【千葉ロッテ】五右衛門、日ハム相手に1回裏に10失点で「大轟沈」の巻(爆)

日本ハムが初回に11安打10得点の猛攻 ロッテ・石川を粉砕(デイリー)

さきほどのブログの記事を書いて、少ししたあとにパ・リーグTVを見始めたら、この点差で思わず指さして失笑(爆)

「日本ハム-ロッテ」(31日、釧路)

 日本ハム・中田の先制打が口火となり、初回に打者15人の猛攻で11安打を浴びせて、一挙10得点を奪った。

 1死一、二塁。中田がロッテの先発・石川の直球を打ち砕き、先制の左前適時打を放った。続くレアードも右中間に運び、満塁とチャンスは拡大。ここでアルシアが「良いコンタクトができたよ。2ストライクだったし、粘って打つことができて良かった」と、5試合ぶりの安打となる左翼フェンス直撃の3点適時二塁打を放った。

 それ以降も打線の勢いは止まらず、11本の長短打で大量得点。記録的な猛攻で石川を粉砕し、マウンドから引きずり下ろした。

しかしこれもまた凄い大炎上…。

スポンサーリンク

1軍投手コーチのコバマサはやはり「無能」らしい。

確か先週の登板時に、「肩に力が入らないで大事を取ってマウンドを降りた」ってことがあったよな?

ロッテ、先発の石川がわずか47球2回で降板…「大事を取って」(サンスポ)

7月24日の記事です。

パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、11回戦、24日、京セラ)ロッテ先発の石川が2回で交代した。一回2死から柳田に安打を許し、デスパイネには直球を軽々と右翼席に運ばれた。二回は無失点で切り抜けたがわずか47球で救援を仰いだ。

 オールスター戦登板から中2日で投げた前回は7回2失点(自責点1)と好投した。しかし疲労が抜けない状態で、チームによると「このまま投げても状態が上がらないと判断し、大事を取って交代させた」という。

…ということは、これの原因が何だかわかんないまま「とりあえず検査もさせないまま、休ませました。一週間休んだんだから、もう大丈夫だよな?」で、投手コーチは投げさせたんだろうか。

うーん、やはりコバマサは無能なんだろうな(爆)

こないだの8回2死まで完封ペースだった二木をおろして4点差で内が打たれて同点に追いつかれて最後は負けるしで、やることなすこと全てがダメダメ。なんか選手層の厚い薄い以前の前に、こいつが投手陣の管理ができてないだけのような気がしてならん。

で、その後、

13-0まで達してました。あ、私、これから所用で出かけるんで、とりあえず30失点ぐらい喰らわないことを祈ってますわ(願わくば、3番手の関谷ができるだけ長く投げて復活できるように…)。では。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ