【千葉ロッテ】今年の交流戦、広島戦以外は「自宅通勤」できるんでは?と(苦笑)

6・4開幕セ・パ交流戦 勝率1位が賞金総取りに(日刊スポーツ)

今年の交流戦の日程が発表されまして、賞金システムも少し変更となりました。1位が総取りか…よし、千葉ロッテ的にはそこだけがチャンスかもしれん(←こらw)

一般社団法人日本野球機構(NPB)は23日、今季のセ・パ交流戦の開催要項と日程を発表した。

公式タイトルは「日本生命セ・パ交流戦」で、同社の特別協賛は15年連続15回目となる。

初戦は6月4日で、同23日までの全108試合。相手リーグ6チームと3連戦を行う。昨季リーグ優勝した西武と広島が初戦で対戦する。

変更点として勝率1位球団を「交流戦優勝球団」とし、賞金3000万円を総取りとする。

昨年までは勝率1位球団(ヤクルト)に500万円、勝ち越したパ・リーグの勝率1位チーム(オリックス)に1000万円、以下パ各球団の順位に応じて傾斜配分されていた。5年ぶりに総取りの形に戻る。

12球団で最も活躍した選手に、MVPとして賞金200万円が贈られる。

まずは、今年も特別協賛スポンサーになってくださった日本生命さんには感謝感謝ということで。

スポンサーリンク

ほとんどの試合が「自宅通勤」できるのは珍しい(苦笑)。

で、千葉ロッテの試合日程については、

公式サイトにも発表になりました。順番としてはホームで阪神戦、ビジターで巨人戦、ホームでDeNA戦・中日戦を経て、ビジターの広島戦、ヤクルト戦…という順番なんだそうですが、これを見て気づいたのは、

あれ、「遠征」って広島戦だけ?

と。たまたま去年のホームが広島と巨人とヤクルトだったというのもあったんですけど、これも珍しい。

というのは、遠征が必要なアウェイ…もといビジターの広島戦を除くと、巨人戦が東京ドーム、ヤクルト戦が神宮で、この流れだと、ロッテの1軍の選手たちはほとんどが自宅から通勤できる範囲で交流戦を行える…というのは、これは意外にアドバンテージなんでは?と思うわけですね、はい。やはりいくらグレードの高いホテルよりも、自分の物に囲まれた自宅のほうが何より落ち着くのは間違いないわけですから。

と考えると、つい一昔前は、ドラフトで有望選手が巨人・ヤクルト・横浜(当時は大洋)…のいずれかのセ・リーグの在京3球団を志望する選手が少なくなかったのを思い出しますね。この3球団の場合、セ・リーグの公式戦だと自宅から通勤できるわけで、遠征の負担が減りますからね。逆に阪神や広島とかは大変なわけですけど…。

※ちなみに同じ首都圏の所沢の西武戦は、一応千葉からはちょっと距離があるんで自宅からではなく遠征扱いんで立川のホテルに泊まっているという話をどこかで聞いた記憶があるんですけどね。で、泊まるのが所沢ではなく都内の立川(ま、多摩都市モノレールぞいにバスで20-30分程度らしいんですけど)ってのがおもしろいなーと(苦笑)

去年は2試合連続エラーでサヨナラ負けが響いてしまい。

それと去年は交流戦で優勝したヤクルトが12勝6敗、2位のオリックスが11勝6敗1分、3位タイで千葉ロッテとソフバンが11勝7敗という僅差だったんですが、この僅差も、

中日戦・阪神戦と2試合連続で悪送球でサヨナラ負け(=ビジターでの試合なので相手のサヨナラ勝ちになるわけですな)という実に「しょうもない」負け方をして、結果的には交流戦の優勝を逃してるだけに。仮にここを1勝1分で乗り切ってれば、12勝5敗1分でヤクルトを上回れただけになんとも惜しい。

ゆえに今年は「優勝チームが3000万円総取り」になったそうですし、まあその金額の多寡はともかく(汗)、1シーズンをパ・リーグの曲者ぞろいの5球団相手にどこかで(いや下手すると最初から最後まで?)苦戦するのは目に見えてるので、せめて交流戦ぐらい爪痕を残せるように頑張って欲しいかなと思う今日この頃です。あー、去年みたいに内と益田を無理強いするなよ?ロッテ首脳陣。

※ま、ホームだらけで謎の魚氏が「酷使」されるのは個人的には許すわ。えーい働け働け(意味不明)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

にほんブログ村テーマ 最近の出来事へ
最近の出来事
にほんブログ村テーマ プロ野球へ
プロ野球