【千葉ロッテ】ルーキー藤原選手いわく「リンゴ握りつぶせます」と←鉄の爪だw

「リンゴ潰せます」ロッテのドラ1藤原、意外とマッチョ(朝日新聞)

いやー、昔、ものすごい握力で「アイアンクロー(鉄の爪)」を持ったというエリックファミリーというプロレスラー一族が日本も含めていろんな国のプロレスシーンで活躍してたのを思い出しますわ。懐かしい(笑)

やはり、並の新人ではない。そんな予感を漂わせる空振りだった。

 2月1日のキャンプ初日に紅白戦を行ったロッテ。白組の八回の攻撃だ。2死から、3球団競合の末にドラフト1位で入団した藤原(大阪桐蔭高)が代打で登場すると、観客から拍手が送られた。ブルペンの投手陣も投球練習をやめるほど視線を一身に浴びたルーキーは、その初球を振りにいく。体がねじれ、背中にバットが届くまでの豪快な空振りだ。「僕はフルスイングで今までやってきた。プロの世界でも変えずにやっていきたい」

 結果は四球だったが、首脳陣へのアピールには十分だった。井口監督は「初球からあんなに振れるのはすごい」と言い、打撃フォームをいじらないようコーチに指示を出した。

 身長181センチ、体重78キロとプロ選手としては細身なのに、なぜここまで力強く振れるのか。取材をしていて目を見張ったのが、はち切れんばかりの前腕の筋肉だ。血管が浮き出て他の選手と比べても明らかに太い。聞くと、「リンゴなら潰せますよ」。握力は左右とも約85キロで、小学1年生のころからの毎日の素振りでつけた筋肉だという。

 一方で、体力はまだまだ高校生。全体練習後に先輩たちが居残りで練習するなか、「もうクタクタで振れません」と弱音も。宿舎の部屋ではテレビを見る余裕もなく、「ひたすら寝ている」という。プロのレベルを肌で感じ、野球漬けの日々を送る18歳。1軍の舞台で、あのフルスイングを見られる日が待ち遠しい。

ちなみに冒頭に書いた「鉄の爪=アイアンクロー」とは、プロレスで相手選手の顔面を掴んで締め上げてギブアップを狙うか、相手が寝ている状態だとこれで抑え込んで3カウントを狙うか、という技でしたね。

確か「ハイスクール!奇面組」の話の中で、一応高校のプロレス同好会のライバル校でやってきた外人レスラー(「握力2000の男」「動く死刑台」の異名があるフリッツ・フォン・コワルスキーという選手だったようです)…が、これを使ってタッグ戦を組んで何故が出る羽目になった零くんと豪くんを締め上げてた記憶がありますわ(笑)。

っかし、かつての魁皇のような怪力自慢の相撲取りならまだしも、プロ野球選手、しかもルーキーがそんな凄まじい握力を持ってるとは。

スポンサーリンク

余談:こちらは鉄の爪ならぬ…。

ま、これで記事を終わらせると、記事中広告が入れられないので「余談」として(をい)

アニメ「鷹の爪」制作会社、粉飾決算の疑い 報告書訂正(朝日新聞)

で、これは数日前のニュース記事なんですが、鉄の爪ならぬ「鷹の爪」の秘密結社のアニメ会社が粉飾決算とのことで(失笑)

コメディーアニメ「秘密結社 鷹(たか)の爪」などを手がけるコンテンツ制作会社「ディー・エル・イー」(東京都千代田区)が決算を粉飾したとして、証券取引等監視委員会は13日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで約1億3500万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。同社はすでに報告書の記載内容を訂正している。

 監視委によると、同社は2014年1月~18年3月、計約23億2500万円分の売り上げと計約6億円分の純利益を過大に計上したなどとされる。完成したテレビアニメ作品の売り上げのみを計上すべきところ、未完成の分も計上するなどしていたという。

 同社は16年4月にマザーズから東証一部に市場を変更した。監視委は、変更の要件だった「最近2年間の経常利益の総額が5億円以上」を満たすために決算を粉飾したとみている。

いやあこれはぜひとも秘密結社「鷹の爪」団の総統以下の面々に制作会社のトップの連中を締め上げてもらわねえと。「おい、そんなに純利益出してたのか?」と(をい)

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2018-03-21)
売り上げランキング: 16,441

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ