【千葉ロッテ】惜敗したが、山賊打線と海賊打線の殴り合いは凄かった…(苦笑)

ロッテ、延長10回敗れ引き分け挟み3連敗 井口監督「もうひと踏ん張りできたら」(Full-Count)

昨日は9回裏にロッテが西武にあわやサヨナラ勝ちか?というとこまで追い込んだ凄まじい試合でした。いやあ、ホーム突入した清田、惜しかったなあ。

延長10回に唐川が愛斗に決勝タイムリーを浴びる

■西武 9-8 ロッテ(25日・ZOZOマリン)

 ロッテは25日、ZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦を延長戦の末8-9で敗れ引き分けを挟み3連敗を喫した。

 4月6日以来となる中村の左翼6号2ランや、11試合連続安打となった荻野の今季1号ソロなどで序盤は3-1とリードしていたロッテ。しかし、先発二木が6回2死から、西武中軸に3連打で逆転を許すと、試合はそのまま乱打戦に突入。

 同点、逆転、勝ち越しとシーソーゲームとなり試合は延長戦に突入。23日の同戦でまさかの4失点を喫した唐川が、2死一塁から、途中出場の西武4年目・愛斗に、左翼線へのプロ初安打を許し、一塁走者の森に勝ち越しのホームを許した。

 終始、西武に食らいついていったものの、あと一歩、勝利に届かなかった井口監督は「本当にしっかり粘って追いついて、あとは追い越すというところでもうひと踏ん張りできたら。中継ぎは頑張っている。勝ちパターンで行って、点を取られたことは仕方ない」と、悔しさを滲ませていた。

で、打線自体は、

海賊打線と山賊打線の壮絶な殴り合いに。

↑4分38秒のあたりからです。

9回裏にバルガス氏のライト線のタイムリーで同点に追いついて、清田がホームに突入してアウトになるも「あわやサヨナラ?」というシーンにも。

で、最後は西武の愛斗選手の勝ち越しタイムリー、という結末でしたが。

ま、アジャ井上が二軍で調整して「昨年同様の状態」に戻ってくれたのは何より何より。昨日は大学時代のサークルの先輩が途中からZOZOマリンで見て、明日も仕事だから…と、21時ぐらいに切り上げたそうですが、中村奨吾の逆転弾は売店に行ってて見れなかったものの(苦笑)、試合中盤の壮絶な打ち合い(なんせ中村奨吾の後に3本のホームランが出てましたから(笑))も見れたそうで。

スポンサーリンク

まさに「仕方ない」の一言に尽きますな(笑)

井口監督「仕方ない」14安打も平成最後本拠で敗戦(日刊スポーツ)

勝利の方程式的な投手を投入して、お互い打たれて延長戦にもつれこんでるんだからまさに「仕方がない」ですわ(^_^;)

<ロッテ8-9西武>◇25日◇ZOZOマリン

ロッテは中継ぎ陣が踏ん張れず、平成最後の本拠地戦に敗れた。

相手を上回る14安打を放ったが、7、9、10回と3度の勝ち越しを許し、井口資仁監督も「勝ちパターン(継投)でいって点をとられたので仕方ない」。西武戦は引き分けを挟み開幕から5連敗。18年後半を4連敗で終えているため、年をまたいで9連敗となった。

個人的にはキャッチャー田村の、「明らかに学習能力が足りてない(?)」配球や采配に疑問もあるんだけど…、あー、昨日は「平成最後の」本拠地試合だったんですね。

ちなみに今日はお休みで、明日からはビジターで楽天戦、オリックス戦を経て(4月30日はお休みなので平成最後の試合は4月29日の楽天戦、5月1日の新元号の日はオリックス戦です)、5月4日からの日ハム戦の試合が「令和最初の」本拠地試合になるようです。ロッテが川崎から千葉にやってきておおよそ28年。確かに約30年という時間は長いわなー。

余談:「選手枠が減らされる」って罰則も凄い(^_^;)

松本は来季A選手1枠減、ホームグロウン制度未達成(日刊スポーツ)

野球ではなくサッカーJリーグの話なんですが…。

松本山雅FCが、ホームグロウン制度の基準を満たさなかったことにより、来季のプロA選手25人枠から1人分減じられることが決まった。

Jリーグは25日、東京・文京区のJFAハウスで理事会を開き、今季から導入した下部組織に所属した選手をトップチームに2人以上登録することを義務づけた「ホームグロウン制度」を実施。広島など5クラブが13人を登録するなど、17クラブが下部組織で育てた選手を複数人トップ登録しているが、松本は、カウント基準日となった第1登録期限終了の3月29日時点で1人だった。

要は「自前(ユースチームなどの下部組織)で育てた選手もちゃんと使いなさいよ。獲るだけじゃなくてって事なんでしょうが、松本がそれをできなかったというのが意外。よそから取りまくってるチームだったらあるかもしれないけど、それでも「比較的よそから補強を怠らない」浦和とか名古屋とか、「サカつく」的に無尽蔵に補強してる(?)神戸ですらそれを守っていただけになぜ松本山雅だけが?という点も。

しかし思うにプロ野球でユースチームなんかあったらおもしろそうだけどなーとも考えるんですが、たぶん「有望選手が甲子園に来なくなるかも」と高野連が許さないでしょうね。でも高校サッカーみたいに全国クラスから地方の3部4部あたりまで様々な各デシジョンでのリーグ戦が活発になれば一発勝負のトーナメント大会が多い高校野球にも一石を投じることができそうな気がする。投手を継投で分業制にするとかで。例えば「大阪桐蔭高校対阪神タイガースU18」とかはハイレベルな試合で、プロのスカウトが大量に押し寄せそうだ…で、「交流試合」ごときで甲子園球場を使っちゃって高野連激怒、とか(爆)

…ま、独立リーグの各チームがもうちょっと資金力があればNPBの12球団の下部組織なみにU-18、U-15のチームとかも作れそうな気がする。でもそしたらドラフト制度の改正とか、移籍をもっと自由にする制度を作らないとダメなんだろうね(地元の選手を育ててNPBドラフトなどで移籍金を得てそれでチームを大きくする手法を取れればいいんですけど)。千葉ロッテなんかも千葉県内の有望な中高生に声をかけてユースチームとかジュニアユースとかのチームを作ったら、そこそこ育成が上手になってトップチームにフィードバックされると思うんだけどなあ。…まあ高野連もNPBのオーナー連中も頭が固いからこれから半世紀は無理だろうね、たぶん。

以上です。

 

山賊ダイアリー コミック 1-7巻セット (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社
売り上げランキング: 24,936
ぼくんちの海賊トレジャ

ぼくんちの海賊トレジャ

posted with amazlet at 19.04.26
柏葉幸子
偕成社

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ