【千葉ロッテ】あの状態で五右衛門を先発・大炎上させた首脳陣がただのアホ。

ロッテ石川 右肩異常再発か 2/3回10失点、自力V消滅(スポニチ)

そりゃ自力優勝も消滅するわ。あんな選手の使い方をすりゃ勝てるものも勝てないし、負けてる試合をひっくり返すのは無理。

石川が不名誉な記録でプロ最短KOされた。直球が走らず2/3回で11安打を浴び、自己ワースト10失点。1イニング11被安打はプロ野球ワーストタイ記録となった。

 「序盤に(試合を)壊してしまった。(原因は)肩じゃないかと思います」。24日のソフトバンク戦では右肩の異常で2回2失点で交代した。中6日で復帰したが、再発。井口監督は「一度、飛ばします」と明言し、1日に出場選手登録を外れる。3連敗で借金1。首位・西武の勝利で自力優勝がなくなった。

 ≪11被安打はプロ野球ワーストタイ≫

石川(ロ)が初回に11被安打で10失点。イニング11被安打は86年6月3日広島戦の9回に高橋一彦(大洋)が記録したのに並ぶプロ野球ワーストタイ。パでは97年6月27日西武戦の初回にミラッキ(近鉄)、11年6月5日ヤクルト戦の4回に片山博視(楽)が喫した10被安打を上回るワースト新記録になった。イニング2桁失点は5月31日西武戦で薮田(広=10失点)が喫して以来プロ野球20人目。ロッテでは初めてだ。なお、イニング最多失点は46年7月15日グレートリング戦で内藤幸三(ゴールドスター)が記録した12失点。

ま、昨日は2番手の西野もアレだったし、3番手の関谷のロングリリーフは4イニングで被安打が2本でかなり良くて「これはもしかしたら1軍で使えるかもしれん」と思った反面、4番目の大谷が(以下略)。

スポンサーリンク

早いとこ、コバマサコーチを2軍に配置転換でもしろよ?

しかし五右衛門は本当に大丈夫だろうか。あれだけスピードが出てないストレートだったらそりゃ日ハム打線も撃ちまくるわ、というぐらいひどかったんすけど…。というか、マウンドに上る前に五右衛門のことをしっかり見定めてから公式戦のマウンドに送り込んでるハズの投手コーチは何をやってたんだろう。1軍のブルペン担当の清水直行もそうだが、1軍の投手陣を統括してるハズのコバマサも。

というか、通常、あんなに打たれたら6失点ぐらいで「あれはおかしい」って交代させるだろうし、投手コーチがマウンドに一度足を運ぶもんじゃないのか?

それを

炎上を放置・恥辱プレイの挙句、懲罰交代という前近代的な根性野球

しかできないんだったら、コバマサも清水直行もいらないと思うけどな? 二軍の投手コーチとごそっと入れ替えたほうがいいと思うわ。早いとこ身売りでもされて、然るべき補強をしっかりしてくれる新しい親会社さん(それがZOZOさんか、LIXILさんかはさておいて…)のもとでロッテOBのお友達人事を一掃してくれって感じ。

つーか、コバマサに関しては、先週のソフトバンク戦で8回2死まで完封で投げてた二木をマウンドから下ろして、最後は9回に4点差を守護神の内が追いつかれて勝ちを消した挙句、最後は延長で大谷がサヨナラ負けを招いた硬直的な起用方法が完全に仇になってしまってるしな。

さて、選手やファンはどこまで我慢すればいいのやら。前半戦、五右衛門とボルシンガー様のおかげで今季どんだけ貯金を作れたと思ってんだか。そんなボルシンガー様は味方のエラーで足を引っ張られて大炎上、五右衛門は怪我なのかここまでの酷使が原因かは知らないがこんな恥辱的な負け方をさせて、明らかにコーチだけではなく選手の方も「お友達人事」的な野手も含めた起用方法に難があるっていうのに、たぶん監督の井口も、投手コーチのコバマサとかも明らかに経験不足だし他人事なんだろうな、きっと。

たぶん再来週の今頃には楽天さんに追いつかれて最下位に落っこちてから、監督の井口への批難の防波堤役として無能なコーチ陣を配置転換して焼け石に水、というオチしか見えん…。

一応、今日の帯広も日ハム打線の大花火大会にならん事だけは祈る。先発の有吉には「そこらへんは無理するな」とだけは書いておきたいッス。そして五右衛門、納得できるまで徹底的に検査してもらうんだぞ。本当にそれ、現役生活を脅かす怪我とかかもしれないのだから。