【千葉ロッテ】昨日の時点で、まだ優勝の可能性があったことに驚いた(爆)

ロッテV完全消滅 井口監督「上を向いてやってほしい」(スポニチ)

昨日は家族の入院の緊急搬送や付き添いなどで試合を見れず(22時半にバタンキューで寝てました)、朝っぱらにハイライト動画やパ・リーグTVのイニング動画を見て確認したんすけどね…。

ロッテは4連敗で20試合を残し、優勝の可能性が消滅した。試合前、井口監督は「開幕に入った気持ちでもう一度、やろう」と選手たちに呼びかけたが、4回無死、岡が移籍後1号ソロを放ちながら楽天の2年目・藤平に3安打完投を許した。

 最下位の楽天とは3.5ゲーム差。「やることは最後まで一緒。個人記録は残る。少し、しゅんとなっている選手もいるけど上を向いてやってほしい」と指揮官は奮起を期待していた。

うーん、ロッテ21連勝、西武21連敗とかみたいな天文学的な数字上であれば、の話なんでしょうけど、

まだ優勝の可能性って残ってたことにびっくり(爆)

いやそりゃ無理だわ。打てねえもん。

昨日も書いたけどドラフト戦略があまりにも「即戦力な投手偏重」が過ぎたツケなのか、それとも打撃コーチ(今年から就任した金森氏ではなくその前の方々)の教え方が、コツコツ打って打って…であまりにも長打力を軽視しすぎてホームランが出ないような打線になっちゃったのか…は知らないけど、折角6-8回あたりまでに3-4失点で切り抜けられる先発ローテ候補の投手が育ってるだけに(←ま、そのためのドラフト戦略だったんでしょうけども)、なんとも惜しい。

スポンサーリンク

「来年が懸かってる」岡選手のホームランは良かったね…。

ロッテ岡が移籍後初本塁打 ベンチでは仲間から“完全無視”で祝福(フルカウント)

そんな中、日ハムからトレードでやってきた岡選手の移籍後初本塁打がこの試合で出ました。レフトスタンドにホームランを打てる選手がロッテにほとんどいないからなあ、アジャ井上ぐらいか…。

■ロッテ – 楽天(17日・ZOZOマリン)

 ロッテの岡大海外野手が移籍後初本塁打を放った。17日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた楽天戦。4回の第2打席で左翼スタンドへのソロ本塁打を放った。

 今季途中にトレードで日本ハムからロッテへ移籍した岡が、嬉しい移籍後初本塁打を放った。4点ビハインドで迎えた4回、先頭で打席に入ると、1ストライクからの2球目、楽天先発・藤平の真っ直ぐを捉えると、打球は左翼スタンドへと飛び込むソロ本塁打となった。

 反撃の狼煙をあげる一発。ダイヤモンドを一周し、ベンチへと戻ってきた岡だったが、チームメートたちは完全に“無視”。メジャー流の「サイレントトリートメント」に岡は苦笑い。ベンチへと下がると、ひと呼吸おいて、仲間たちからの祝福を受けていた。

しかもサイレントリートメントまで(苦笑)

いやあ完全にチームに溶け込んでるなあ(笑)。

とはいえ、岡選手とはいえ結果が出なければ今年は(荻野貴司選手の怪我による欠場の代わりを十二分に果たしてるから)大丈夫かもしれないけど、やはりトレード組だから「結果を残さなきゃ切られてしまう」危機感はあるでしょうし、こういう危機感を持った1-2軍を行ったり来たりしてる選手たちの奮起もそろそろ見たいなあとは思いますね。ずーっと1軍の試合に出ていてここしばらく打ててない選手も少なくないだけに。

…にしても、優勝消滅どころか最下位のピンチぢゃね?千葉ロッテ(;゚Д゚)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ