【千葉ロッテ】エース・涌井2軍調整へ。ひとまず調整がてらリフレッシュも…。

【ロッテ】涌井、2軍調整へ…小林コーチ「本来の姿ではないかなという判断」(スポーツ報知)

五右衛門もそうだが、やはり長いシーズンこういう事は一度や二度ぐらいは必要かなとは思いますね。まあ五右衛門は結果としては2軍で練習中に足を捻挫しちゃったんだけど(大汗)

↓ちなみに今日は試合がなくて、明日からビジターでオリックス戦です。

ロッテ・涌井秀章投手(32)の出場選手登録抹消が9日、決まった。今季はここまで18試合で5勝7敗、防御率3・90。クオリティースタート(6回以上自責3以下)は11試合をマークするなど、先発ローテとしての役割は果たしてきたが、本来のパフォーマンスが発揮出来ていないとの理由でファーム調整に入る。

 小林投手コーチは8日の練習後に涌井が井口監督ら首脳陣と話し合いを行ったことを明かし、「(状態は)悪くはないけど、本来の姿ではないかなという判断。本人と話をしてちょっと離れた方がいい練習ができるんじゃないかとなった」と説明。最速で10日後の再登録も可能だが、「期限を決めてしまうと再調整の意味がなくなってしまう」と、あえて“無期限”で調整期間を設けるとした。

 「(けがなど)どこかが悪いわけではないので、ゲームに投げながら、しっかり投げるところは投げて(調整)してもらう。いい軌道修正になるんじゃないかなというタイミング。これから10年以上現役してもらわないといけないんですから。8月後半から9月に入って絶対に必要になってくる」とエースの“完全復活”に期待を寄せ、送り出した。

しかしまー、涌井に関しては西武からFAでロッテに来ていこう、何度も「好投してるんだけど、相手のピッチャーも好投してて打線の援護がない」とか「肝心な場面でちょいとしたミスで失点して僅差で敗れたり、勝ち投手がつかなかったり」で、散々苦労してますしね。

特に今季は、ボルシンガー様以外の先発投手が、中継ぎ・抑えが打たれて7-8回まで好投してたのにそこから逆転されたりと、そりゃ同僚だからさすがに文句を言ったり怒ったりはできないでしょうが、そういう意味では昨季のぶっちぎりの最下位だった時とはまったく別の意味で「堪えてる」一年かなあって思いますけどね。

ひとまずエースのいない、更に準エース格の五右衛門がいないという緊急事態(?)、とはいえここ数年のドラフトで即戦力として獲得した大卒・社会人の先発型投手にとってはこの上ない「チャンス」でしょうし、ここしばらく好投が続いている二木・有吉はもとより、関谷とか酒居とか更に2軍で結果を出している活きの良さそうなピッチャーを抜擢して乗り切って欲しいなあとは思いますです。

スポンサーリンク

昨日はアジャ井上の月間MVPの記者会見も行われてました。

ロッテ井口監督、月間MVP初受賞の井上を称賛「いろんな意味の成長だと思う」(フルカウント)

去年までの伊東監督だったらスタメンから外されてる場面も多々あったろうに、そこは井口監督が堪えて使い続けたのも良かったのかなと思いますね。そして金森コーチの指導なども。

キャリアハイの活躍に「これだけやれる選手だって僕は思ってました」

ロッテの井口資仁監督が8日、同日に7月度「日本生命月間MVP賞」を受賞した井上晴哉内野手を称えた。

井上は7月にチームの全20試合に出場し、打率.400、7本塁打、23打点の活躍。18試合で出塁し、マルチヒットを8試合で記録した他、5本の先制打、3本の勝ち越し打、2本の同点打と勝負強さを見せつけた。

「これだけやれる選手だって、僕は思ってました」という指揮官は、「ボール球を追いかけなくなったし、コンパクトにバットを振れるようになったんで、打率もホームラン数も出てきていると思います。試合に出続けていることで、結果もそうですすけど、自信が自分の中に出てきた」と技術面と精神面での成長を指摘。「これは本人の努力だったり、いろんな意味の成長だと思う。引き続きシーズン最後まで自分がどれだけできるのかトライしていってほしい」と称えると同時にエールを送った。

 チームはこの日、台風13号の影響で本拠地ソフトバンク戦が中止となり、室内で練習を行った。前日は接戦を落とし、借金2となったが、まだまだクライマックスシリーズ出場をかけた混戦の真っ只中。今季は悪天候の影響で中止となった試合も多く、9月、10月と過密スケジュールが予測されるが、「いい位置にいればそれだけのモチベーションの中で試合ができる。緊張感のある中で。そういう意味ではあまり連戦っていうのは関係ないと僕の中では思っていますし、そういう時だからいいパフォーマンスができるんじゃないかと思っています」と、これから訪れる正念場を心待ちにした。

いずれにしてもよかったよかった…。

まあ、個人的には、あと1人ぐらいスタメンで「チャンスが有れば、初球から好きに打っていいよ」的な選手を作ってくれると嬉しいかな、とは思いますね。今の面々でいえば、平沢大河かなあとは思うんですけど(起用されるんだったらドミンゲスもそうなんですけど)。4-5番あたりにアジャ井上がいて、8-9番あたりにノビノビ打てる平沢大河がシーズンで20本ぐらいホームラン「も」打てる打者になるとこれが楽しみなんですけど…も、やはりチーム戦略的には難しいんでしょうね。大河のさらなる成長と、ルーキー安田君の台頭を待つしかないかなあ(苦笑)

もしくはバントがお世辞にもあまりうまくないキャッチャー田村に「意外性のお前に任せる」とかでも(笑)

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ