【千葉ロッテ】結局、井口監督は、益田と西野をダブルストッパーで…との事。

【ロッテ】井口監督「併用で」益田&西野ダブル守護神プラン(スポーツ報知)

やはり益田ひとりでは通年は厳しいと痛感したのか。そして西野が怪我が癒えて数年前以来の本調子に戻ってきたのが頼もしい(笑)

ロッテ・井口資仁監督(44)が27日、益田直也投手(29)と西野勇士投手(28)をダブル守護神として併用していくプランを明かした。

 守護神の益田が22日のオリックス戦(京セラD)と24日のソフトバンク戦(ZOZO)でともに3失点。「もう頭は冷えていると思います。厳しい所を攻めすぎていた」と乱調の要因を指摘した。

 代役として西野が25日のソフトバンク戦(ZOZO)でセーブを挙げている点も踏まえて「(西野と)併用でいこうと思います」と2人の調子に応じて抑えを選択する意向を示した。

 ただ、益田に対する信頼は厚いままで「次は厳しい場面でいきます」とセーブがつく場面や僅差での登板になることを予告した。

数日前に私が「頼むから併用で使ってくれー。益田がもたねえって。ついでに調子がいい方を使ってくれ」って書いたのとそんな選択肢を、現場で野球をよーく知っているプロとして「やっぱそうだよなあ」と井口監督がチョイスしたらしい。うーん、もしかしたら吉井投手コーチも助言してくれたのかもしれないな。

理想はここに(絶好調時の)左のチェン様が加わると厚みが増すんだけどね。で、内の怪我が癒えたら唐川とダブルセットアッパーとかで復活すると嬉しいんだけどね。

スポンサーリンク

ホークスは50年ぶりの対ロッテ4カード連続負け越しらしい。

また負け越し…ソフトバンクがロッテにだけ弱い理由(日刊スポーツ)

い、いや、実際ロッテ戦を見てる感じでは「気づけば勝ってた」だけでカモにしてる余裕なんかとてもとても(泣)。つーか、南海時代、低迷してた初期のダイエー時代も川崎時代のロッテは4カード連続勝ち越しとかなかったのが不思議。

<ロッテ8-2ソフトバンク>◇26日◇ZOZOマリン

タカがカモメにカモられている。ソフトバンクがロッテにまた負け越した。対ロッテは南海時代の1969年(昭44)以来、50年ぶりの開幕4カード連続負け越しが決定。首位はなんとか守っているが、連敗で4位ロッテまで1・5差、5位日本ハムまでも3差にもつれる大混戦となった。

この日もロッテの1発攻勢に沈んだ。先発ミランダは中村奨にソロ本塁打を浴びるなど、3回途中4失点でKO。あとをつないだ椎野、川原も被弾して計8失点の大敗だ。打線も先発石川らの前に2得点に抑え込まれ、ほぼなすすべなく完敗した。今季対戦成績はこれで3勝9敗。ロッテを苦にする要因は何なのか。

★投壊 投手陣の対戦防御率は5球団ワーストの4・54。この日の結果が象徴するように、同ワーストの65与四死球、16被本塁打で、走者をためてから痛打されるケースが目立つ。今季から敵地ZOZOマリンスタジアムにホームランラグーンが設置されたことや、レアードの加入などさまざまな要因はある。ロッテに3戦1勝負けなしの千賀も「レアードの加入が大きいんじゃないですかね。他の人がそれなりに仕事をすれば、点につながる」と警戒していた。

★貧打 打線も対戦打率2割3分と、同じく対5球団で最も抑え込まれている。中でもこの日の石川にはこれで2敗目。二木にはすでに3勝を献上している。天敵を作ってしまっては、負けがかさむ。

★故障 4月上旬に柳田、グラシアルが負傷離脱したのもロッテ戦だった。現在リハビリ中の上林も、4月下旬の敵地で右手甲に受けた死球による故障が長引いている。今季のロッテ戦は鬼門というほかない。

工藤監督は悔しさを隠さなかった。「同じことを繰り返していてはいけない。同じチームに同じようにやられてるのはいけない。絶対にこの負けを忘れないで、やり返せるようにやっていきたい」。3年連続日本一へ、ロッテ対策がカギを握りそうだ。

確かに昨日も、

清田はさすがに5試合連続弾はなかったけど、タイムリー三塁打も打って相変わらず好調をキープしてるし…というか、ここでホームランが出てたらサイクルヒットだったじゃん、という始末で(大汗)

菅野にも今季初本塁打が出たしで、

そしてレアード様が先制タイムリー打って、不調だった中村奨吾もホームランを打って、最後にとどめをアジャ井上が3ランホームランまで…と。

ホームランラグーンへの階段に跳ねてグラウンドに戻るとは…すげえ打球だ(笑)

そして先発の五右衛門も7回まで2失点でどうにか切り抜けて頑張ってくれたのは良かったですね。ちなみに試合終盤はセーブシチュエーションではなかったんで、五右衛門の後は、松永→東條→田中(靖)と継投し、9回は若手の柿沼がマスクをかぶって田中(靖)をリードして無失点で切り抜けたのは幸いでしたね。五右衛門が復調すれば、近いうちにボル様もどうにか…と願ってますわ。

涌井対金子の「エース対決」は通算何度目なんだろう…。

なお今日は移動日で明日から札幌ドームで日ハム3連戦です。予告先発がロッテがエース・涌井、日ハムが去年までオリックスのエースだった金子千尋改め金子弌大が…。

うーん、この両投手の投合い、たぶん涌井が西武にいた頃から繰り広げられてたんでしょうし、何やら去年までのロッテ対オリックス戦でもしょっちゅう見てた印象が強くて、結局のところ彼らの直接対決は通算で何回目なんだろう(;゚Д゚)

以上です。

月刊ホークス 2019年 06 月号 [雑誌]
ジャパンプリント (2019-05-20)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ