【千葉ロッテ】西武の山賊打線を「獅子おどし」とは…うまい事をいう(苦笑)

ロッテ“獅子おどし”封じ ベテラン岡田が読み勝ち好走塁(スポニチ)

昨日は五右衛門が同点に追いつかれた後に、相手のミスもありましたが追加点をあげられてどうにか勝ちました…が、代走の岡田幸文の走りがなかなかナイスでしたなー。

ベテランの深い読みが勝った。4―4の8回無死一、二塁。打席のロッテ・井上は直球2球で追い込まれた。3球目は変化球が来る確率が高い。二塁の代走・岡田は「ワンバウンドなら行こう」と決めていた。捕手が右前方へはじくと、瞬時にスタートし、無死一、三塁をつくった。

 「キャンプから言われていること。体が勝手に反応しました」

 決勝点は、なお無死満塁から角中の併殺コースの投ゴロが、捕手・炭谷の悪送球で転がり込んだものだが「走塁改革」を掲げる井口監督の方針が生きた。3回1死満塁では井上の右犠飛で一、二塁の走者も進塁。角中の2点打を呼んだ。

 「足を絡めないと点が取れない」と井口監督。4本塁打の「獅子おどし打線」を足で上回り、2年ぶりの前半戦勝ち越しを決めた。

つーか、「鹿威し」ならぬ「獅子おどし」とはうまいことを言う(苦笑)。

まあ山賊打線が脅してるってよりも、むしろロッテ投手陣が必要以上に(?)怯えてるんで「獅子おどされ」の方が正しいんじゃないかと(以下略)

スポンサーリンク

荻野貴司の怪我の影響は大きいとは思うけど…。

ま、決勝点は記事にも書いてあるとおり、角中のピッチャーゴロを相手の捕手がダブルプレー狙いの時に一塁に暴投して、その間に三塁ランナーの岡田がホームインしたってことだったんですけども(その後に菅野と田村がそれぞれタイムリーヒットを打って追加点をあげた次第でした)、元々はも岡田が三塁、または二塁まで達してなければホームインまではできなかったプレーでしたんで、荻野貴司が手の骨折で離脱してる間に目一杯頑張ってほしいな、と思う次第です。

…もっともそろそろ岡田も3年越しの(?)連続無安打が止まってもいいと思うんだけどね。ただどうしても場面的には代走で登場したり、打席に立つもランナーが先に居てバントを命じられたり、そして引っ張るバッティングが多いんで昨日だったら福浦和也が2安打したような打球コースのとこにあらかじめ二塁手が守ってたり…となかなかうまくはいかないんですけども(苦笑)。

やはり昨日は松永投手がびしっと流れを止めてくれただけに。

ロッテ松永が1球勝利「球史に名前乗り込ました」(日刊スポーツ)

昨日の夜も紹介しましたが、五右衛門が同点に追いつかれた後に登板して1球でイニングを終わらせたらその裏に追加点で、1球で勝利投手という稀有な結果に恵まれた次第でした(笑)

<西武5-7ロッテ>◇10日◇メットライフドーム

 ロッテが連敗を2で止め、5位から一気に3位に浮上。前半戦の貯金ターンを決めた。

 2番手で登板した左腕の松永昂大投手が、史上41人目(42度目)の1球勝利。同点の7回2死一、二塁のピンチで先発石川歩投手に代わって登板すると、西武源田を低めスライダーであっさり一ゴロに仕留める“瞬殺”。左キラーぶりを発揮し、連続無失点を9試合にのばした。

 直後の8回に味方が敵失から3点を勝ち越して、自身今季初白星。「石川に負けが付かなくて良かった。他のバッターだったら打たれたかもしれないし、たまたまです。ただ(球史に)名前は残りましたね」とニヤリだった。

去年までだったら確実に松永とか益田あたりは西武打線に捕まって5-6点ぐらい取られているシチュエーションでしたんで、あの場面で源田をびしっと一塁ゴロに仕留めてくれたのは本当に大きかったですね。

そして五右衛門自身も決して調子は悪かったというわけではなく、前日も0-5から一気にひっくり返した西武の山賊打線に捕まってしまっただけで、それを思うと松永の言うとこの「五右衛門に負けがつかなくてよかった」というのはチームとしても物凄く大きい話なんですね、はい。

獅子おどし、もとい鹿威しの思い出とか…。

あと余談としては、冒頭の画像(Flickerから借りてきました)が「鹿威し(ししおどし)」と呼ばれるもので、なんとなく料亭の中庭に置いてあるような印象がありますね。

そういえばこれ、もう20数年前になりますが、大学1-2年の頃に美術サークルに入ってた事がありまして(先輩の女子率が高くて楽しそうだったんで…(苦笑))、文化祭の出し物として大学の裏の竹林から竹を切ってこういう鹿威しを作ったことがありましたわ。で、水は電動モーターか何かで組み上げて、とか。当時は小田原に大学のキャンパスがあったんで、かわいい女子の先輩と藤沢の東急ハンズとかに買い出しに行ったのを覚えてますね(←結局そこが楽しかったんかいw)。

で、なんでそもそも鹿威しを作ることになったのかは全く覚えてないんですが、まあ作っている工程は楽しかったのを覚えてます。体力だけは無尽蔵にあった頃でしたしね。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ