千葉ロッテのエース・涌井投手、来年のカレンダーでは「残留」ということで(苦笑)

メジャー挑戦表明の涌井 ロッテ来年カレンダーの2月登場― スポニチ Sponichi Annex 野球

なんか数年前に楽天にFA移籍した今江ん時も同じような話があったけどな(笑)

ロッテから海外FA権を行使してメジャー挑戦を表明した涌井が、23日から発売される2018年版球団カレンダーの、2月で起用されることになった。

 1月は井口新監督で、選手としては最初に登場する。担当者は「米挑戦は応援するが、2月にマリーンズのユニホームに着ている姿にも期待をしてしまう」とし、球団はカレンダー上で、エースに“残留”を求めた。

まあファンクラブのイベントで来年のカレンダーを売る手前、10月末ぐらいまでには撮影や発注を済ませないといけないんだろうね…。

スポンサーリンク

巨人・江川投手の引退時の逸話を思い出す。

そういえばこないだ巨人の沢村投手の話を書いた時に30年前の巨人のエースだった江川投手の話(この人も引退時に禁断のツボに鍼をやった云々で鍼灸業界から叱られた後日談がありましたので)をエピソードとして紹介するためにいろいろと調べてたんですが「翌年のカレンダー」にはちょいとした逸話もありまして…。

江川氏も実は1987年シーズンの終わるかなり前から「引退しよう」と決めてたそうで、「翌年のカレンダー」では当時2-3年目の新進気鋭の桑田投手とのツーショットの写真を掲載する予定だったらしいんですね。で、「さすがに桑田くんにも球団にも迷惑がかかる」と、それはさすがに断ったという話も。

ただ、それでも江川氏ひとりの写真の月の分は撮影されて、引退会見の後に発売されたカレンダーの差し替えには間に合わなかったんだそうですが、むしろ江川氏の引退を惜しんだファンと「これはプレミアムがつくかも」と思った野球ファンがこぞって購入して、例年にない売上を記録したというオチもついたんだそうですね(苦笑)。

いやあ涌井のカレンダー、そんな感じでプレミアムがつくのかなあ。たぶん彼のことだから多少条件が悪くても「出来高次第」ってことでメジャーに行っちゃうと思うんだけどなあ。

清宮くんの親父殿、影響力あるなあw

西武 180億円投じボールパーク化へ 本拠名物ビクトリーロードなくなる?― スポニチ Sponichi Annex 野球

すげえなあ西武球団。

西武は15日、後藤高志オーナー(68)らが東京都内で会見し、2021年春までに過去最大規模の約180億円をかけ、本拠地メットライフドーム周辺の球団施設の改修を行うと発表した。

 「観戦スタイルは時代とともに大きく様変わりしている。生涯、足を運んでもらえる施設を目指す」と後藤オーナー。来年は埼玉県所沢市に本拠を構えて40周年の節目を迎える。その記念事業として老朽化した選手寮や室内練習場を新設し、球場のバックネット裏には12球団最大級の約430人を収容するVIPラウンジ席を設置する予定で、21年春からの利用を目指す。

 さらに最前列には臨場感あふれる約150席の「砂かぶり席」。同席の設置に伴い、勝利後に選手がバックネット裏の階段を上がってファンとハイタッチを交わす名物の「ビクトリーロード」がなくなる可能性も出てくるが、「半ドーム」という特性を生かして開放感ある自然共生型のボールパークを目指す。

 前回、日本一を達成した08年は30周年の節目で「来年は10年ぶりに日本一を奪回してもらいたい」と後藤オーナー。同席した菊池は「とにかく優勝しかない」と誓い、秋山も「よりいい施設になって勝てないことはあってはならない。応えられるようにしたい」と決意を口にした。

選手寮や室内練習場が古いんじゃないの?って、ドラフト前に(結局日ハムに入った)早実の清宮君と面談した時に例のラグビーの親父さんが西武の担当者の人に言ってたそうですが…いやああのラグビーの親父殿、影響力あるなあ(苦笑)。

しかしまああれだけ鉄道会社とタイアップできて、球場前に専用駅があるってチーム・球場も本当に珍しいし凄いと思うし。そこは千葉ロッテに関しては親会社もアレで、球場と土地が千葉県と千葉市のものなのでここまでは一気には難しいんでしょうね。

以上です。

ほぼ日ホワイトボードカレンダー2018 フルサイズ 壁掛け?

ほぼ日ホワイトボードカレンダー2018 フルサイズ 壁掛け?

2018 世界でいちばん美しい絶景 カレンダー ([カレンダー])

2018 世界でいちばん美しい絶景 カレンダー ([カレンダー])

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ