【千葉ロッテ】中継ぎの益田、今度はボルシンガー様の勝ちをぶっ潰すとは(怒)

オリ安達の8月初安打となる逆転打で3連勝! 4位ロッテとのゲーム差は0.5(フルカウント)

ことごとく先発投手の頑張りをぶっ潰すロッテの中継ぎ・抑えの連中、今度は6回2失点のボルシンガー様の勝ちを8回からのセットアッパー・益田が四球四球死球痛打痛打の4失点で一気にぶっ潰しやがって…。

1点を追う8回2死満塁から中越えに走者一掃のタイムリー三塁打

■オリックス 6-3 ロッテ(11日・京セラドーム)

 オリックスは11日、本拠地でのロッテ戦を6-3で勝利した。1点を追う8回に安達が走者一掃のタイムリー三塁打で逆転勝ちし4位ロッテとのゲーム差を0.5に縮めた。

 ロッテ先発のボルシンガーから序盤に2点を奪ったが、先発のローチが3回3失点で降板する苦しい展開。1点ビハインドで迎えた8回。2死満塁から安達が中越えに走者一掃のタイムリー三塁打、さらに武田の左前タイムリーでこの回一挙4点を奪い逆転に成功した。

 9回は守護神・増井が締めチームは6月15日のDeNA戦以来となる3連勝をマーク。ロッテはセットアッパーの益田がまさかの4失点と誤算。チームは4連敗となった。

というか、益田もうこれで6敗目だろう?抑えの内達也もそうだけど、何度このパターンでやられてたんだか。

スポンサーリンク

ボル様の好投も、中村奨吾のファインプレーもこれで全て台無し。

ボル様とて序盤は2失点食らったりと、それほど調子はよい出だしではなかったんですけども、尻上がりに調子を上げてきて7回から若手の岩下にスイッチして、その岩下がピンチを迎えたんですが、

中村奨吾のファインプレーでダブルプレーにして、同点ないし逆転のピンチを救ってくれたんですけどね。

これすら益田が台無しにしちゃって…。いずれにしても益田、8回裏の出だしから、四球・四球・バント(で2-3塁)・死球(で満塁)で、大城は三振に取って2死満塁って自ら招いたピンチをどうすんのかなあと思ってたら、

逆転タイムリー3ベースでランナー全員生還、ですもの。これはもう話にならない。

抑えの内が連続で痛打されて2軍でリレフレッシュしてきたような感じで、当面2軍に行ったほうがいいと思うわ。どっちにしても益田が自分で自分を追い込んでるんだもの。最初の四球・四球・死球はどう考えても「余計」でしょう。それが中継ぎ陣の酷使が原因なのか、去年同様、長年50-60試合以上登板している金属疲労的なものなのかは知らないけど…、ここまで先発陣が好投していても、勝ちを平気で消しちゃう脆弱な中継ぎ・抑えは勝負にならないですわ。今季、何回このパターンで先発陣の勝ちを消しちゃったんだろうなほんとうに。

だったらまた昨日みたいに二木に完投させて負け投手の方が、打撃陣がただ反省しきりで、二木はよくやった、次に繋がるねという意味での「育成」にもなるでしょうよ。で、9回なんかはオリックスの増井が出てきて「はい、(飲み屋でいうとこの)カンバンです」とばかりに代打・福浦でお茶を濁して…という実に淡白な攻撃であっさり終了してましたしね。これはさすがに士気としてもまずいでしょうな。

とりあえず手始めに、1軍投手コーチのコバマサを2軍に配置転換でもさせたらどうです?どー考えてもあのコーチが投手陣を把握してるとは到底思えねえ…。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ