【千葉ロッテ】遂にコバマサコーチと清水直行コーチを配置転換しましたか…。

ロッテ 新方程式ズバリ!ブルペン陣をテコ入れ 8回・松永→9回内(スポニチ)

さすがにここに来て何度も救援陣が失敗してるだけにコーチの配置転換は必要だろうなとは思ってたけど…遂に決断したんだな、井口監督。

3―1の8回、日本ハム右打者の中田、レアードの打順でロッテ・井口監督は不調の益田ではなく、左腕・松永を送って無失点。9回は7日に1軍復帰した内が、7月10日の西武戦以来35日ぶりのセーブ。

 「8回は松永と決めていた」と指揮官は新方程式に満足げ。この日から元守護神・小林投手コーチをブルペンへ、元エースの清水投手コーチはベンチと得意分野へ配置転換。5連敗中3度逆転負けを喫したブルペン陣をテコ入れし、4位に浮上した。

まあ単純にいえば、コバマサコーチは現役時代、新人の2-3年目の時点で先発投手失格の烙印を押されて中継ぎ・抑えに回って「幕張の防波堤」とか言われるぐらいの名クローザーにまでなった投手ですし、逆に清水直行コーチは今でいうとこの涌井や五右衛門のような先発ローテの1番手で投げてた「ロッテのエース」でしたからね(やはり今の涌井同様、相手の投手もエース級で打線の援護がなくて苦労してましたけど)。

個人的にはここまで中継ぎ・抑えを酷使し続けちゃって試合を落としてるがゆえにコバマサコーチなんかは2軍に配置転換もやむ無し…と思ってたんですが、そこは「中継ぎ・抑えをやってたから現役選手の気持ちはわかるだろう」ということで1軍のブルペンへと配置転換させたという次第で。まあここ数年は苦労している益田、中継ぎに転向した唐川…あたりとは腹を割って話をして心構えとかを伝授しつつ、良い意味でコミュニケーションを取っていってくれれば嬉しいですわ。勿論、清水コーチにも先発投手のケアを頼むです。

スポンサーリンク

良かったね…有吉投手。

ロッテ・有吉 粘投6月27日以来の4勝目 前回足つるもこの日は「涼しかったのでよかった」(スポニチ)

いやあ良かったね…やっと好投が報われた(感涙)

ロッテの有吉優樹投手(28)が、14日の日本ハム戦(札幌ドーム)で6回1/31失点と粘り、6月27日の楽天戦以来となる4勝目を手にした。

 「勝てたことはうれしい。前半、四球を出したし、調子はそれほどよくなかった」と反省しきりだったが、前回1日の同カード(帯広)は足をつり、7回1失点で降板していただけに「きょうは(札幌ドームで)涼しかったのでよかった」と言って笑った。

と思うと、やはり将来的にはZOZOマリン(か、完全に新築した幕張界隈の新球場)は、開閉式の屋根は欲しいよなあとは思う今日この頃。しかし有吉とか二木とかは毎度毎度好投してるのに、後ろが崩れて勝ちがつかないってのを繰り返されていて、精神力鍛えられてるなあ…と、感心するやら同情も禁じ得ないやら(苦笑)

で、今日も日ハム戦です。予告先発では2年目の酒居投手だそうですが…完投は無理かもしれないけど、できるだけ長く投げて中継ぎ・抑えの面々を休ませてほしいですね。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ