「元気づけ励まそう」…と部活指導名目でわいせつ行為はさすがにダメだわ(呆)

部活指導の名目で 三重の高校教諭、生徒にわいせつ行為(朝日新聞)

つーか、何の部活かは知らないけど、そういう「課外授業」は要らんわ(爆)

三重県教育委員会は16日、部活動で指導する女子生徒にわいせつな行為をしたとして、県南部の県立高校の男性教諭(55)を、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。教諭は「生徒から部活動などの悩みを聞くうちに、元気づけ、励まそうと思った」と話しているという。教諭は同日付で依願退職した。

 県教委によると、男性教諭は6月、顧問をしている部活動の指導を終えた後、校内の特別教室で約20分間、部員の女子生徒をひざの上に座らせて顔や腰を触った。さらに7月にも、この生徒に部活動の後、「部活の指導に必要な道具が自宅にある」と言い、車に乗せて自宅に連れて行き、わいせつな行為をした。生徒の保護者から担任教諭に相談があり、発覚した。

しかし「部活の指導に必要な道具が自宅にある」ってことは、書道部とか茶道部あたりかもしれないな…。もし吹奏楽部だったら先生、あんたが学校に持ってくればいいじゃん、みたいな話だし(合唱部でエレクトーンとかグランドピアノとか…はないか)。

スポンサーリンク

てか「元気づけられた」のは教諭本人、だろ?(爆)

それにしても意味がわかんないのが、「生徒から部活動などの悩みを聞くうちに、元気づけ、励まそうと思った」の、「元気づけ、励まそうと思った」の部分。

わいせつ行為して元気づいたのは教諭本人だろうが(呆)

と。学校の特別教室(って何だろう。視聴覚室とかそういう教室なんだろうか…ちなみにうちの母校(県立の高校)は茶道部用の茶室がありましたな…)で膝の上に座らせて顔や腰を触った…は、まだしも、家に連れて行ってわいせつ行為はダメだわよしんばお互いに好意を持って接してたんだったら、女子生徒が卒業して成人になるか大学とかを出て就職するまでは待つべきだわ、と(苦笑)。

しかし何の部活だったんだろう。定年前に職を失うとはえらくリスクの高い「火遊び」が過ぎたな、としか言いようがない。

一方、都立高の職員は不法侵入してわいせつ行為を…か。

就寝中の女性にわいせつ行為か、都立高校職員の男を逮捕(TBSニュース)

で、こちらは不法侵入してわいせつ行為をしたという都立高校職員が逮捕された…とのことで。

都立高校の職員の男が就寝中の20代の女性の部屋に侵入し、下半身を触るなど、わいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは都立新宿高校の事務職員・A容疑者(48)で、今年6月、東京・町田市で寝ていた20代の女性の部屋に鍵が開いていた窓から侵入し、女性の下半身を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。

 A容疑者は女性の就寝中を狙って犯行に及んだとみられ、取り調べに対し「スリルを味わいたかった」と容疑を認めているということです。

 周辺の路上では事件の数日前にも痴漢の被害が起きていて、警視庁は関連を調べています。

※一応、実名は伏せてます。リンク先には実名は載っておりますが…。

しかしこれで職も失って、人生そのもので「スリルを味わえる」と思うと、楽しみでしょうがないだろうな、この容疑者(をい)。

そいつにしてもこっちの方はなんか常習性が高そう。つーか、今時「夜這い」なんか流行らねえって(意味不明)

以上です。