【千葉ロッテ】救援投手が先発して初回だけ投げる「オープナー」ってのもあるのか。

ロッテ松永「オープナー」なら査定評価も変えないと(日刊スポーツ)

…という日刊スポーツさんにこんなコラムが、今年も60試合も中継ぎで登板して気づけば3年連続50試合以上投げてるロッテの中継ぎ左腕・松永投手のコメントも載ってました。へー、そういう戦略もあるんだねえ、と。

<ザ・ピンポイント>

大リーグで今季登場した「オープナー」について、7月に通算100ホールドを達成したロッテ松永昂大投手(30)がピンポイントな指摘をした。オープナーとは救援投手を初回に使い、上位打線を封じる戦法。15日、千葉・木更津市内でトークショーを終えた左腕は、話題の投手起用を選手目線で切り取った。

「そういうポジションが確立されたら、ホールドも勝ちも付かない。負けしか付かないですよね」

今年レイズがこの作戦を利用し、チーム防御率を劇的に向上させた。だが選手個人で見ると評価が難しい。例えば3者凡退に抑えたとする。7回や8回ならホールドが記録されるだろう。これが初回では、従来の「中継ぎ」の評価が付けられない。

さらに、本来の先発ローテ投手を2番手に持ってくる場合は「クオリティースタート(6回以上、自責点3以内)の資格がなくなる。まず評価基準を変えないとマイナス査定ばかりになる」と分析。日本で導入を考えるなら「査定」は大きな課題になる。

来季から出場選手登録枠が1人増え、より柔軟な起用が可能になる。例として12月11日付の日刊スポーツでは、初回失点の多いロッテに松永の1イニング先発を提案した。「人の走者を背負って投げるより精神的にはラクやと思います。やれと言われたらやります。ただ相手の打線が固定っていうのが条件の1つじゃないですか」と話す。上位が左打者で固まれば有効だが、流動的な打線を良しとするチーム相手には必ずしも優位には立てないと見る。

また立ち上がりが不安定なスターターは、2番手に回っても打ち込まれることもある。初回の防御率重視なら「12球団、クローザーから投げたほうがいい。最後に先発がロング」とも。すべては「もしも」の段階。「でもそういうのが、当たり前になる可能性もある。もうそれを“中継ぎ”と捉えるのかは微妙ですけど」。投手陣の役割は今後、さらに細分化されていきそうだ。

なんとなくですが、寄席や落語会などで、「開口一番」に出てくる落語家さんのイメージがあったんですが、あれは大概は前座の落語家さんか、二つ目・真打ちばかりの落語会だと既に二つ目や真打ちにはなってるけど一番後輩の落語家さんが出てきて…という印象が強いですね。開演時間よりも少しだけ早く高座にあがって、そこでデビュー間もない前座さんが高座を経験して少しずつうまくなっていくみたいなのが(で、最後の方に格が上の落語家が出てくるわけです。これを「トリ」「真打ちを打つ」といい、そもそも「真打ち」という言葉の意味も、本当はこの最後の出番を務められる技量・人気を持つ落語家・芸人への称号でもあったそうですね)。

ま、この「オープナー」な場合は1回からびしっと締めに来るチームの看板のような投手が出てくるわけですけど…。寄せで言えばいきなりオープニングからそれこそ立川談志師匠や、存命してる落語家で言えば、「人間国宝」の柳家小三治師匠が出てきてお客さんびっくり、みたいな(爆)

スポンサーリンク

「予告先発」は形骸化するかもしれないけどね。

で、たぶんNPBに関しては最大級の弊害の一つとしては、松永投手が言ってるように査定が難しい(勝ち投手の権利もつかないし、もちろん、ホールドもセーブもつかず、つくとしたら初回から痛打されて敗戦投手ぐらいか)のと、「予告先発制度」の意味がなくなるってのは、各チームの演出的には厳しい…というか「もったいない」というか。だってオープナーが定番化すれば、ぶっちゃけた事をいえば「また××か」って事になりますし。

もっとも予告先発制度がなかった頃の、昔の「偵察メンバー」を思い出しますけどね。相手投手が右か左かわかんなかった昭和後期の頃に、どっちが来てもいいように先発メンバーのとこに投げる予定がない投手を入れとく、みたいなことはありましたね。これもまた懐かしいんですけども(笑)。で、試合が始まったら相手の投手が右か左かが判明するので、本当に出す選手と交代する…みたいな。

ただ、昭和末期から平成初期。例えば巨人の江川卓や斎藤雅樹、広島の北別府学、西武の工藤公康、そしてロッテの村田兆治などの名投手が現役で投げていた時代…までは先発完投が「普通」だった時代が、今はセーブどころかホールドという制度・タイトルができて中継ぎ、抑え(クローザー)としてのプロフェッショナルな選手が出てきて…と、記事にも書いてあるとおりに「細分化」されてきてる昨今、200勝投手がなかなか出てこずに名球会の投手部門の入会基準の変更も議論されはじめているそうですし。

ま、確かに今年のロッテを見てれば、涌井や二木などが終盤まで好投しても最後、後ろの益田や内が打たれて勝ち投手になれない「現実」を目の当たりにしてると、「さすがに200勝はMLBにでも行かないと無理だろう」とは思うようになりましたけどね(泣)。

ゆえに更に細分化は進むのかもしれませんね。

そこで逆に「活きる」選手、そのためにドラフトで指名される選手が出てくる事もありうるので、例えば後ろだとプレッシャーに負けてちょいちょい打たれてしまう益田投手や内投手がオープナーに回ったら意外にすっきりと抑えてくれて、2回から投げる先発ローテの投手に「ざぶとん、もといマウンドは温めておきましたよ?」的な継ぎ方はできるかもしれないね。まあそしたら、いわゆる「丸資金」の使わなかった25億円のうち3億円ぐらい使って、MLBから、実績があって活きの良い助っ人のクローザーを取ってこい、とも思うんだけどさ(苦笑)

内投手の「サプライズ」に笑ったw

ロッテ松永通算100ホールド通過点、田中は減量中(日刊スポーツ)

その松永投手は、同僚の田中(靖)投手と共に木更津のトークショーに出てたそうです。

ロッテ田中靖洋投手(31)松永昂大投手(30)が15日、千葉・木更津市の三井アウトレットパーク木更津でトークショーを行った。

18年シーズンを振り返り、プロ13年目で自己最多の32試合に登板した田中は「前半戦は少しはチームの力になれたかな。後半に失速したので、ずっと前半のような活躍をしたかった。来年は田中がいないとダメだと思ってもらいたい」。1年間を通して戦うべく、食生活から見直して体を絞っている最中と明かした。

自己最多となる60試合登板で、3年連続50試合をクリアした松永は「交流戦までは良かった。そこで(左)肩が痛くなって、最後は全然投げられなくて侍(ジャパン)も辞退した。良かったかと言われたら微妙です」。7月に達成した通算100ホールドも「1軍で投げとけば付いてくる数字」と通過点ととらえた。左肩を痛めたのをきっかけに、今オフは器具を使わずに自分の体重だけを利用したトレーニングに励んでいる。

年末年始の予定を問われると、「練習あるのみ。クリスマスも正月もありません!やるしかない」と引き締めた田中に対し、松永は「僕は休みますよ。クリスマスに地元に帰って香川でゆっくりします。年末年始もふらふらします。小学校の野球チームのOB会が楽しみ」と対照的な回答で笑いを誘った。

ファンとのじゃんけん大会では、プライベートで訪れた内竜也投手(33)が会場後方でこっそりじゃんけんに参加するサプライズ? もあった。松永は愛用のリュックを、田中はTシャツを持参し、勝ち抜いたファンにサインを入れてプレゼント。最後は田中が来季に向けて「選手もみんな負けるのはいやなんで、必ず優勝します」と宣言した。

田中(靖)投手は確か一昨年に西武を戦力外通告を受けて、去年からロッテで中継ぎで投げてるんですが、結構ランナーが埋まったり、相手が逆転を狙ってるイケイケドンドンの展開でスクランブル登板を受けるシーンの印象が強いんで「プロとはいえ大変だなあ」と思うロッテの投手の一人でもありますが…いやあ「年末年始も練習です」が物凄く真面目で頼もしい。そして松永投手が「ボクは休みますけど」ちゃんとオチに持ってってるリレーっぷりも…まあ休むのも仕事のうちですから(苦笑)

で、最後のじゃんけん大会で後ろに同僚の内投手が参加してたってのがいいなあ(笑)。ステージで喋っていたふたりはどこで気づいたのか。というか、家族サービスもあったかもしれないけど、そこに顔を出してくれる先輩の内投手もいい人だ(笑)

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ