【千葉ロッテ】広島の丸選手に「6年24億」とか「出来高込で6年30億」とか…。

ロッテ FA丸に条件見直し6年計24億円超提示へ 山室球団社長「本社を挙げてね」(スポニチ)

本当に「親会社」ロッテの全面バックアップを得た模様…。てかグループで6兆円も売り上げてたのかロッテ(爆)

広島から国内FA権を行使した丸佳浩外野手(29)の獲得を目指しているロッテが、条件の見直しを行い新たに6年24億円超の長期契約を提示することが18日、分かった。また、井口資仁監督(43)の直接出馬に加え山室晋也球団社長(58)も交渉に出席する方針が決定。フロント、現場の「フルメンバー」で口説き落とす。

 強い誠意を形にしたものが「6年」にも及ぶ長期契約だった。

 球団は千葉県勝浦市出身の丸へ5年20億円規模の予算を用意し、交渉開始の予定だった。だが、選手、チームリーダーとしてだけではなく、「ポスト井口」と期待し、事実上の「監督手形」など幹部候補生と位置づけた。安心して千葉に帰り、長く住み続けてもらいたいとの思いから、6年の長期契約へかじを切ったものとみられる。

 他球団に見劣りするとされていた年俸も計24億円以上の提示となりそうだ。球団は創設50年目にして初の黒字になる見通し。また、今回はグループの連結売り上げ6兆円を超える本社からの完全バックアップも取り付けている。「お金の心配はするなとまでは言わないが、球団50年の節目だし、本社を挙げてね」と山室社長。状況次第でマネーゲームに応じる用意もある。

 20日以降に始まる代理人交渉で、その条件を詰めていく運び。そして、井口監督が出馬する予定の直接交渉には、新たに山室社長も加わることになりそうだ。「井口監督も山室社長も同席してもらいたいと思っている。フルメンバーで行きます」と林信平球団本部長。フロント、現場が一体となって、ロッテの情熱を丸側へ伝える。

 ファン感謝デーに参加した井口監督は「本社を挙げて、との話は非常にありがたい。マリーンズの思いを伝えることが大事だと思っている」と再び、獲得へ向けた強い気持ちを語った。誰一人、最初から負け戦になるとは考えてはいない。

いやあ「将来の監督手形」云々の話を聞いた時もびっくりしたが、そこまで持ってくるとは…と、驚いてますわ。つーか、グループの連結売上が6兆円もあるんだったら、平素からもうちょっとマリーンズにも投資しろ、と親会社には小一時間ほど説教したい気分で(をい)。

スポンサーリンク

6年24億+出来高=30億円級…ぢゃ、もはや巨人と遜色がないじゃん。

【ロッテ】広島・丸に6年30億円級 本社が全面的バックアップ、監督手形に超上積み(スポーツ報知)

千葉ロッテの「機関紙」的なのがスポニチであれば、おなじみ「巨人の機関紙」的なのがスポーツ報知なんですが…こちらもどえらい金額が出てるんすけど(;゚Д゚)

ロッテが、FA宣言した広島・丸佳浩外野手(29)の獲得に向けて6年総額24億円プラス出来高の大型契約を用意していることが18日、分かった。ロッテ本社の全面的な援助もあり、最大で30億円に迫る好条件を提示する模様。巨人も獲得を目指す目玉選手の獲得に、球団史上類を見ない“切り札”で挑む。

 ロッテが過去最高の条件で丸獲得に全力を注ぐ。この日、ZOZOで行われたファン感謝デーに参加した井口監督は「本社を含めて『獲りにいこう』という話はしていますし、現場としては(支援は)非常にありがたい。その思いを相手側にもしっかり伝えないといけない」と、球団と現場が一致団結して交渉に向かうことを強調した。

 今オフFA補強最大の目玉選手獲りの背景には、ロッテ本社の全面的なバックアップがあった。関係者によると、これまで4年総額20億円とみられていた条件を6年24億円プラス出来高に“上方修正”したことが判明。出来高を加えた総額では30億円規模の好条件で巨人、広島との争いに挑むことになった。

 球団の複数年契約では06~07年に小林雅英が2億5000万円プラス出来高で結んだ2年契約などがある。過去、ロッテで年俸3億円に届いた選手はいないため、丸への条件は一気に球団最高になる。初交渉日は未定だが、山室球団社長は「必要とあらば行きます」と出馬要請があれば自らも交渉の席につく構え。「(来年はロッテオリオンズ誕生)50年目の節目の年ですし。本社をあげて(獲りにいく)ということです」とロッテ本社と連携を取りながらライバル球団と戦う姿勢だ。

 FA選手獲得の参戦は13年オフの涌井(西武)以来となるが、今回は「何年に一回の大勝負」(山室社長)ということもあり、将来の“監督手形”を含めて今までにない破格の条件をそろえるに至った。

 井口監督は「勝算というよりマリーンズとしての思い、僕の思いを伝えることだと思う。思いを伝えることが一番大事かなと思う」と誠心誠意を尽くす覚悟を見せた。05年以来のリーグ制覇と9年ぶりの日本一奪回を目指す来季。絶対に必要なピースを本社・球団・現場の“三本の矢”で射止めにいく。

ということは、千葉ロッテ的には最早本社も巻き込んでの「一大プロジェクト」になってるんでしょうね、この一件が。

例えば、実際に「獲得できた」場合は、何が必要でどういう環境で迎え入れるのか、そして「獲得できなかった」場合でもその後のチーム編成や、今後同じように「是非とも千葉ロッテに欲しい。でも他球団との競合が避けられない」ストーブリーグでの戦いの参考にしていくんだろうなあ。これまで赤字を年間数十億円単位で垂れ流してた千葉ロッテを見直したんだろうか、親会社。それとも創業家一同が経営を離れて野球チームを見直す契機になったのか、はたまた「プロ野球球団を持ちたい」と公言し始めたZOZOさんに刺激でもされたか(苦笑)

つまりは(言い方は悪いのが申し訳ないんですが)、「取ったら取りっぱなし」で、初年度だけレギュラーポジションを与えて、あとは結果が出なければチャンスすら与えられなくなって(←チャンスがそれなりに与えられてるならともかく…)、ひどいとポイ捨てされるように、夕刊紙に「戦犯」とか名指しされて役立たず呼ばわりされたり、複数年契約を途中で勝手に修正させられたり、もっとひどいと自由契約であり、引退勧告されたり…と、そんな感じにされるような、某「金満な他球団」と同じ轍(てつ)は踏まないぞ、という「獲るんだったらこれほどの選手、引退試合は勿論のこと、引退後の指導者の道などまで最後まで面倒は見るぞ」という過去の千葉ロッテでは見たことがない「何か」を感じるんですよねえ、今回は。

で、当然のこと、丸選手がもし千葉ロッテに来て活躍してくれれば、ドラフト等で獲得した若手が「頑張ればもっと年俸が上がる」というチームになっていけば最良なんすけどね。平沢大河、佐々木千隼、安田尚憲、藤原恭大…など強運なくじ運でドラフトでゲットした若手がパ・リーグを代表する選手になるためのお手本や彼らの牽引役になってくれると嬉しいんですけどね…。

ま、それでも既に丸選手がロッテ以外に入る球団を決めちゃってたらそれはそれで仕方がないから諦めるだけなんすけども。

※さすがにここまで来ると丸選手、広島にFA残留という道はないんだろうかね。個人的には彼にとってはそれが最も最良だと思うんだけど…。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ