【千葉ロッテ】日ハムから移籍してきた岡選手は背番号39に決まったそうで…。

ロッテ、トレード移籍の岡が会見「打つ、走る、守るのすべてでアピールしたい」(サンスポ)

藤岡貴裕投手とのトレードで日ハムから移籍してきた岡大海外野手の入団会見がありまして、ネットでも中継されてました。

日本ハムからトレード移籍したロッテの岡大海外野手(28)が28日、ZOZOマリンで入団会見を行った。背番号は「39」に決まった。

 スーツ姿の岡はやや緊張した面持ちで、林信平球団本部長と会見に臨み「(トレードには)びっくりしたが、今は気持ちも切り替えた。走力を生かして貢献したい。打つ、走る、守るのすべてでアピールできれば」と強い意気込みを口にした。会見前には井口監督からも「積極的に走ってほしいといわれた」という。不動の1番だった荻野が骨折で離脱。その穴を補う戦力として、外野手争いの輪に加わることになる。

 日本ハム時代は人気テニス漫画の主人公と同じ名前のため登場曲は「エースをねらえ!」を使用してきたが、「まだ(曲は)決めていないが、変更したい。心機一転のつもりです」と決意を示した。

 また出身地の岡山・倉敷市が西日本豪雨の被害にあったことにも触れ「何かしたいとは思うが、今はただ野球をやるのではなく自分の姿をみせることで元気になってくれれば」と話した。

一昨日・昨日の記事の話の続きになります。

で、背番号は39番に。ちなみにこの番号は2015年までは川本良平捕手がつけていた番号で、川本選手が戦力外通告・退団(後に楽天に移籍して、今は現役引退してアパグループに勤務してるそうです)した以降、なぜか3年間、空き番号だったようですね。

まあ藤岡(貴)投手もびっくりしたって言ってたほどでしたから、岡選手もかなりびっくりしたんでしょうね。

ただ、

そうか、3年目(2015年ドラフトの2位)の関谷投手と大学で一緒だったのか(という事は今年のルーキーの菅野選手は明大の2学年下ということにもなるんでたぶん顔なじみなんでしょうね)。いや、関谷投手も一昨年・昨年は先発とかで頑張ってたんですが、今年は何故か、とんと1軍で投げるチャンスがないだけにここからぜひとも頑張ってほしいっす。

とにかく今のチーム状態だったら、外野手も選手層が薄い…とまでは言い切れないまでも、つけ入る隙間は結構あると思うので、

「本当に獲得できてよかったねえ」と言われるように頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク

で、日ハムに移籍した藤岡貴裕投手の背番号は56番に。

日本ハム移籍の藤岡貴裕「チームの優勝に貢献する」(日刊スポーツ)

そして逆にロッテ→日ハムに移籍した藤岡貴裕投手は昨日、入団会見が行われて背番号が56番に決まったそうです。

ロッテから交換トレードで加入した藤岡貴裕投手が27日、札幌ドームで入団会見を行った。

 背番号は56に決定。栗山英樹監督が同席の元、新天地での決意を口にした。「チャンスを頂けたファイターズさんで、しっかり力を発揮していけたら。(先発、中継ぎ)どんな形であれ、チームの優勝に貢献したい」と話した。栗山監督は「先発、短いイニングの投球と幅の広さがある。すぐに準備してももらわないといけないと思っている」と期待を込めた。

https://twitter.com/FightersPR/status/1022863557203881984

たぶん当面は2軍の鎌ヶ谷でトレーニングとか実戦だと思うんですが、一日も早く、千葉県を脱出(?)して札幌ドームでの1軍の試合に投げられるように頑張ってほしいと思います…あ、ロッテ戦以外で頑張ってね(←おいw)

※ということは、日ハムもロッテも、有望な本格派投手をドラフトで獲得するか、成長してきたら18番を新しい選手にあげるべく「とっておく」のかもしれませんね。ロッテなんかも若手の二木(今は背番号64)が育ってきたらゆくゆくは18番なんかも…。

現在、千葉県全体に気象警報が出ていて、チーバくん状態に(;゚Д゚)

あと、今日は既にZOZOマリンでのロッテ対西武戦は台風接近による大雨・暴風などの兼ね合いで中止が発表されてるんですが、

千葉県全体に気象警報(主に大雨・暴風警報)が発令されていて、

奇しくもチーバくんのような(大汗)。

かくいう東京都下の多摩西部のうちの自宅周辺もえらい横殴りの雨になってきて、ベランダの布団干しを念の為あらかじめ横倒しにしたり、サンダルを中にしまったりと。サッカーのJ1リーグの試合も首都圏の試合はいくつか中止になってるそうですし、台風接近の予報が出てくる地方の方々は何卒、お気をつけて。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ