【千葉ロッテ】ZOZOマリン大改修もいいけどさ、やはり育成・補強も(以下略)

ロッテ、ZOZOマリン改修発表、新3席種設置 ダイナミックに試合観戦が可能に(Full-Count)

しかしまーあの手この手といろいろと考えるもんだ。その分、しっかり選手も育成・補強する資金提供もしろよ、ロッテ?(苦笑)

ダグアウトボックス、サブマリン・シート、ホームランラグーンを新設

 ロッテは、臨場感溢れるボールパークの実現を目的にZOZOマリンスタジアムを改修し、2019年シーズンから新たな座席を設置することになったと発表した。今回新たに設置するのは3席種計746席(2018年現在の収容人数は3万60人)。いずれも、これまで踏み入れることのできなかったグラウンドレベルに隣接し、選手の白熱のプレーをより間近に、ダイナミックに試合観戦することが可能になるという。

 また、この改修を機に外野席にある既存金網フェンスの高さを低くすることで外野席からの視界改善を行い、これまで以上に観戦・応援しやすい環境を作るとも発表。改修は今年11月から開始し、2019年2月末に完了。3月のオープン戦から使用する予定となっている。シートの値段設定については、決まり次第、発表となる。

 3席種の新設置は以下の通り。

(1)ダグアウトボックス(一、三塁)

 計100席予定。ダグアウト真後ろ上部にグループ席(5人席)を設置。ダグアウトにいる選手が間近で、チームと一体感を味わえる席となる。

(2)サブマリン・シート(一、三塁)

 計344席予定。よりグラウンドにせり出したことで、今まで踏み入れることのなかったエリアで観戦できる。グラウンドを約1メートル掘って設置するため、今までのZOZOマリンには無かったグラウンドレベルの目線となる。座席にはテーブルが付く。最大で約6メートル、グラウンドにせり出す予定。

(3)ホームランラグーン(ライト、レフト)

 計302席予定。外野席初のグラウンドにせり出した観客席を設置。最大で既存フェンスより4メートル前にフェンスが出る。観客席は選手と同じグラウンドの高さに位置し、まるで外野手になったかのような雰囲気で楽しめる観客席となる。足元にはグラウンドと同じ人工芝が敷かれており、全席テーブル付きで1名席、4名席、6名席のラインナップで販売する。

 また、一部既存席の観戦環境の変更については以下の通り。

(1)外野席の最前列にある金網フェンスを現在の約2.3メートルから約1.1メートルに低くし、フェンス越しの観戦環境を改善。

(2)フィールドウイング・シートの最前列にある防球ネットを撤去(一部除く)し、サブマリン・シートに新設。

(3)ダグアウト真裏のS席エリアの最前列にある一部の防球ネットを撤去(一部除く)し、ダグアウトボックスに新設。ダグアウト(一、三塁側チームベンチ)は現状の場所からグラウンド側に5メートルせり出す。

一応、ホームランテラス席の話は以前も紹介したことはあるんですけども、

【千葉ロッテ】ZOZOマリンにも「ホームランテラス席」を作るらしい(苦笑)(2018/07/16付)

これでもロッテのホームラン数はほとんど増えねえで、相手チームのホームランばっかが増えそうな予感しかしないから本当にロッテは(泣)

スポンサーリンク

種市投手は良かったんだが、打線とリリーフの内がまた…。

井口監督「2点しか…」打線組み替え実らず4連敗(日刊スポーツ)

昨日は朝からクイズサークルの定例会に行ってたので、帰宅後結果を見た時に「ん、土曜日の結果か?」と一瞬見間違える始末で(爆)

<日本ハム3-2ロッテ>◇2日◇ZOZOマリン

ロッテは9回にクローザー内竜也投手(33)が日本ハム西川に決勝ソロを浴び、同一カード3連敗を喫した。内は2試合連続の黒星で、チームは4連敗。借金8となった。

中村奨吾内野手(26)を2年ぶりに1番で起用するなど打線を組み替えたが2点止まり。先発の種市篤暉投手(19)は5回2安打無失点と好投したが、プロ初勝利はならなかった。

井口資仁監督(43)は「(種市は)いいピッチングでしたね。100球近く投げて非常にいいピッチングだった。次回も今日みたいなピッチングをしてくれたら。何とか白星を付けてあげたかったが、7、8、9回と勝ちパターンだったので、あそこで逃げ切らないといけなかった。(打順組み替えは)持ち場持ち場で、打順というより回ってきた時の役割が大事。下位でチャンスをつくって、2点しか取れなかった」と言った。

しかし10数年前のロッテ打線って、8番9番でも怖い選手がいて、4番に座ってたサブローよりも恐ろしい、みたいなチームだったんですけども、本当に今は下位打線が下位打線だからなあ…。ただ、1番・中村奨吾は悪くないと思いますけどね。もしくはもうちょっと打てるようになれば平沢大河や藤岡裕大を据えても、と。

そのかわり、勝ち星には恵まれてないけど、二木、有吉、酒居などの若手に続いて種市もなかなかいいピッチングをしてたのは何より。後で動画ハイライトを見たんですが、うーん、願わくば7-8回まで投げられるようなピッチャーになってくれれば嬉しいです、はい。

で、結局、あのサマーユニフォームで挑んだホームの試合、ほとんど勝った記憶がないんだけどな(大汗)。7月7日の日ハム戦の時はアジャ井上や平沢大河がホームランを打って、ボルシンガー様で勝ったんだけど、あれ含めて数試合ぐらいしかないんでは??(^_^;)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ