もし丸選手が千葉ロッテに来てたら、やはり誹謗中傷されてたんだろうか…。

FA移籍した丸へのいわれなき中傷に思う(スポニチ)

というコラム的な記事がスポニチさんにありました。と同時に昨日はクイズサークルの忘年会でも話題になったのが「もし丸がロッテに来てたら広島ファンはここまで誹謗中傷したんだろうかね?」ということでした。

広島を離れ、巨人入りを決断した丸佳浩外野手(29)の周辺がかまびすしい。大きな契約が絡む人気ライバル球団への移籍。しかも2年連続MVPを誇る屈指の強打者だけに、さまざまな記事や反応がメディアやネット上をにぎわせる。

 ただし移籍理由を巡っては、看過できない臆測や中傷が少なくない。何も事情を知らない他球団のOBが「間違いなくお金」と言い切り、同調して「裏切り者」などと批判する声も散見する。その度に、担当記者としては強い違和感を覚える。

 確かに、広島との残留交渉は折り合いがつかなかった。ただし、その事実のみで、丸がお金を取ったと断じるのは不適切だ。彼は、地方球団の経営事情を理解していた。4年総額17億円の提示が、どれほどの意味を持つか…も知っていた。

 そうした前提を受け入れ、歩み寄れるであろう範囲でいくらかの上積みを求めた。移籍ありき…ではなく、残留を第一に考えていたからだ。広島では今季以降、主力にFA権取得が続く。自身の契約が前例になるだけに安易な妥協はできず、ギリギリの交渉だった。

 同じことが球団側にも言える。長期契約の高年俸選手を複数抱えると、経営を圧迫し、チームに悪影響を及ぼす可能性がある。年俸水準が高騰する球界の現実に逆行するとしても、地方都市で健全に興行を続けるために、リスクを排除したい考えは理解できる。

 結果、交渉はまとまらなかった。球団は最初に提示した条件を変えない方針を貫き、丸が希望した歩み寄ってもらいたい開きは埋まらなかった。それでも彼は、我慢して受け入れるべきか思案した。お金が移籍理由なら、そこまで悩まない。

 巨人移籍を表明した11月30日。マツダスタジアムを訪れた丸は、決断を報告する中で印象に残った言葉を問われ「新井さんから“寂しいけど、丸の味方だから応援しているし、頑張れ”という言葉をいただいた」と話し、一瞬だけ瞳を潤ませた。心根がにじみ出ていた。

 決断前にフッと漏らした言葉が耳に残る。「巨人に行ったら、ボクは裏切り者になるんでしょうね……」。言うまでもなく、プロの評価は金銭だ。今回の大型契約は、丸自身が頑張った証であり、勲章でもある。リーグ3連覇に貢献し、権利を得て、悩んだ末に新たな道を選んだら、いわれのない中傷を受ける。何ともやりきれない。

 丸は強い。決断した以上は切り替えて、新天地に好影響を及ぼすだろう。何より練習熱心。成績はもちろん、姿勢がもたらすチームへの波及効果だって小さくないはず。それこそが強いカープの中核を担った値打ちだ。

 広島ファンには、私自身もそうだが、残念な結果になった。それでも、丸がチームに大きな功績を残した事実は消えない。来季開幕は巨人3連戦。拍手とまでは言わない。どうかブーイングの起きないマツダスタジアムであってほしいと願う。

で、うちのクイズサークル(岩Q槻(いわくつき)という埼玉のサークルなんですが昨日は秋葉原・新橋で定例会と忘年会をやってました)には、広島ファンも巨人ファンも、そして私のようなロッテファンもいるので(その他、西武・楽天・中日・阪神・日ハム…などのいろんなチームを贔屓にしてる連中がいるのもある意味ですごい話ではあるんですが(笑))、焼き肉などを食べながらそういう話をしてました。

スポンサーリンク

広島ファンの友人ふたりが口を揃えて言っていた。

そしたら、広島ファンの友人ふたりが口を揃えて言ったのは、

「千葉ロッテだったらまだ喜んで送り出してたのに…」

…だったのは思わず苦笑いしてしまいましたね。

いや、ロッテファンの私からすれば「いやいや、丸にとって最善なのは広島に骨を埋めることで、そうじゃなきゃ巨人に移籍なんじゃねえの?」って感じで、丸がロッテに来るという現実味がほとんど無かったものでしたから(個人的に思う、丸選手にとってはベターな選択肢は、広島残留→ロッテ移籍→以下略、でしたが(苦笑))。むしろ「あんだけ巨人から大金積まれて原監督から直々にラブコールも受けて、広島からも残留のために最大限の年俸提示をされてるのに、それでも千葉ロッテに来たらどんだけ郷土愛が凄いんだ。井口監督はどう口説いたんだろう…ってびっくりするわ」とすら思ってましたけどね、内心。

そんなわけで結果論にはなりますが、もともと可能性としてはもともと低いなあと思ってたし、これでロッテに来たらびっくりするわ、と思いつつも、それにしてもあんだけケチな親会社・ロッテが20数億円という資金援助を申し出てチーム総出で丸選手を取ろうと決意した凄い選手なんだなというのは考えてましたねえ。なので巨人入りが決定した時も別に悔しがりとかはなかったんすよね。「ああ、やはり」と。ロッテファンからすれば「あわよくば」がなかっただけで別に裏切られた感は全くなかったと思いますし。

…ただ、「主力でありチームのスターな選手を取られた」広島ファンからすると、まあ昨日の友人二人の意見が「全て」ではないのは承知ですが、「よりによって同じリーグのライバルチームに行くのか」という感想が一番強く、これが仮に千葉ロッテの場合だと、対戦するとしてもオープン戦で1-2試合あるかどうか、公式戦だと交流戦で年間3試合、更にもしかしたら日本シリーズぐらい…で、まさに「新天地」にあたる遠い場所にあたるみたいで「そりゃ広島に残ってくれるのが一番いいけど、今はパ・リーグの方がどうしても交流戦・日本シリーズとも圧倒する事が多い。だからこそ、セ・リーグであんだけいい打撃をしてる丸が、パ・リーグ、そしてロッテという新天地で頑張って活躍することを祈ってるよ」という意見が多かったみたいなんですね。

「ああ、なるほど」とつぶやきながら、昨日は飲む予定はなかったんですけど、私以外のほぼ全員がみんな呑んじゃってましたし、その話の勢いで私も黒ビールをジョッキで飲んでました。いやーたまに呑むとビールもうまい。血糖値と痛風が怖いけど(←をい)。

ちなみに、隣で話に加わってたのが熱心な巨人ファンの友人。彼の言葉も凄かったですね。「また外から取っちゃって…。自分らでああいう凄い選手を育てりゃいいのに」と。ここの温度差がなんとも(苦笑)。

その上で、ロッテファンの私が言ったのは、「幸いなことに、千葉ロッテは、平沢大河・安田尚憲、そして今年の藤原恭大…と、5年後10年後にパ・リーグを背負って立つ凄い野手をドラフトのくじで当ててこれから彼らをどうすごい選手に仕上げていくのかが楽しみ。逆にここで仮に丸が加入したとしたら、これによって若手にとっては目標になるかもしれないけど、それで若手・中堅の芽を摘むことになるかもしれないので、今の結果(=丸が取れなかったこと)がベターだと思っている」ってことでしたね。

それと同時に率直に言ったのは「井口監督が交渉の場で丸に背番号6をあげる、と言ったとどこぞのスポーツ紙の記事で見た際に、いやいやあんたの背番号6は平沢大河に継がせなさいよ、と。個人的にはあれには一番困った。もし彼を取れたとしても素直に喜べなくなったから」と言ったら、連中「それはわかる。」と笑ってましたけどね。

そんなこんなで2時間ちょっとのクイズサークルの忘年会の割にはなぜか野球談義、つーか、「丸の巨人へのFA移籍、どう思う?」って話題で盛り上がりつつ、焼肉バイキングの食が進んでたのはびっくりしましたね。で、最後は広島ファンの某氏が陽気に酔っ払ってくだまいた挙げ句、なぜか別の阪神ファンの友人に絡む、という意外な結末を迎えたのはここだけの話でした…が(^_^;)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ