【千葉ロッテ】新京成電鉄さんが今年も「ロッテ球団のラッピング電車」を(笑)

By: Kzaral

ロッテ選手デザインの新京成電鉄が28日から運行(日刊スポーツ)

今は東京都下に引っ越して京成も新京成もとんと乗らなくなりましたが、成田の実家から船橋に通勤してた時は、たまに京成津田沼駅からJR津田沼駅まで新京成に乗って大型書店とかに行ってましたわ、懐かしい(笑)

ロッテは18日、開幕に合わせて新京成電鉄「2019年マリーンズ号」を28日から9月末まで運行すると発表した。

ラッピング電車「マリーンズ号」運行は13年から実施し、今年で7年目。沿線のファンに楽しんでもらうほか、本拠地ZOZOマリンまでのアクセスの良さを知り、球場に足を運んでもらうことが目的。

車内は千葉県出身12選手がデザインされたシートが側面に貼られている。また中つり、窓上にも公式戦の日程ポスターなどを掲出。球団担当者は「マリーンズの本拠地のZOZOマリンスタジアムまでは、新京成線から京成千葉線へ1駅の京成幕張本郷駅より京成バスで約10分です。この機会にぜひ、新京成に乗ってZOZOマリンスタジアムへお越しください」とコメントした。

確か2006年あたりからは新京成の電車が京成千葉線(上野から成田方面に行くのが「本線」と呼ばれてますが、歴史的には千葉線の方が全通は早かったそうです)に乗り入れてるそうで、その頃はもう京成には乗らなくなっちゃったんで私は直通運転後の京成・新京成は殆ど知りません。

が、記事にも書いてある通り、幕張本郷駅がJRと京成が同じ場所にありまして、ロッテ戦の帰りはほとんどがZOZOマリンスタジアムから幕張本郷行きの直通バスに乗るんですね、私。そうすると、幕張本郷から総武線で座ってずーっと御茶ノ水やら中野、三鷹まで時間はかかるんですが座っていけるので、そんな時にJRの隣の京成のホームに、たまに新京成の車両を見かけるなあ…なんて思い出しました。なので、新京成としては親会社の京成が千葉ロッテのスポンサーのひとつなんで、ああ、いい仕事をするなあ、と(笑)。

スポンサーリンク

中学の頃に初めて新京成に乗った時はカーブの多さで酔ったなあ…。

ちなみに新京成と京成、京成津田沼で合流して、そこから上野方面と松戸方面に分岐するんですが、一応「別会社」でして、正確には京成グループの子会社のひとつに組み込まれています。

で、なんで同じ会社じゃないのか、というと、もともと新京成の走っている津田沼から松戸までの線路の大半の部分が、戦前期は陸軍の鉄道連隊の演習用の路線だったそうで、戦後民間に払い下げになった際に、共に戦前期から陸軍OBや有力な政治家を何人も擁していた西武鉄道と京成電鉄が競り合いまして、最終的には地元の京成電鉄がGHQへの陳情合戦の末に「勝って」、新しい鉄道会社を設立して(これが「新京成電鉄」という名前になった由来で)、今に至ったというわけです。

ただ、そのせいでもともとは演習用に作った路線ゆえに「お客さんを乗せるために作ったとこ」ではなかったがゆえにどえらくカーブが多い路線でもあって、最初に中学生の頃に何かの用事で松戸まで乗り通した際には乗り物酔いしたぐらいでしたな…(苦笑)。あの頃は「800形」と呼ばれていた、クリーム色のボディに、茶色っぽいラインが入った電車が新京成ではおなじみだったんですが、最近は上の3分の2が白、下の3分の1がピンクの新しい車両が導入されて(それを幕張本郷駅のホームからたまに見かけるんですが)、「いやあ時代も変わったねえ」なんて思ったりしてと(笑)。そこを刺激されて親会社の京成ももうちょっとやればいいのね。

セットアッパーとクローザーを誰にするかで悩んでる模様。

ロッテ井口監督「まだ競争が」勝利の方程式定まらず(日刊スポーツ)

昨日の横浜とのオープン戦の話になります。ま、オープン戦はさすがに全敗は困るけど、勝ちすぎてもあとが怖いんで、できれば練習試合も含めてトータルで勝率3割ぐらいでいいや。

<オープン戦:DeNA7-4ロッテ>◇17日◇横浜

なかなか勝利の方程式が固まらない。先発とリリーフ両にらみのロッテ種市篤暉が、DeNAとのオープン戦で1点を追う8回に登板。15日の台湾・ラミゴ戦で3者連続三振を奪ったが、この日は1死満塁から筒香、2死からは柴田に押し出し四球を与えて2点を献上した。

昨季26セーブを挙げた内は11月の右肘手術から復帰半ば。守護神候補として獲得したジョシュ・レイビン投手(31=ブレーブス)も右肩に張りを訴えて出遅れている。抑えは経験のある益田が有力だが、井口監督は「中継ぎはまだまだ競争が続いてますし、内容、調子のいい選手を残り5試合で見たい」。ギリギリまで適材適所を見極める。

そんな中、3番手で7回を投げたドラフト2位、東妻勇輔投手(22=日体大)は明るい材料。力強い球で内野ゴロ3つに封じ「変な力みが抜けて、程よくゾーンに集まってくれた」とうなずく。オープン戦は1分けを挟んで5連敗中。我慢の先に「解」をつかむ。

そうか、内は手術明けなのか。本当は「守護神のつもり」で獲得したレイビンとルーキー東妻で競り合いをやらせて、調子が良い方に最後は交代でお任せ…でいいと思うんですけど。さすがにボールにキレがない時の松永や益田にクローザー任せるのは(一昨年・昨年の体たらくを思い出すと)怖いんで、いっそのことルーキー東妻がこのまんまクローザーの座を奪っちゃえ、って書いておこうかな(^_^;)。

以上です。

クローザー <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2013-03-20)
売り上げランキング: 27,412
東武野田線・新京成電鉄―街と駅の1世紀 懐かしい沿線写真で訪ねる
杉崎 行恭
アルファベータブックス
売り上げランキング: 691,584

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ