西岡剛「ロッテに戻りたい」←その気持ちはわからんでもないが…(^_^;)

阪神戦力外の西岡が激白「ロッテに戻りたい」13日運命の合同トライアウト(スポニチ)

いやあこれはまた実にビミョーな記事が…。

12球団合同トライアウトが、13日にタマスタ筑後(福岡)で行われる。投手、野手計47選手が参加予定。戦力外を通告されている選手は、トライアウト終了後に各球団との契約が可能となる。今季限りで阪神を戦力外となり、トライアウトに臨む西岡剛内野手(34)がスポニチ本紙の取材に応じ、現在の心境を激白した。

 10月1日に戦力外通告を受けてから1カ月強。日米通算1241安打を誇る西岡が、トライアウトの舞台に立つことを決めた。

 「現役を続ける意思を固めた以上、受けない理由はない。クビになったんですから実績は関係ありません」と話すと、心の中にある熱い思いを吐き出した。

 「選べる立場ではないのは分かっているが、どこでプレーしたいんだと言われればロッテに戻りたい。それが僕の素直な気持ちです。育ててもらったロッテでユニホームを脱ぎたい」。高卒でロッテに入団。10年には首位打者を獲得して主将として日本一に導き、海を渡った。裏切り者扱いを覚悟した優勝パレード。ファンが「頑張って!いつか戻ってこいよ」と送り出してくれた光景を忘れた日はない。阪神時代の16年に左アキレス腱断裂の大ケガを負いながら、懸命なリハビリでグラウンドに戻ってきた。

 この1カ月間、誰もいない甲子園の室内練習場で、たった一人で練習を続けた。「来年ユニホームを着られるんやろうか」。不安が押し寄せることがあっても「この経験ができたことはラッキーだ」と前向きに捉えた。

 福岡入りした11日、今季開幕前に自律神経の病気でソフトバンクを退団した川崎宗則さん(37)が練習相手を買って出てくれた。06年WBCで二遊間を組んだ兄貴分。「おまえの生き方が好きだ。俺のためにも頑張ってくれ」という川崎さんの言葉を胸に刻み「ムネリンの存在が僕にもう一つスイッチを入れてくれた」と感謝した。

 「プロ野球選手になりたいという目標と、その中でもロッテに戻りたいという目標を持ってやります」。変わらない目の輝きと、強い気持ち。西岡が最後のアピールに懸ける。

気持ちはわからんではないが、その西岡剛が抜けた穴を、当時ルーキーだった鈴木大地がそれこそ死ぬ思いでトレーニングに励んで内野手のポジションを死守してゴールデングラブ賞を取るような守備の名手に育った上に、西岡剛がつけてた7番を今は背負って、更に去年までは同じようにキャプテンまでやってただけに、あくまでも個人的には、そんな西岡剛と鈴木大地が「競争」するのはあまり見たくない…ような気がする。

と同時に思うのは、ダイエーからメジャーに行って日本に帰ってくる時に千葉ロッテに声を掛けられ、そして千葉ロッテで現役生活を終えて今は監督をやっている井口資仁は、例えば将来の「監督手形」のような条件保証をされたとしても、おそらく「頑張ってこいよ」と送り出してくれたダイエーの後継のソフトバンクのファンに対する後ろめたさや申し訳無さは少なからずあったでしょうね。でも逆にそれを励みにしてソフトバンク戦では何度もいい場面でホームランやタイムリーヒットを打って敵を唸らせてたのも事実だしで。

それらを思うと、西岡剛の気持ちはわからんではないけど…でも取れないだろうなという感じがしてならないなあ。今江敏晃(年晶)のようにFAで楽天へ、デスパイネのようにマネーゲームに競り負けてソフバンへ…のように直接、ロッテから移籍したんだったらまだ気持ちの切り替えはできるんだけどね。「他チームに行っちゃった」と「日本に帰ってきたけど戻ってこなかった」の差だなあ。

スポンサーリンク

で、千葉ロッテの球団社長は「否定」してますが…。

ロッテ球団幹部 西岡獲得を否定「井口監督のもと新しいチームに生まれ変わろうとしている」(スポニチ)

と思ってたら、千葉ロッテの球団本部長が「獲得を否定」とのことで。

ロッテの林信平球団本部長は13日、この日付の本紙で「選べる立場ではないのは分かっているが、どこでプレーしたいんだと言われればロッテに戻りたい。それが僕の素直な気持ちです。育ててもらったロッテでユニホームを脱ぎたい」とロッテ復帰を熱望した前阪神・西岡剛内野手(34)について「井口監督のもと新しいチームに生まれ変わろうとしている。われわれはファンの期待に応えるチーム作りをしていきたい」と獲得を否定した。

 ただ、10年には首位打者を獲得し、主将として日本一に導いた功労者だけに「彼の野球人生。思う存分、やり切ってほしい」とエールを送っていた。

怪我(左アキレス腱断裂)の状況と回復具合もあるしで。

なのでよほど、例えばかつての中村紀洋選手が落合監督時代の中日に「拾われた」時ぐらいの、最初は育成契約からスタートとか、年俸が1軍で最低限ぐらいの+出来高払いみたいなとこから「這い上がる」覚悟があれば…、もしかしたら千葉ロッテの支配下選手の人数(確か他チームよりかは少ないんすわ)の兼ね合いで「じゃあ試しにキャンプでテストしてやろうか」みたいな話にはなるかもしれませんけどね。その上で「もう後がない」ってことで背番号が「70」(支配下選手登録が70人なので)とかで…。

その上で、代打・代走・守備固めなども含めて、どこまで「泥臭く」心機一転の気持ちでプレーその他ができるかは見てみたいですけどね。

例えばZOZOマリンで勝利した時の「We are!!」とかは、毎度皆勤の鈴木大地やアジャ井上に混じって、平沢大河や藤岡裕大などの若手と肩を組んで飛び跳ねてる「ベテランの」西岡剛…みたいなのは、それは見てみたいかもないな。その上で大地に「剛さん、行きましょう」って言われて他の若手と肩くんで率先して外野に飛び出すぐらいの若手の頃の気持ちはさすがに欲しい。もっともその前に今の彼が、体力・年齢で1軍でプレーできるだけのものがあるのかどうかはわかんないけども。

でもその上で、キャンプでのテストなどを経ての入団が認められて、もしそういう機会が与えられたとしたら、「これが最後の1年だ、もしかしたらこれが現役最後の試合だ」という気持ちで必死に頑張ってほしいとは思いますね。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ