【千葉ロッテ】清田、てめえ本当に懲りねえ奴だな…(#^ω^)

【鬼筆のスポ魂】ロッテ・清田の謹慎処分解除は受け入れられるか(産経新聞)

昨日、産経新聞さんに「よくぞ書いてくれた!!」というロッテ・清田の謹慎処分解除に疑問を呈した記事が出てたんですが、そしたら明日のフライデーさんにまたまた不倫疑惑が掲載されるそーで。あーあ懲りてねえ(失笑)。

無期限謹慎処分が5月1日に解除されたロッテの清田育宏外野手(35)は本当の意味で1軍戦力として、チームに“合流”できるのだろうか。熱烈ファンからのすさまじい怒りと主力選手との間に生まれた埋めがたい溝…。行く手にはいばらの道が続いている。

 ロッテが清田の無期限謹慎処分解除を発表したのは4月30日だった。球団は「本人の反省の態度を考慮し、5月1日より処分を解除することとしましたのでお知らせします。今回の件に関しまして、日頃よりご声援をいただいているファンの皆さま、ご支援をいただいている関係各位の期待を裏切る事態を招きましたことを、改めて深くおわび申し上げます」とコメント。清田自身も球団を通じ「千葉ロッテマリーンズ球団関係者の皆さま、プロ野球ファンの皆さま、この度は私の軽率な行動により多大なるご迷惑をおかけしたことを改めておわび申し上げます」と反省の弁を述べた。

 清田はソフトバンクとの優勝争いが佳境を迎えていた昨年9月末、遠征先の札幌で知人女性と会食し、チーム宿舎に別の部屋を取って同宿。新型コロナウイルス感染防止のため球団が禁じていた部外者との会食を行っていた。チームでは10月上旬に清田自身を含む1軍の8選手を含む14人の新型コロナウイルス感染が判明し、優勝争いからも脱落。その後、球団や保健所の調査に対して清田は虚偽の説明をしたことなど一連の言動が週刊誌に報じられ、今年1月15日付で無期限謹慎処分を科された。

 ところが、ロッテの処分解除の発表に対して、ファンからのブーイングはすさまじかった。無期限謹慎のはずが、発表から約4カ月後に処分解除。シーズン開幕からは、わずか1カ月で解かれたことに対し、ファンの怒りがヒートアップ。会員制交流サイト(SNS)やインターネット上で「ロッテ球団は甘すぎる」という批判の声があがり、一部のファンからは「清田選手が打席に立っても絶対に応援しない」と応援ボイコットを示唆する書き込みまで…。

 チーム内の空気も極めて微妙だ。そもそも球団幹部は井口資仁(ただひと)監督や主力選手に意見を聞き、チーム内の感情を集約して「無期限」という重い処分を科した。ある主力投手は「あんなヤツのことはどうでもいい」と吐き捨てたという。それが2軍の練習参加とはいえ、チームに短期間で戻ってくることに、選手の間では球団に対する不信感を募らせる声もある。

 無期限がわずか4カ月で解除された舞台裏には何があったのか-。実は日本プロ野球選手会の弁護士団が、清田の無期限謹慎処分は「不当労働行為」に当たるとして、処分の解除を球団に求めていた。球団は清田の処分を発表する直前の1月12日に団体交渉を申し込まれ、その後も月に数回の交渉を継続していた。提訴なども脳裏にチラついたのか…。さまざまな状況も考慮し、無期限謹慎処分を撤回した。

 ロッテは開幕5連敗スタートだったが、その後は若手選手を中心としたチーム一丸の戦いで盛り返した。33試合消化時点(5日現在)では15勝14敗4分けで首位の楽天とは2ゲーム差の3位。昨季も最終的に2位に食い込んだ伸び盛りのチームだけに、これからの戦いにも期待が持てる。本来ならば、昨季も70試合に出場して打率2割7分8厘、7本塁打、23打点をマークし、チーム一筋12年目の清田の1軍復帰は戦力層を厚くするはずなのだが、ファンからの怒りが解けず、主力選手との溝も埋まっていない現状では井口監督も「戦力構想」に入れることは躊躇(ちゅうちょ)せざるを得ないだろう。

 ロッテの親会社のキャッチフレーズは「お口の恋人」。だが、清田騒動は口当たりも喉越しも、悪いままである。

個人的にびっくりしたのが、

【千葉ロッテ】清田育宏に「無期限謹慎処分」が…こればかりは致し方無い。

2021年1月15日

共に不倫でしくじった、ロッテ清田は謹慎解除処分でマッチさんは事務所退所だそうで。

2021年4月30日

この間、わずか3ヶ月半。その間に何があったのか…というのが、産経新聞いわく「実は日本プロ野球選手会の弁護士団が、清田の無期限謹慎処分は「不当労働行為」に当たるとして、処分の解除を球団に求めていた。」と。つまりは「清田選手の立場を考えるとそれはひどすぎる。だから無期限謹慎処分を解除しろ」と圧力をかけてた、という事になるわけですな、プロ野球選手会御用達の弁護団が。

その結果、発生したのが、

【悲報】清田、また不倫【フライデー見出し】(なんJスタジアム)

「これ」だったわけですな。要は、明日のフライデーに懲りずに不倫してんぞ、こいつ、という記事が出ると(失笑)

※ま、井口監督の依怙贔屓による温情ではなかった…というのはちょっとホッとしてはおりますが。

スポンサーリンク

Twitterさんも似たようなお考えのようで(失笑)

で、まあ、個人的には少し前にも書きましたが「不倫、それ自体は家庭の問題だから、それはそっちでプライベートで解決するなり離婚するなり勝手にしろ…だけど、球団への虚偽報告は論外すぎて社会人・個人事業主としてはもはや論外。というのが私の意見でもあります。

なので、今回の件は、

深夜外出認め休場の朝乃山 協会「重大な不祥事」 来場所カド番に(毎日新聞)

元小結「竜電」が愛人に中絶強要 お腹の子は“人じゃない”…相手女性が涙の告発(デイリー新潮)

まあ記事の引用は遠慮させていただきますが、このコンプライアンス違反で今場所休場することになった、「虚偽報告」をやらかした大関・朝乃山と、「不倫」をやらかした元小結・竜電の二人分の事をいっぺんに「やらかしてる」ってことが「おい、それでも35歳・プロキャリア10年を超えたベテランのやる事か?」と怒りと失笑を禁じえない始末なわけで、清田選手には。しかも「前科」があって、プロ野球選手会の「ご尽力による圧力」で罪一等(?)は免れたというのに、また舌の根も乾かぬうちにまたやってた…という点がね。

と思ったら、Twitterに「清田育宏」という単語がトレンドとしてあがってまして、それをよくよく見てみたら、

↑なぜか朝乃山休場の記事がトップに上がってました

いやーこれ、Twitterさんも「わざと」やったんだろうなあ。そこらへんは気持ちはわかる。めちゃくちゃわかる(苦笑)。

ま、いずれにしてももうダメだろうな。プロ野球選手会が斡旋してくれる別の球団(NPBだけに問わず)や再就職先をあっせんしてもらえばいいじゃないですか。もう千葉ロッテには居場所はないでしょうね。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ