【千葉ロッテ】しかし「乳酸菌ショコラ33年分」は何個になるんだ、アジャ?(汗)

ロッテアジャ井上 来季30発で乳酸菌ショコラ「33年分」社会貢献だ(スポニチ)

ホームラン打つたびに「乳酸菌ショコラ」のパネル持たされてるんだから、いっそのこと、吉田羊と小松菜奈のCMで共演でもさせてやりゃあいいのにな。しかし33年分は凄い(苦笑)

ZOZOマリン室内練習場で野球教室を行ったロッテ・井上がロッテ本社製品「乳酸菌ショコラ」での社会貢献を誓った。

 今季は13年の井口(現監督)以来、球団5年ぶり20本塁打のご褒美に「5年分」を獲得。豪雨災害の地元・広島、震災のあった両親の故郷・熊本へ約700個送った。「来季30本打てば(86年の落合以来33年ぶりで)33年分。僕の中では考えはある」と支援の輪を広げる構想を語った。

確か熊本地震があった時に、その前年にM-1グランプリを優勝したトレンディエンジェルのふたりが、副賞だった日清食品の10年分の「どん兵衛」とかを被災地に送ってたような記憶がありますね。

しかし「どん兵衛10年分」って何個ぐらいになるのやら。1日1個食べる計算でも3650個(うるう年を含めれば3652個)か…。それを考えると、アジャ井上がもし30本塁打を達成して「乳酸菌ショコラ」を33年分もらえたとしたら、これまた1日1個で計算すると…12000個を超えるんすけど(;゚Д゚)。

ただ近年、いわゆる「激甚災害」と呼ばれる天変地異が毎年のようにしかも複数発生してるだけに、こういう「支援」のきっかけになる社会貢献はいいかもしれないね。

ちなみに私も、なぜか所属してるクイズサークルでは、企画の優勝賞品などにこの乳酸菌ショコラを贈呈することがえらく増えました。というか、「ヤクルトのウラジミール・バレンティンと、千葉ロッテの井上晴哉がこの選手の顔に似てる事から(中略)→アジャ・コング」って問題も出題したこともありましたし(笑)。

スポンサーリンク

余談:高校駅伝や箱根駅伝等でドーピング失格とかは勘弁してくれよ?

こちらはあくまでも「余談」な話なんですけども(すんません。今日はネタが少ないもんで…)

高校駅伝で鉄剤注射…「体に悪影響」警告後も(読売新聞)

注射なんかじゃなくて、マグロとかレバーとか食いなさいよ。鉄分補充のためにさ。

日本陸上競技連盟が2016年4月から、「鉄分が内臓に蓄積し体に悪影響がある」として使わないよう警告している貧血治療用の鉄剤注射を、高校駅伝の一部強豪校が警告後も使っていたことが関係者への取材でわかった。これらの高校は使用をやめたというが、陸連は他でも使われている可能性があるとして、陸連主催の全国高校駅伝大会(23日)で改めて警告し、来年の同大会からは出場選手に血液検査結果の報告を義務付ける方針だ。

 鉄剤注射は本来、鉄分不足による重度の貧血治療用だが、陸上関係者によると、持久力が高まるため、貧血になりやすい女子長距離選手を中心に2000年頃から全国に広まった。陸連は15年、鉄分過剰で肝機能障害などを起こした事例を把握し、16年4月に警告した。

昨年だったか、社会人の女子駅伝でドーピングが発覚してチームまるごと失格という珍事(?)があったような記憶があるんですけども、高校駅伝とか、大学の箱根駅伝などで、レースが終わった後に「ドーピングで失格になりますた」みたいなのは勘弁してくれねえかなあ、とは強く思いますね。何より見ていて興ざめしかねないし。

なんつーか、10年ぐらい前のツール・ド・フランスを思い出しますなー。サイクルロードレースはめちゃくちゃドーピングに厳しくなっちゃって、何人も優勝や上位成績が「なかったこと」になっちゃったり、ツアーの途中でチームまるごと棄権しちゃったりとか。何せ気管支炎の気管拡張剤(息子が赤ん坊の頃使っていた「ツロブテロール」という背中や胸に貼るシールのようなブツでした)でもアウト、という次第で。数年後あたりに、ランス・アームストロングがやらかしてたような事を、「おいおい、お前らそこまでやるか」みたいな箱根駅伝の常連校の暴露本とかが出てきそうで怖いな、これは。

無論、どこらへんが怪しいとは言わんけど(苦笑)。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ