【千葉ロッテ】世界の東スポに「幕張のドン・ファン」と書かれた清田…(失笑)

3度目不倫のロッテ・清田は「幕張のドン・ファン」 好調ぶち壊しで厳罰必至(東スポ)

昨日の記事の続きになりますが…、しかしプライベートな事項=不倫(ただしバレたのだけでも3回目)とは言え、ここまで「あからさま」にやられたら千葉ロッテ球団ももう庇いきれないだろうね。

ロッテの清田育宏外野手(35)が、またしてもやらかした。昨年、新型コロナウイルスに感染した際、不倫相手の女性と会食したことを球団に報告せず、女性に対しても〝口封じ〟。その一件で球団から無期限謹慎処分を受けていたが、処分が1日に明けて間もなく、別の女性と密会していたことを21日発売の「FRIDAY」で報じられたのだ。球団内外からは怒りを通り越してあきれかえる声が噴出している。果たして〝幕張のドン・ファン〟の行く末は――。

「さすがに球団側もこれ以上はかばいきれないんじゃないか」

 2度目どころか〝3度目〟の不倫騒動が持ち上がった清田に対し、球団周辺からはこんな声が漏れ始めている。

 2015年10月に1度目の不倫が発覚。この際「二度としない」と周囲に誓いながらも昨年9月末の札幌遠征では新型コロナウイルス感染拡大が叫ばれる中、球団ルールを破り不倫相手の女性と密会。その後、自身が新型コロナに感染した際、清田は自らの行動を球団に報告せずに隠蔽した。また、その女性と濃厚接触している可能性が高いにもかかわらず、女性に口止め工作を行う卑劣ぶりだった。

 そのため、今年1月にロッテは複数年契約を結ぶ清田に対し「無期限謹慎処分」を発表。その処分が本人の反省を考慮して今月1日付で解除されたばかりだった。にもかかわらず、処分解除してすぐに別の女性との密会現場を写真に撮られるというのだから、開いた口がふさがらない。これ以上「甘い判断」で清田をかばえば球団だけでなく、親会社やチームの士気、さらにはファンにも示しがつかなくなるため、今回ばかりは厳罰を望む声が噴出している。

 あるロッテ関係者は選手の気持ちを代弁しながらこう話した。

「正直なところ、清田のたび重なる不貞行為には大半の選手が怒り心頭です。昨年のコロナ集団感染以降、彼のせいで世間から『ロッテ選手=だらしない』というレッテルを貼られてしまいましたからね。もともと清田は人望がある人間ではないので、今は誰もがかかわりたくないというのが本音です。そんな思いが強いからこそ、多くの選手はいち早くチームと縁を切ってもらいたいと願っているはず。このままだといつまた火の粉が降りかかるか分かりませんから」

 すでにファンの間でも今年1月の無期限謹慎処分を機に、SNSを中心に清田や球団を批判する声が続出。処分が解除された直後には球団の対応に「甘過ぎる」「清田をかばい過ぎ」という厳しい意見が多数を占め、一部ファンは、清田の背番号「1」の入ったユニホームを応援時に着用しないなど「反清田色」を強めている。

 佐々木朗希投手(19)の一軍デビューやチームの好調など、このところロッテは明るい話題が先行していたが、そのムードに水を差す清田の無神経な行動の数々…。果たして球団はどんな判断を下すのか。球界だけでなく世間がその行方に注目している。

謹慎後どーにか戦線復帰して、シーズン後半に大活躍しつつも「こっそり」逢瀬を重ねて(?)、それがもっと後(シーズンオフの年末とか)にフライデーだの文春砲だのでバレて「…お前、またやったんかい」ならばまだしも(いやそれも大概ではあるのだが(失笑))、謹慎解除後に即モロバレってそれは一番やっちゃいかんパターンだろうよ、と。

しかしそれはともかく、「幕張のドン・ファン」…。世界の東スポさん、そこでうまい事を言わんでもよろしい(^_^;)

スポンサーリンク

で、フライデーの記事はこんなんでした。

懲りない男…ロッテ・清田育宏が復帰早々の「不倫デート」!(フライデー)

で、件の記事がこちらになります。

5番DHとして謹慎明け二軍公式戦初出場を果たした5月12日の夕方5時。試合を終えたロッテ・清田育宏(35)が向かったのは、妻子が待つ自宅……ではなく、目黒区内のマンションだった。近くの駐車場にSUVタイプのベンツを止め、足早にマンションに入っていく。

再び清田が姿を見せたのは、3時間以上が過ぎた夜8時半。隣にいるのは、女優の黒木メイサを思わせるスレンダー美女だ。手をつなぎ、女性が清田の顔に唇を寄せるなど、楽しそうな雰囲気である。仲良く寄り添って歩いて行った二人は、駐車場に停めてあった清田の愛車に乗り込んだのだった――。

今年1月8日発売号の本誌で桐谷美玲似の美女・A子さんとの3年に及ぶ不倫が発覚した清田。コロナ感染隠蔽と球団への虚偽報告も明らかになり、1月15日から無期限謹慎処分を受け、5月1日に処分が解除されていた。

もはや本業よりも女性関係のほうで有名な感すらある清田だが、復帰早々、またもやらかした。冒頭の女性はA子さんとは別の女性・B子さんで、彼女との関係も、約2年にわたるという。

「B子さんはモデル経験もある沖縄出身の女性です。年齢は30代前半。清田との出会いは`19年の石垣キャンプの頃だと聞いています。清田の知人が開いた飲み会にB子さんも呼ばれ、連絡を取り合うようになったそうです」(清田の知人)

その後清田は、B子さんの自宅に通ったり、遠征先に呼び出したりと、密会を重ねるようになったという。

「B子さんとA子さん、清田は二股不倫をしていたわけです。A子さんにB子さんのことがバレ、A子さんから詰問されたこともあるようですよ」(同前)

今年1月に謹慎処分を受けてからも、B子さんとの関係は続いていたようだ。
冒頭の場面に戻ろう。

二人が乗り込んだ車は、わずか100mほど先のB子さんのマンションの前で停車。車を降りた彼女に清田は何かプレゼントを手渡し、別れの挨拶を交わした。その後、高速に乗るや150㎞/hを超える猛スピードで爆走を始め、自宅のある千葉県方面へと走り去った。

本誌はB子さんとの関係について聞くべく、5月16日、再び目黒区内のマンション近くに現れた清田を直撃した。この日も清田はB子さんとのデートを楽しんでいたようで、二人で仲良く帰ってきた。

――フライデーです。B子さんとの関係についてお伺いしたいのですが。

「あ、あ、全然知らない人です」

――いま一緒にいるじゃないですか。知らない人を車に乗せていたんですか。

「何も知らない人です」

――B子さんとは`19年から不倫関係にあると聞いています。

「いや、知らないです」

――先日は彼女のマンションに行き、手をつないで出てきていましたが。

「あー、あー、もう。あー」

この後、記者から逃げようとしたのか、清田はまったく関係のないマンションに入ろうとするなど、右往左往し始めた。しかし、何かを観念したのか、しばらくして記者に自ら話しかけてきた。

「これってフライデーに載るんですか? 勘弁してください」

――では、ちゃんと話してください。

「話しても意味ないですよ。復帰初日なんですよ。もう死にます」

――不倫という点に反論がある?

「反論とかじゃなくて……もう終わりですよ。これで球団もクビ、家族にも迷惑がかかる……」

そう語り姿を隠した清田。直撃から2日後には、清田の代理人弁護士を通じて次のような回答があった。

「(B子さんとは)数年前からの知人ですが、不倫関係にあったことは一切ありません。関係を疑われる軽率な行動をとってしまい、深く反省しています。(妻との婚姻関係は)継続しています」

数年来の仲の女性の自宅に行き、手をつないで外出……。「軽率な行動」というには無理があるような気がするが。

さて、そんな清田に救いの手をさしのべて千葉ロッテ球団に無期限謹慎を解除させた、日本プロ野球選手会および弁護団はどういう反応を示すんだろう。まあ都合が悪い話はさすがにダンマリを決め込むに3000兆レンテンマルク(謎)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ