【千葉ロッテ】昨日の先発のルーキー小島投手は決して悪くなかったのだが…。

ロッテ小島、2回8失点→6回4失点 吉井コーチは評価「期待持たせる投球」(Full-Count)

昨日はルーキー小島投手が先発で投げたんですが…いやあ打撃陣、前日の12点で疲れてしまったか?(^_^;)

オリックス戦でプロ2度目の登板「1試合1試合が自分では勉強」

■オリックス 4-2 ロッテ(4日・京セラドーム)

 ロッテのドラフト3位ルーキー・小島和哉投手が4日、敵地でのオリックス戦でプロ入り2度目の先発登板。2回8失点KOだった前回登板から改善を見せる内容だったものの、6回96球4失点で2敗目を喫した。

 プロ初登板となった4月4日の西武戦から3か月。小島が雪辱の先発マウンドに上がった。しかし初回、1番・福田にいきなり自らのグラブをはじく投手内野安打を打たれると、犠打で得点圏に進められ、3番・吉田正には外角低めのボール球を左翼前にうまくはじき返され、早くも1点を失った。しかし「『最少失点で』とは気をつけていました。あとは連打を食らわないように」と慌てることなく冷静に打者と対峙した小島は、4番・中川、5番・モヤを打ち取り、初登板のように大崩れすることなく、初回を1失点で終えた。

 続く2回には1死から7番・西村に真ん中の直球を左翼スタンドへ運ばれたものの、以降4回まで打者9人、四球の走者一人を出しただけ。試合前に語っていた「(ストライク)ゾーンで勝負する投球」でオリックス打線を封じた。「ランナーがいない時には、すごいいいテンポで投げられた」と小島自身も手応えを感じながら、試合の中盤を迎えた。

 そして味方が同点に追いついた直後の5回。初回同様、先頭打者の出塁から得点圏に走者を進められ、1番・福田との対戦。「カウントだけ悪くしたくないというのが頭にあった」と投じた初球、「ちょっと半速球みたいになってしまいましたし、曲がりも小さかった」と反省した真ん中付近へのカットボールを見事に強振されると、少し前に守っていた右翼・岡の頭上を超える適時三塁打。再び勝ち越し点を許し、3番・吉田正にもこの日2本目となる適時打を浴び、2点を失った。

得点圏に走者を背負ってからの投球に課題「もう少し入り球を厳しく行ったり…」

 続く6回は3人で片づけた小島は6回96球、6安打4失点。初登板で4つだった四球が今回は1つ。前回登板から改善を見せる投球内容でプロ2戦目のマウンドを後にしたが、試合後には「投げている感触としては全然悪くなかったのですが、得点圏にランナーを背負った際のボールが本当にもったいなかった。最低6回3失点と思っていたが、今回の内容ならばそれより少なく抑えられるはずだった。そこはもう少し無駄な失点をしないように気をつけたい」と悔やんだ。

 特に反省していたのが得点圏にランナーを背負ってからの失点だ。「取られた得点のうち3点が得点圏で抑えられなかったので、そこでもう少し入り球を厳しく行ったり。頭ではわかっていたのですが、技術的にそこが全くできなかった」。もっとも、ただ落ち込むのではなく「そこは必ず次に活かしていけたら。1試合1試合が自分では勉強なので、今日できなかったことを、次投げるときには、そこまでにしっかり修正してやっていけたらと思います」と明確な課題を見つけたその表情は、凛と引き締まったものだった。

 この後、オールスターブレークを挟むこともあり、再び1軍登録を抹消される予定の小島だが、吉井投手コーチは「今日は良かったんじゃないですか。(投球が)うまくいって、課題がいくつか出てきたんですけど、すごく今後に期待を持たせるピッチングをしていたので、また後半戦、チャンスはあると思います」と評価。首脳陣からも及第点を受けた小島。次回は「3度目の正直」で、プロ初勝利を掴むことができるか。さらに課題を克服し、再び1軍の先発マウンドに立つルーキー左腕の姿に期待したい。

いやいや。ルーキーとして2回目の先発でしたっけ。それであのピッチングは上々だったと思いますけどね。むしろオリックスの田嶋投手を打ち崩せなかった打線がアレでしたし。ま、昨日は「小島も良かったけど、田嶋が更に良かった」という一言に尽きる試合…だったという説も。

いずれにしてもロッテは先発投手で左腕がほとんどいない(チェン様も中継ぎでいい仕事をしてるぐらいですし…成田翔の成長待ちってやつですかね(苦笑))んで、願わくばいろいろと経験を積んでかつてのエース・成瀬のようないい左腕投手、左のエースになってくれると嬉しいですね。何とぞ試合後のケアも大事に…。

スポンサーリンク

「嫌な投手」という”最大級の評価”を(笑)

【ロッテ】井口監督、トレード加入の阪神・石崎に期待「打者からすると嫌な投手」(スポーツ報知)

で、トレードで阪神からやってきた石崎投手について、かつての名打者・井口資仁をして「嫌な投手」という最大級の評価を(汗)

ロッテ・井口資仁監督(44)が4日、高野圭佑投手(27)との交換トレードで加入する阪神・石崎剛投手(28)の起用法について語った。

 オリックス戦の試合前に取材に応じた指揮官は「中継ぎがだいぶ投げているので、いい補強ができたと思う。何とか早く1軍で活躍してもらいたい」と期待。「投げる姿を見ていないので、確認したい。今日決まった話なので投手コーチと相談しながら決めていきたい」と説明。今後の昇格時期は2軍で数試合を投げた後に判断される見込みだ。

 「スピードのある投手。サイド気味なので打者からすると嫌な投手。6、7回にはまれば? そうですね」と印象を語った。

おそらく千葉ロッテとしては、先発投手をある一定の投球数で下ろしてから中継ぎで繋いで最後は益田か西野で締めさせる、というパターンを取っていくんでしょうから、どうしても中継ぎ投手が登板過多になってしまい疲弊するのが避けきれない状況なんすね。

これが少し前の長嶋監督の巨人のように、そこでポンと結果を出したら長嶋監督が名前を覚えてくれて延々と使い込んでいく(例えば木村龍治投手や條辺剛投手なんかそうでしたね)…みたいな「酷使」とまではいかないまでも、どうしても酒居、唐川、松永あたりの負担は増えるし、西野・益田も疲れが溜まっていってしまう、チェン様や田中靖もさすがに…という環境だと、ルーキーの東妻とか、今回トレードでやってきた石崎なんかは、まず2軍で結果を出しさえすれば(←言葉で言うのは簡単ですがこれもなかなか…)、1軍でのチャンスは意外に「そこに転がっている」可能性は高い、と思うんですけどね。

なお今日から西武3連戦です。

天気は…どうにかもちそうかな?

以上です。

 

バファローズポンタ30cmぬいぐるみ2019
サン・アロー
売り上げランキング: 41,844

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ