【千葉ロッテ】今日は帯広で、8回表の7-1から大逆転サヨナラ負けの巻。

ロッテ、リリーフ陣大炎上で大逆転サヨナラ負け 日本ハム6点差ひっくり返す(フルカウント)

たぶん身売りするから選手全員大減俸して売却する必要があるんで、八百長野球で負けてるんでしょう?と思うような大逆転負けでした。いやあフツーの8回裏開始の時点で7-1から負けると思うかね、どうしようもねえw

日本ハムは8回に杉谷のソロを足がかりに5点を奪い、9回に逆転

■日本ハム 8-7 ロッテ(1日・帯広)

 ロッテが、またもリリーフ陣が大炎上し、痛恨のサヨナラ負けを喫した。1日、帯広で行われた日本ハム戦。7点リードで迎えた8回に5点を失って1点差に迫られると、9回に益田が近藤、中田に連続適時打を浴びてサヨナラ負けを喫した。

 初回、有吉が中田に先制の適時打を許したが、その直後で逆転に成功した。2死一塁から、トレードで加入した岡が移籍後初安打となる左前安打を放ってリードを広げると、鈴木が2点適時二塁打を放って逆転。3回には四球で出塁した藤岡裕を一塁に置き、中村が4号2ランを放ってリードを広げた。

 6回には角中の犠飛、7回には相手守備の乱れで、8回には加藤の適時打で1点ずつ着実に加点していったロッテ。6点リードの8回に松永、田中、岩下が怒涛の猛反撃を受けて一挙に5失点。1点差に迫られると、9回には内の代役で抑えになっている益田が近藤に同点打、中田にサヨナラ打を浴びた。

 日本ハムは故郷で凱旋登板となった先発の杉浦が3回もたずにノックアウト。ストレートの威力に欠け、2回に逆転を許すと、3回には中村に一発を浴びた。それでも、8回に杉谷の代打本塁打に足がかりに、打者一巡の猛反撃を見せて5点を奪うと、9回に四球の松本を一塁に置いて近藤が右翼線への同点適時三塁打。さらに中田が左翼線を破る適時打を放って、サヨナラ勝ちを収めた。

まあ見てのとおりです。

↑これが、

↑こうなりまして、

↑最後、こうなりました。案の定、松永、田中(靖)、そして益田がまた(以下略)

スポンサーリンク

そりゃ甲府のコアサポのみたいに多数決で(以下略)

なんつーか、昨日の1-14の釧路の試合を観に行ったロッテファン、今日の八百長野球のような負け方をした帯広の試合を見に行ったロッテファン、誤解を恐れずに言えば、チームのバス、囲んでもいいと思うぞ? 

こんなんJリーグの試合で何試合もやられたら、試合後もゴール裏に居残られて、監督やGM吊し上げくらってるっつーの。まあどこぞのチームは監督更迭を多数決で取った馬鹿なコアサポ集団もいましたが…今だったらは「コバマサ、いらねえ人ー??」で多数決取ったら俺も遠隔地だけど両手を上げるわ(爆)

※正直、あのやり方に対しては甲府の「インチャス」というコアサポ集団に対しては否定的な味方をしてますが、まあその気持ち「だけ」はわかりますわ。

で、こないだの8回2死まで完封ペースだった二木同様、7回1失点と好投していた有吉も折角の勝ちを能無しのコバマサコーチと中継ぎ陣に「ぶっ潰され」まして、好投してきた先発陣のモチベーションをダダ落ちさせる始末。

いや、井口よ。もしかしたらコバマサに投手陣のことは丸投げしてんのかもしれないけど、あんなんやられたら、もう誰も勝てねえよ。一日も早く現役時代は「幕張の防波堤」とか呼ばれていたコバマサを2軍に配置転換して、もうちょっと現場をよく見てるコーチに替えた方がいいわ。それで少なくても井口の迷采配に対しては、現役ばりに(?)井口への批難への「防波堤」になってくれるんだったら、コバマサもありがたく犠牲になってくれるでしょうよ…。

しかしこれで千葉ロッテは誰も補強ナシってのも凄いよな。やはりZOZOの社長の先日のツイートは、ロッテからの買収の最終局面を迎えてる…のかもしれないな。

あれがあったのが確か7月17日。それ以降、オリックス戦以外はほぼ全試合、どうでもいいミス(野手のエラーや好投してる先発投手を下ろしてから中継ぎが炎上して勝ちを消しているコーチ陣の起用方法も含む)や自滅で試合を落としてますもの。いずれにしてもここしばらくは毎日がクソ試合。果たしてこれがいつまで続くことやら…。

あ、ただひとつ良かったーねと思ったのは、

中村奨吾があわやサイクルヒットか?という本塁打・三塁打・二塁打…と打ちまくってたことか。本当だったらあんたが面目躍如でヒーローインタビューの場に立ってたはずだったんだけどな。今度のボル様の試合の時もそんぐらい頼むよ。