【千葉ロッテ】ロッテの新旧左腕対決。土肥投手、プロ初勝利おめでとう(笑)

6回途中4安打2失点。千葉ロッテ2年目左腕がうれしいプロ初勝利(パ・リーグ・インサイト)

今日は日ハム3連戦の3戦目。ロッテが土肥、日ハムがトレードで移籍した藤岡貴裕…という、千葉ロッテからすれば「新旧左腕対決」でした。いやあプロ初勝利かー、おめでとうおめでとう(感涙)

8月16日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの一戦は、6対2で千葉ロッテが勝利。先発の土肥投手が、プロ2年目でうれしい初勝利をマークした。

6月3日の広島戦以来となる一軍のマウンドに上がった土肥投手は、初回に中田選手に2ランを被弾したものの、その後は落ち着いたピッチングで北海道日本ハム打線を抑えていく。5回2/3を投げて2失点と好投し、奪三振こそ2つながら被安打4、四球1と安定した投球内容で試合を作った。

野手陣も計6得点を奪って土肥投手を援護し、ブルペン陣も無失点リリーフを見せて相手打線に反撃を許さず。試合はリードを守り切った千葉ロッテが6対2で勝利し、土肥投手は通算22試合目の登板で、念願のプロ初勝利を手にすることになった。

ルーキーイヤーの昨季は中継ぎとしての登板が主だったが、先発投手として新境地を開拓したプロ2年目の今季、ひとつの勲章を手にした土肥投手。先発左腕が不足するチーム事情もあって、今後のさらなる活躍が期待される。

まあ中田翔に先制弾食らったのは仕方ないとしても、打撃陣がしっかり援護してくれて逆転してくれたのは大きかったですね。それと後から投げた大谷・岩下・松永・内がそれぞれ無失点で逃げ切ってくれた(特に9回の横尾の三塁への併殺打はお見事でした)のは、土肥の勝ちが消えなくて本当によかった…(涙)

とにかく記事にも書いてある通り、千葉ロッテは本当に左腕投手、特に先発ができる左腕が致命的に足りてない(本当は日ハムにトレードされた藤岡貴裕がその役を担うはずだったんだが…)んで、ぜひともエース・涌井および五右衛門が離脱している今、与えられたチャンスをしっかり掴んで次もナイスピッチングを期待してますです。

スポンサーリンク

図らずとも「トレード対決」および「藤岡対決」が(苦笑)

トレード対決、「藤岡」対決はいずれも千葉ロッテに軍配(パ・リーグ・インサイト)

そして奇しくも、

トレードされた者同士(藤岡貴裕対岡大海)、そして藤岡貴裕対藤岡裕大の「藤岡対決」も見られた…んですが、どっちもロッテの方が軍配を上げる活躍っぷりでした。

8月16日、札幌ドームで行われている北海道日本ハムと千葉ロッテの一戦。千葉ロッテが2点ビハインドの3回表に猛攻を見せ、試合をひっくり返した。

2点を追う3回表、千葉ロッテの攻撃。無死1塁で打席に立ったのは9番・岡選手で、相手投手は交換トレードの相手・藤岡投手。因縁の対決となったが、岡選手は8月1日以来となる移籍後2本目の安打を放って意地を見せ、無死1,3塁とチャンスを拡大する。

そして続く平沢選手が同点打を放って試合を振り出しに戻すと、無死2塁のチャンスで、今度は藤岡裕選手が打席に。電撃トレードによって実現した「藤岡対決」は打者の藤岡裕選手に軍配が上がり、適時三塁打で逆転に成功。さらに3番の中村選手が抜け目なく犠飛を放って追加点を挙げ、千葉ロッテがこのイニングだけで4点を奪った。

それにしても凄いなあと思うのは、栗山監督もすぐに藤岡貴裕に1軍の先発チャンスを与えるとこだと思うんですけどね…。

中田翔が先制弾を打った後に、

平沢大河の2点タイムリーで追いついたりと。この後に藤岡裕大が3ベースヒットを打って逆転するんですね。

それと、藤岡裕大は、

どえらい強肩を見せてくれてましたし。中田翔の内野安打をショートゴロに仕留めて土肥を助けてくれましたわ…。

鈴木大地との大学およびプロでの同期対決も見れましたし(笑)

で、トレードされた者同士の対決としては、岡が今日は3安打の猛打賞。もともとロッテに合いそうなタイプの選手だなあとはちょっと思ってたんですが、金森コーチの指導で打ち方を替えたりとかも工夫もしてるそうですし、もっとガンガン打って平沢大河と共に塁をかき回すような選手になってほしいですね。

しかし連敗続きだった千葉ロッテ、日ハム3連戦を勝ち越せてよかったっすわ…。明日からはビジターでの楽天3連戦。後半戦に入って息を吹き返してきた楽天だけに油断は全くできないですなー。移動日無しで札幌→仙台への移動で疲労もたまりそうですけど、何卒体調管理なども気をつけて…。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ