岐阜県関市の市役所に爆破予告文が→容疑者は現役の市議でした(呆)

市役所に爆破予告文送った疑い 関市議会議員を逮捕 岐阜 関(NHKニュース)

んな半世紀前の極左ゲリラの東アジア反日武装戦線とか「腹腹時計」とかの時代じゃねえんだぞ(爆)。しかも捕まえてみたら元でも前でもなく現役の市議、しかも市議会議長経験者…ってマジか(失笑)

岐阜県の関市役所の事務所に爆発物を仕掛けたという内容の文書を郵送し、市の業務を妨害したとして、関市の市議会議員が威力業務妨害の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、関市の市議会議員、太田博勝容疑者(67)です。

警察によりますと、太田議員は、関市役所の上之保事務所宛てに「爆発物を仕掛けた」という内容の文書を郵送し、先月7日の午後、安全確認のためおよそ2時間にわたって市の業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いが持たれています。

上之保事務所は、市内に5か所ある出先事務所の1つで、警察などが捜索に当たりましたが、爆発物は見つかりませんでした。

文書に差出人の名前は書かれておらず、消印や防犯カメラなどの捜査から太田議員が浮上したということです。

警察は太田議員が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

関市役所では先月1日にも、「コロナで困っているのに市の窓口が丁寧な対応をしてくれなかった。爆発物を仕掛けた」という内容の文書が届いていて、警察が関連を調べています。

太田議員は平成15年から市議会議員を務め、現在5期目。平成25年からの2年間は市議会議長も務めました。

市議会の事務局によりますと、先月1日の爆破予告の影響で開会が30分ほど遅れた臨時議会にも出席していたほか今月開かれていた6月定例市議会にも、すべて出席していたということです。

議員が逮捕されたことについて、関市議会の波多野源司議長は「疑いが事実であれば議長として誠に遺憾です。市民にご迷惑とご心配をおかけし深くおわびします」とコメントしています。

で、一応、直近の関市の市議会議員選挙の結果を調べてみたところ、定員23人・候補者29人のとこで12位当選。まあ真ん中ぐらいでそれなりの支持者もいる5期目の議員で、なんと市議会議長までつとめた「ちょいとした大物議員」だったようで(苦笑)

スポンサーリンク

しかしそんなに市議ってやる事ないんか?

しかしまー、記事の中にこんなのもあったんですけど、

関市役所では先月1日にも、「コロナで困っているのに市の窓口が丁寧な対応をしてくれなかった。爆発物を仕掛けた」という内容の文書が届いていて、警察が関連を調べています。

これはさすがに「別人」だろう? だってよしんば市議会議長まで務めた人だったら市役所の職員に鶴の一声で(言い方は悪いけど)ちょいとした圧力をかけたり、それなりの部局に顔が効くんだから口利きのひとつぐらいする事だってできるだろうよ。それがむしろ「市議としての活動実績」にもなるわけで。で、これも「同一人物」の仕業だったとしたら…いやいや、あんた何のための「選挙に出て当選した市議」をやってるんじゃ、と。

しかもよくわかんないのが、これほど市役所に出入りしている「市議」ともあろー人物が、爆破予告文を市役所本庁舎ぢゃなくて、上之保事務所という市役所の分庁舎に送りつけてる事なんすよね。その「動機」が、ここの分庁舎の職員がさしたる対応をしなかったら、それこそ「本庁舎」のえらい人に圧力のひとつぐらいかけて是正する事もできなくはないし、むしろ市議だったらそれをさせるのが仕事のひとつだろうて(もちろん、許容範囲の限度量を超えてはいけませんけどね)。

なので正直、動機から目的その他まで、本当に何から何までよくわかんない話で、もしこの市議が本当になーんも考えずに私怨でこれをやらかしたとしたら…、やっぱり「市議さんよ、ちゃんと仕事しろ。」としか言いようがない話でもあるんすけどね。そしてこればかりは関市の関係者も「犯人は別人、冤罪であってほしい」って正直祈りたいとこだろうなあ。むしろこの市議がこのまま(?)犯人で動機も何も意味不明の方が「後始末」が厄介極まりないですもん。さて結末はどーなるんだか。