【千葉ロッテ】種市投手も好投で、こりゃ先発ローテメンバーで悩むねえ…(苦笑)

【ロッテ】種市、開幕ローテ“ラスト1枠”へ3戦8イニング連続無失点(スポーツ報知)

なんか本人はまだ若いから「先発に限らず、投げれるとこだったらどこでもいいっす」とか言いそうなぐらいの若さと勢いを感じるなあ、種市投手。

◆オープン戦・中日―ロッテ(2日・ナゴヤドーム)

 ロッテの種市篤暉投手(20)が4回から2番手で登板し、3回無失点の好投。3戦8イニング連続無失点とし、開幕ローテに向けて猛アピールした。

 最後の打者・平田を中飛に抑えると、種市は大きく息を吐いてマウンドを降りた。最速149キロの直球とフォークを軸に無失点に抑えた20歳は「開幕ローテに向けていいアピールができたと思う。いっぱい候補がいる中でいい投球ができた」と、うなずいた。

 オフは豪州ウィンターリーグへの参加やソフトバンク・千賀と合同自主トレを行った。昨年のこの時期と比べて「全然、ボールの感覚も違うし、打者の反応も違う。オフにやってきた成果が少しずつ出ている。指にかかったボールが増えた」と手応えをつかんでいる。

 試合前には“師匠”の千賀が158キロを計測したことを伝え聞いて「えぐいなと。化け物です。やばいです」と驚きを見せたが、「自分も追いつき、追い越せるように」とスピードへのこだわりも垣間見えた。

 井口監督は「本当にいい球を投げている。気持ちの入った球を投げている」と高評価。開幕ローテが実質残り1枠でブランドン、ドラフト3位の小島=早大=と種市が争う展開に「(種市を)どうやって使おうかなと。うれしい悩み? そうですね」と、今後の起用法について頭を悩ませた。

 「前回も今回も3回無失点。今回は1軍の打者を抑えられて自信になりました。これを続けていけるように準備も練習も今まで以上にやっていきたい」と種市。これまでのチームに欠乏していた新星が、急成長の兆しを見せている。

打線がうまく援護さえしてくれれば、エースの涌井、五右衛門、そしてボルシンガー様はもとより、二木・有吉・酒居、そして左腕の土肥やブランドン…あたりも、2桁の勝ち星を稼げる投手になる可能性はあると思うんで、先の3人の後に続く本格派の投手、ついでに書けば中継ぎ・抑えを時には休ませることができる完投・完封できるような本格派の投手が台頭してくるのは本当にありがたいなーと思いますね。

スポンサーリンク

先発候補は多士済々だなあ…。

で、この記事の文末の方にこういう解説も書いてありました。

◆ロッテ今季の開幕ローテ 

開幕投手・石川と涌井がカード初戦を務める。昨季チームトップ13勝を挙げたボルシンガーまでが確定。前回24日の西武戦(春野)で3回無失点だった有吉、27日の楽天戦(サンマリン宮崎)で3回無失点だった二木も有力で、実質的な残りの枠は「1」。ここに新外国人左腕・ブランドンとドラフト3位・小島=早大=、種市が争う構図となっている。

さすがに一昨年の「先発ローテ候補が10人もいるから、中10日でいいんじゃね?」みたいな事にはならないと思いますが(苦笑)、それでも関谷もいるし、佐々木千隼もいるし、左腕だってブランドンに加えてルーキー小島にチェン様も成田翔だっていますからねえ…。五右衛門とエース涌井でもあまりにも調子が悪すぎると1回ぐらいローテーションを飛ばしても問題ないぐらいの先発候補がいるのはありがたい、と考えましょうかね。で、2005年の先発投手6人が2桁勝利…みたいな事になってくれれば嬉しいんですけど。

そこは井口監督と吉井コーチとかはやはり悩むんだろうなあ。むろん、嬉しい悲鳴といえば明らかに「それ」なんすけども(笑)

そのレギュラー争いの激しさはもちろん野手だって…。

ロッテ・平沢 盗塁&同点二塁打など2安打で開幕スタメン猛アピール(スポニチ)

ライバルの藤岡裕大が居ぬ間にとことんアピールしまくって「これはもう、大河を出さないわけにはいかない」というとこまで井口監督以下首脳陣を追い込まないと(笑)

ロッテ・平沢大河内野手(21)が、オープン戦「開幕戦」で開幕スタメンをアピールした。
 「5番・遊撃」で先発出場すると0―1の6回1死一、二塁、山井から右翼線へ同点二塁打を放った。2回1死の第1打席でも右前打し、盗塁を決める活躍。ただ「いつ藤岡さんが帰ってきてもいいようにしっかり、結果を出さないといけない」と平沢の頭には危機感が大きい。

 昨季、遊撃で全試合に出場した藤岡は右膝の故障で出遅れたが、すでに2軍の教育リーグでは実戦復帰。「開幕遊撃」を争う本当の戦いはまだ、始まってさえいないことが、平沢の引き締まった表情にも表れていた。

こういう危機感を持ちつつしっかりと準備を怠らないで結果を出し続けるというのはなかなか出来ることではないだけに。大学・社会人を経由して5-6年ほどの経験値があるだけに藤岡裕大が復帰したらまた(高卒4年目の)平沢大河は外野との併用になるかもしれませんけども。

いずれにしても両選手に共通してるのが「打率の低さ」なので、これで本当に3割近い打率を打てるようになり得点圏の勝負にも滅法強い両選手になったら、今度は藤岡裕大が外野起用と併用で使われて、そこで更に外野手のスタメン争いが激しくなるかもしれないですね。まあそういう意味では「既にスタメン当確」な選手は少なければ少ないほど、頑張る選手は増えてくると思うんで、今は与えられたチャンスをしっかり物にできるように頑張って欲しいです、はい。

BBM2017/1st■レギュラーカード■080/種市 篤暉/ロッテ≪ベースボールカード≫
ベースボールマガジン
売り上げランキング: 311,971

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ