「平成が終わる前に」オウム真理教の松本智津夫死刑囚を処刑しましたか…。

※追記しました。

オウム真理教 松本智津夫死刑囚に死刑執行(NHKニュース)

今しがた、別の記事を書いてたんですがこのニュースを見て「おやおや、遂にですか」と。

関係者によりますとオウム真理教の元代表の麻原彰晃、本名 松本智津夫死刑囚(63)に、6日死刑が執行されたということです。一連の事件では13人の死刑が確定していましたが、執行されたのは初めてです。

オウム真理教の代表だった松本智津夫死刑囚は、平成元年の坂本弁護士一家殺害事件や平成6年の松本サリン事件、平成7年の地下鉄サリン事件など数々の事件を引き起こした首謀者とされ、平成7年に始まった教団に対する強制捜査で施設に潜んでいるところを逮捕されました。

裁判で松本死刑囚は無罪を主張しましたが、次第に意味のわからない発言を繰り返すようになりました。

平成16年2月、1審の東京地方裁判所は、「一連の事件の首謀者として極限の非難に値する」として死刑を言い渡しました。

2審では弁護団が「裁判を受けられる精神状態ではない」として必要な書面を出さなかったため法廷が開かれないまま裁判が打ち切られ、平成18年に死刑が確定していました。

その後、松本死刑囚の弁護団が再審・裁判のやり直しを求める申し立てを行っていました。

オウム真理教による一連の事件では、合わせて29人が死亡、およそ6500人が被害に遭い、松本死刑囚など教団の幹部ら13人の死刑が確定していましたが、執行されたのは初めてです。

一部の元信者が逃亡を続けたため刑事裁判は長期化しましたが、ことし1月に地下鉄サリン事件などに関わった高橋克也受刑者の上告が退けられたことで終結し、死刑囚が事件について証言を求められる機会がなくなりました。

ことし3月に13人のうち7人が東京拘置所から全国5か所の拘置所や拘置支所へ移送され、執行の時期が焦点となっていました。

で、NHKのニュースサイトでも、

こんな黒枠の臨時ニュースの扱いで。

スポンサーリンク

「平成の事件は平成のうちに」か。

まあ「今年の汚れは今年のうちに」なんてCMがありましたが、

「平成の事件は平成のうちに」とばりにやりましたなー、法務省…(苦笑)

まあ死刑判決が確定してから共犯者が逃亡してたとかで20年近くも拘置所で死刑待ちをさせていた・せざるを得なかった事情もあったんでしょうけど、これほどの稀有なカルト宗教団体による連続殺人事件の「首魁」をずーっと放置プレイしとくのもどうかなと思ってたので、まあ最善ではなかったけど、よかったんじゃないすかね。

で、他の12人も近いうちにやるんだろうな。昔、一度に23人もの死刑囚の執行命令書にサインしたという田中伊三次という法務大臣がいましたが(その大臣をしても、帝銀事件の死刑囚に関しては「あれは冤罪だろ?」とサインしなかったことも有名ですが)、今回の法務大臣もそれに近い数のサインをする羽目になったんだろうな…それもなかなかのプレッシャーだ。

それに処刑場まで運ぶ時は狂人に近い感じで抵抗したんだろうね。果たして本当に狂ったまんまで意識がよくわかんない状態で運ばれてデスバイハンギングされたのか、ここだけはまともに抵抗して「全部フリだったんかい」と拘置所の職員を呆れさせたのか…後日談は知りたいなあ、そこ(失笑)。

追記(7/6 10:20)

オウム真理教 松本死刑囚ら7人に死刑執行(NHKニュース)

前の更新時に「残り12人マダー?」って書いたんですが、

はい、いっぺんに7人ですか(^_^;)

まあいっぺんに7人…だと、東京裁判の絞首刑7人以来か。まあ新実智光なんかは「尊敬する」麻原彰晃と一緒にデスバイハンギングされて満足だったろうな。まあNHKでは江川紹子サンが「松本智津夫はわかるが、その6人のチョイスの意味がわかんない。原則どおり13人いっぺんにやんないと」って首を傾げてましたけどね。いやまさに同感ですな。

何はともあれ、この「首魁」のせいで理不尽にも命を奪われたすべての人達へ黙祷。