【千葉ロッテ】中村奨吾と清水(将)コーチが守備練習で衝突し緊急搬送さる。

※少しだけ追記しました(4/21 14:45)

ロッテ 中村、練習中にコーチと衝突 左目下を10針縫うケガ(スポニチ)

あ、「野球観とか方針・意見の食い違いで言い合いになって衝突、つまりケンカ」…の方ではなく、「キャッチャーフライの練習中に物理的に(?)衝突」したハプニングあったそうです。しかしこういうケース、プロではかなり珍しい。

ロッテの中村奨吾内野手(26)が21日、日本ハム戦(ZOZOマリン)前の練習中に清水将海バッテリーコーチ(44)と衝突し、習志野市内の病院に緊急搬送され、顔面挫創で左目下を10針縫った。同じく搬送された清水コーチは軽い脳しんとうと診断された。

 キャッチャーフライの練習中、清水コーチが打ち上げた打球が、付近にいた中村奨に当たりそうだったために同コーチが、かばおうと捕球体勢に入ったが、中村奨も同じく、打球をキャッチして回避しようとしたために、2人が出会い頭にぶつかる形になった。

 中村奨はそのまま担架で運ばれた。清水コーチは練習に戻ろうとしたが、二塁ベース付近で倒れ、担架で運ばれた。

 中村奨は2017年9月1日20日の日本ハム戦(ZOZOマリン)から、前日21日の日本ハム戦(同)まで188試合連続フルイニング出場中だったが「(出場は)厳しいと思います。練習中のケガはもったいない。こちらも注意をしていかないといけない」と井口資仁監督(44)。連続フルイニング出場記録も止まった。

 中村奨はベンチ入りし、様子をみながら試合出場を判断するが、清水コーチは大事を取り、ベンチを外れた。

試合前に少し早くスタジアムに行くと、主に対戦チームのノック練習を見れるんですが、「いやあさすがプロ、そこらへんの高校野球や草野球と違うわー」って基本ながらもあれが一番難しいんだよなーと思われるプレーを易易とこなしてるのを見て「現役のアマチュア選手からして、勉強になるのは実はここらへんでは?」とよく思うんですけども(ゆえに上階最前列あたりのB指定席を確保するんですけどね、特にZOZOマリンのロッテ戦では(笑))。

↑で、千葉ロッテの公式Twitterからもこのようなお知らせが。

しかし「こういうこと」も稀に起きるんだなあとびっくりですわ。井口監督のコメントではないが「もったいない」の一言に尽きますな…。特に中村奨吾はここまで打撃好調だっただけに惜しい。

スポンサーリンク

そして中村奨吾は大事を取ってスタメンには入らず。

で、14時からの日ハム戦のスタメンも発表されました。

中村奨吾はさすがにスタメンでは試合には出ず。三木亮が8番セカンドで入り、昨日の打順で言えば3番の中村奨吾のとこを1つずつ上に詰める形になってました。3番角中勝也、4番レアード様、5番鈴木大地、6番バルガス氏、7番加藤翔平…と。図らずとも(?)レアード様が古巣日ハム戦で4番として登場となったわけですな(^_^;)。

もっとも近年はプロ野球にしろサッカーにしろ、コンタクトスポーツたるラグビーやアメフトなどにしろ…と、いろんなスポーツで衝突などで脳震盪の疑いで大事になるケースもあるだけに、一応、大きな病院でCTやらMRIやらを受けたんでしょうけども、清水(将)コーチも外傷(硬膜外出血とか)や後遺症など何事もないといいんですけどね。いや、いずれにしてもお大事に。

以上です。

追記(14:44)

パ・リーグTVを見てたら、

ベンチに居る中村奨吾が映っていた。左目の下が痛々しい…何卒、お大事に。

ほんとうに危ない スポーツ脳震盪
谷 諭
大修館書店
売り上げランキング: 320,412

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ