(感涙)

雨は嫌い。でもロッテ・石川は淡々と投げ続けた。7回7安打無失点で5勝目を挙げ、「雨の時は(調子は)良くないが、割と投げられた」と納得の表情を浮かべた。
 初回2死一、二塁では渡辺をシンカーで空振り三振。6回も無死一、二塁を背負ったが近藤もシンカーで投ゴロ併殺に取ると、渡辺は142キロ直球で中飛に仕留めた。

 「足元やボールが滑るから嫌い」という雨中の登板で直球も140キロ前後と球速はなかったが、低めに集める投球で相手打線を寄せ付けなかった。

 開幕投手を務めながら不振で、一時は中継ぎ転向も経験した石川の好投で、チームは今季7度目の完封勝利。3位・楽天と1ゲーム差に詰めた井口監督は「さらに上に行くには彼の力が必要」と右腕に期待した。

今年の前半戦までの「四球などでランナーを貯めて自滅」というのがなくなり、ストライクが取れて気持ち的にのびのびと投げられるように見受けられるのがいいですね。結局、日ハムは昨日はランナーを貯めるもことごとく併殺打を食らってましたから。

↑しかし5回表にすごい雨が。中継見ながらこれが終わったら試合成立でコールドゲームにしちまえと(以下略)

スポンサーリンク

「相手を翻弄する」ピッチングがいいねえ。

ロッテ、石川でCS圏1差!復活7回0封5勝目「粘り強く投げられた」(サンスポ)

井口監督のコメントがいいなあ。

(パ・リーグ、ロッテ2-0日本ハム、21回戦、日本ハム11勝10敗、3日、ゾゾマリン)完全復活だ!! ロッテ・石川歩投手(31)が7回7安打無失点と今季一番の好投で5勝目(5敗)を挙げ、チームを勝率5割復帰に導いた。

 「調子自体は良くなかったけど、要所で粘り強く投げられた」

 前週に続く雨中のマウンド。「正直、嫌です」と言いながらも入念に足場を整え、五回から3イニング連続の併殺斬り。球速は普段より5キロほど遅く直球の大半が140キロ台前半だったが、2-0の五回1死一、二塁では大田をカットボールで二ゴロ併殺打に仕留めるなど、得意の変化球で相手を翻弄した。

 今季は「チームの中心になってほしい」と、プロ6年目で初めて開幕投手を託された。試合後には後輩投手を食事に誘い、野球に対する考え方やグラウンド外での私生活まで、求められればアドバイスを惜しまない。

 前半戦は3勝と結果が出ず、プロ入り後初めて救援への配置転換も経験した。8月13日の先発復帰後は4戦連続でクオリティースタート(6回3失点以下)を果たし、2連勝。輝きを取り戻した右腕に、井口監督は「ようやく自分のポジションに戻ってくれた」と賛辞を惜しまなかった。

 3位・楽天とは再び1ゲーム差に迫り、石川は「(残り)全部勝ちたい」と言い切った。3年ぶりのクライマックスシリーズ進出へ、31歳がチームを力強く牽引(けんいん)する。

奇しくも…と言ってはなんなんですが、五右衛門が「あれ、復活したかな?」と思った試合をちょうど生観戦してまして、

この時は先発の岩下が初回、一塁ベースで足を捻挫したか何かで緊急降板し、2回に東條、3回から五右衛門が出てきて4イニングぐらい実に「気持ちよく」投げきってたんですね。あのソフバン打線をほぼ完璧に抑えていて「いやあ、途中から来たお客さんが五右衛門が先発でここまで投げてると勘違いしそうなぐらい、いいわー、五右衛門。」と、一緒に見に行った大学時代のサークルの先輩と苦笑いする始末でして(笑)。

あそこからなんか確実に変わりましたね。それまではなんとなく早い球速で打者を抑え込もうとしてた印象があるんですが、今は球速は決して早いとは言えないが変化球やコーナーの使い方で打者を翻弄するようなピッチングに変わったような気がしますね。いやーここからあと5勝。どうにか連戦連勝で2桁勝利に手が届かないもんかと。あ、打撃陣のさらなる援護もどぞよろしく。

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門 通常版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2017-05-26)
売り上げランキング: 21,624

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ