千葉ロッテ→日ハムの藤岡貴裕投手が、今度は巨人にトレードへ。

【巨人】吉川光、宇佐見と日本ハム・鍵谷、藤岡の2対2トレード成立(スポーツ報知)

うーん、日ハムさん、トレード上手(笑)。個人的には、去年の段階で藤岡(貴)と巨人の宇佐美捕手のトレードが良かったんだけど…あ、岡大海もいい選手ですよ、ええ。

巨人・吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム・鍵谷陽平投手(28)、藤岡貴裕投手(29)の2対2の交換トレードが成立したことが分かった。26日に両球団から正式発表される。

 救援強化が課題だった巨人が左右のリリーバーの獲得に成功した。

 鍵谷は右の速球派でプロ通算253登板、15勝12敗5セーブ、防御率3・63。17年にはシーズン60試合に登板するなど実績十分だ。今季は1軍で18登板、防御率5・94。阿部、亀井、沢村と中大の先輩がいる巨人で大きな期待がかかる。

 藤岡は東洋大時代、同い年の菅野智之(東海大・現巨人)、野村祐輔(明大・現広島)とともに「大学BIG3」と称され、ロッテにドラフト1位で入団。18年シーズン途中から日本ハムにトレードで移籍後は主に中継ぎとして起用されてきた。

 巨人から日本ハムへ移籍することになった吉川光は今季、リリーフに専念して山口鉄也氏の背番号「47」を継承。開幕1軍入りして勝利の方程式の一角として期待されたが、ここまで9登板で防御率9・95。古巣日本ハムで再出発する。

 宇佐見は千葉・市柏高、城西国際大を経て15年のドラフト4位で巨人に入団。強打の捕手として17年にはシーズン4本塁打を放った。今季は小林、炭谷、大城がメインで起用されていたこともあり、1軍では3試合で4打数1安打だった。

ま、どうしても目線は「長らくロッテに居た」藤岡貴裕に行ってしまうんですが、考えてみれば東洋大学の同期の鈴木大地と一緒にロッテに入って、あの年は新人が4人しかいない年で(ドラフトの順位で書けば、藤岡(貴)、中後、鈴木大地、益田の順番ですな)、いずれも大卒ルーキー、実際は鈴木大地が少し出遅れて1軍デビューを果たしたんですが、中後は戦力外通告になり、藤岡(貴)は日ハムに移籍し、益田は守護神、鈴木大地は神社もできるわ「ミスター」と呼ばれてもいいぐらいのチームの大黒柱に…と、ここまで明暗を分けた同期も珍しいってわけで。

肩とか肘とかか故障してなければ、ワンポイントリリーフや中継ぎでまだまだやっていけると思うし、最初は2軍での1軍への昇格争い、更に1軍の投手陣の中でも敗戦処理から始まるんでしょうけど、まだまだ30歳前。なんとか頑張って欲しいです、はい。

スポンサーリンク

っかし、日ハムはいいトレードをするもんだ。

ただ、大田泰示の例も見るまでもなく、日ハムの方が巨人よりも「ノビノビやれてる」環境は明らかにあるので(フツー、大田泰示の大ブレイクで巨人の上層部は「なんでだろう」と首を傾げて対策を考えると思うんだけど…それは全くやってる形跡はないし(苦笑))、宇佐美捕手が日ハムで一時代を築き上げることもなくはないし、かつてはFAで巨人に行った吉川投手が復活する可能性だって…ねえ(苦笑)。

うーん、それでも個人的には宇佐美捕手のバッティングを覚えてるだけに、彼はむしろ千葉ロッテに欲しかった(爆)。吉田・江村だ共々どこか足りない部分があまりにあるので、一発も兼ね揃えてる宇佐美と田村と競わせて…とかね。

それぞれの新天地でのご活躍をお祈りしてます。…あ、ロッテ戦以外で頑張って(をい)。

 

BBH3追加 黒カード 吉川 光夫(日ハム)
売り上げランキング: 1,701,464
隣のアイツは年俸1億 巨人2軍のリアル
中溝康隆
白泉社
売り上げランキング: 101,864

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ