【千葉ロッテ】井口監督「入れ替えも考えます」→選手もだがコーチもな(爆)

ロッテ中継ぎ炎上で4連敗 井口監督「入れ替えも考えます」(スポニチ)

内や益田は本当にお疲れ様って感じなんだけど…7-8回まで好投してた先発投手陣がもうキレてそうで怖い。

ロッテは8回まで6点リードしていたが、継投に入った8回に松永、田中で5失点。1点差の9回は不調の内に代わってクローザーを務めた益田も踏ん張れず、左足首捻挫で7月11日以来の先発だった有吉の7回1失点の好投に報いられなかった。

 今季6度目となるサヨナラ負けで4連敗。借金は2に膨らんだ。帯広では過去4戦全敗。中継ぎ陣は4試合連続失点となり、井口監督は「入れ替えも考えます」と守護神不在の苦境に唇をかんだ。

入れ替え…ねえ。それは勿論コーチ陣も当然含まれるんだろうな?(皮肉)

ところでシェッパーズとかはどうなってんだろう。相変わらず2軍でも力みすぎてストライクが入らねえ、みたいな感じなんだろうか。それだとさすがに1軍でも肝心要な部分では使えないけど、もし結果を出してるんだったらシェッパーズを含めて2軍の活きが良い選手を試せばいいのにな。でも思うに、

選手も首脳陣も「適材適所」

ってのは必要だと思うんスけどね。新人監督の井口氏からは言いにくい言葉かもしれないけどさ…。

スポンサーリンク

7回1失点の有吉投手と、あわやサイクルの中村奨吾選手は惜しかった。

ロッテ中村奨吾惜しくもサイクル安打逃す(日刊スポーツ)

ただそれはそれとして、7回まで好投した有吉と、昨日はあわやサイクルヒットなとこまで打ちまくった中村奨吾には感謝。

<日本ハム8-7ロッテ>◇1日◇帯広

 ロッテ中村奨吾内野手がプロ野球68人、73度目のサイクル安打をおしくも逃した。達成すれば球団では2007年9月22日に楽天戦で達成したフリオ・ズレータ内野手以来11年ぶりだった。

 中村は1回の第1打席で三振したものの、3回の第2打席で4号2ラン、6回の第3打席で右中間三塁打、8回の第4打席で右二塁打を放ち単打が出れば快挙だったが、9回の第5打席は二塁へのフライに終わった。

 今季サイクル安打は、4月21日の日本ハム戦でソフトバンク柳田悠岐外野手、7月9日の巨人戦でヤクルト山田哲人内野手、同20日の阪神戦でDeNA桑原将志外野手が達成している。

 チームは7-8でサヨナラ負けを喫し、4連敗となった。

今季は、平沢大河も、アジャ井上も「あわやサイクルヒット」をやってるんですが、特にアジャなんかは最も難しい三塁打をやってのけたのは今から思えば凄いよな、と(確かヒットかツーベースを打てば達成のトコをホームラン打っちゃって達成ならず、という凄まじいオチだったのにはびっくりしましたが(爆))。こんなに打撃陣の援護を貰って、先発の有吉投手も7回まで1失点で投げきったのに「勝てない」というのは、やはり相当深刻なんでしょうね。我々の見えないトコで、首脳陣の内紛とかも起きてそうな感じで怖いんですけど…。

特に中村奨吾に関してはどうしても「活躍した」場面と「やっちまった」場面が両極端で、毀誉褒貶…とまではいかないものの、何かと批判も少なくない選手ではあるんですがここ数年で最も伸びた選手のひとりでもあるので、試合に出続けてること自体が凄いわけですし、疲れを取りつつなんとか気持ちを気分転換させつつ、今後も頑張ってほしいと思いますね、はい。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ