ロッテから楽天に行った今江の年俸がなんと1.5億も減っていた(;゚Д゚)

楽天史上ワースト…今江75%減、1・5億円減俸(日刊スポーツ)

他所のチームの話とは言え、元ロッテの選手だけにやはり少しは気になる話ではありますが…あれ、チームは最下位だったとはいえ、そんなに今江って今季そんなに活躍できてなかったっけ?

楽天今江年晶内野手(35)が27日、仙台市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、野球協約の減額制限(1億円以上は40%)を超える1億5000万円減の年俸5000万円でサインした。

今江が2億円から75%ダウンの5000万円で契約更改。楽天の75%ダウンは06年小倉(6300万円→2000万円)の68%を上回る球団史上ワースト。ダウン額1億5000万円も17年松井稼(1億6000万円→7000万円)の9000万円を超える球団史上最高減俸となった。(金額は推定)

オリックスのエース・金子の6億円→5億円減ってのもなかなかヘビーな話だけども、調べてみたら今江は今季、127試合出場して打率.276、本塁打10本、打点49…って、千葉ロッテで言えば角中と似たような成績(角中は112試合出場、打率.265、7本塁打、52打点)で、こちらは現状維持の1.3億円でしたから…。

いやあ、楽天さんもサッカー(神戸)ではイニエスタとかポドルスキとかのどえらい選手を大枚叩いて取ってくるのに、これは厳しい。…ま、楽天さんはここらへんで「微調整」して損はしないビジネスをしてるんかもしれないな(大汗)。

いや、今江だって「これじゃ来年、税金が払えないっす」とか言って1-2度ぐらいは保留してもいいとこをサインしてるってことは一応、納得ずくで契約更改したということでしょうし、もしかしたら実際はFAした時に3年程度の複数年契約で2億円貰ってたのかもしれないですしね。来季もフル出場ペースで出てそこそこ活躍すれば、また上がると信じてオフのシーズンはきつい自主トレに励むんでしょうね、きっと。

個人的には夏に生観戦してた試合で、試合終盤でセットアッパーの益田が危険球退場を食らった時の打者がこの今江だったんですが、帰りの電車の中で実は頭に当たってなかったんじゃね?疑惑で、スマホからTwitterで盛り上がってるのを見て唖然としたのが一番印象深いですわ。ああいう「名演技」は二度とやらんように(失笑)

スポンサーリンク

一方で、年俸5000万に到達してびっくりしてるアジャ井上(笑)

【ロッテ】アジャ井上、270%増の5000万円でサイン 「こんなにもらっていいの?」(スポーツ報知)

キャリアの違いは勿論あるんですけど、同じ「5000万円」でもやっぱり違うもんなんすね(苦笑)

今季チーム最多の24本塁打を放ったロッテの井上晴哉内野手(29)が26日、ZOZOマリンで契約更改を行い、約270%アップの年俸5000万円でサインした。

 プロ5年目の今季はチームの新主砲として急成長。本塁打数はもちろん、139安打、99打点もキャリアハイ。114キロの巨体を揺らしてプロ初盗塁もマークした。

 大幅増に「想像していたよりも上の金額。(提示の瞬間には)『こんなにもらっていいの?』って思った」と満面の笑み。来季は本拠地ZOZOマリンに新シート「ホームランラグーン」が設置され、外野フェンスが最大4メートル前に出る。「フェンス直撃が本塁打になる」と、アーチ量産に期待すると同時に、「100打点を目指します」と、今季はあと1点届かなかった大台到達を誓った。

初夏の頃に扁桃腺炎で一時期チームを離脱してた時期はありましたが(余談としては10月頭に私も扁桃腺炎をやりまして、あれほどきついもんだったとは…(泣))、その他の時期はほとんどフル出場でしたし、アジャの打撃で救われた試合も少なくなかっただけに、5000万円でも安いぐらいでは?と(笑)

…ということは、今年の年俸で言えば、アジャの年俸=今江の月給ぐらいだったんだろうなあ(^_^;)。このまま3年ぐらい頑張れば、あっさりと億を取れる選手にもなりそうな気がするんでさらなる精進を。とりあえずシーズンオフはお菓子を食べすぎないように(爆)

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ